0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2011-05-29 許されざる者 [長年日記]

『江端君は、どうして、毎日、自分の文章を公開しているの?』と、上長に尋ねられました。

その時、私は自分でも沢山の理由をしゃべったのですが、今になって考えると、どれもこれも、しっくりしませんでした。

-----

確かに、私は一般の社会人としても、また会社の構成員の一員としても、組織にとって「触れられたくない」とも思える文章や、自分の保身に反する事項を、自分の名前を明かにして、開示しています。

実際に、ホームページにアップする瞬間、私も、それなりの「覚悟」をもって、送信のボタンを押しているのです。

-----

社会人として、百万の「愚かな」という接頭語の付く、低俗な自己満足だ、と自分でも分っています。

なのに、なぜ、私はこんなことをやり続けているのだろうか。

ずっと考え続けて、昨夜、ようやく「あの娘」に、辿りつきました。

-----

22年前、

まだ、知らないことが沢山あって、

まだ、会ったこともない人が沢山いて、

まだ、やりたいことが沢山あって、

まだ、言いたいことも沢山あって、

それなのに、生き続けることができなかった「あの娘」が、

何も言わずに、今も、じっと私を見ているから。

-----

だから、私は、

を、停止してしまうことが許されない。

-----

どうも、そういうことの様です。