0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2023|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2024|01|02|

2023-03-01 『楽しい「追い出し部屋」ライフ』という観点からも、プログラミング技術の取得はお勧めです。 [長年日記]

「追い出し部屋」というものがあるそうです。

There is something called "kick-out rooms."

一つの部屋に集めて、何も仕事を与えない ―― ただし、給料は与え続ける

Gather them in one room and give them no work -- but keep paying them.

これによって、会社側は違法性を回避しつつ、社員を精神的に追い込んで解雇に追い込むことができる、ということのようです。

This room means that the company can avoid illegality, while at the same time psyching up the employee and forcing him or her into termination.

(最近は、このような企業の行為は、「違法行為」との司法判断がされているようです)

(Recently, there has been a judicial ruling that the actions of such companies are "illegal.")

-----

私も、若いころ、同じような目にあったことがあります。

I had a similar experience when I was younger.

「追い出し部屋」とはニュアンスが違いますが、事業部の炎上案件に巻き込まれて、長期派遣になったことがあります。

Although not quite as nuanced as "kick-out room," I have been on long-term assignment after getting caught up in a firestorm in a business unit.

いわば『炎上部屋』でしょうか

A "flame room," so to speak.

しかし、現場の主任からは『何もしないでくれ』と言われていました。

But the site chief told me, 'Don't do anything'.

私、この『何もしないでくれ』の意味を良く理解していました ―― つまるところ「政治」です。

I understood well what this 'do nothing' means -- after all, it is 'politics'.

現場は、人員を増員するということで、『一生懸命対応している』という演出が必要です。

The field needs to produce a 'hard-working response' in the form of increased staffing.

しかし、炎上している案件の中に、何も知らないエンジニアを突っ込むことは、とんでもないリスクでもあります。

However, it is also a tremendous risk to plunge an uninformed engineer into a project that is under fire.

なぜなら、ゼロから教育するコスト(時間、人員)がバカ高く、加えて、炎上案件の素人がシステムに触ることで、致命的な不具合を仕込みかねないからです。

This is because the cost (time, manpower) of training from scratch is ridiculously high, and in addition, amateurs on a flaming project can touch the system and plant fatal glitches.

それ故、この案件で必要だったのは、「何もしない人員」だったのです。

Hence, what was needed in this case was "do-nothing personnel.

-----

So what I was doing was something I had wanted to do for a long time in the flame room.

「Linuxのカーネル改造」です。

"Linux Kernel Modification"

この技術に手を出せる人はそれほど多くないと思います。(能力はさておき)膨大な時間が必要となるからです。

Not many people can afford this technology. (Let alone the ability to do so.) This is because it requires an enormous amount of time.

あの炎上部屋でのたった一人の静謐な時間は、今思い出しても、非常に贅沢な時間だったと思います。

The serenity of being alone in that flame room was a very luxurious time, as I recall now.

朝から晩まで好きなコーディングを月単位で貰えるような、そんな機会は滅多にあるものではありません。

It is not often that I get such an opportunity to get the coding I like from morning to night on a monthly basis.

そんでもって、ここで培った技で、その後10年はメシを喰ったという自覚があります。

And I am aware that the skills I developed here have kept me fed for the next 10 years.

-----

ソフトウェアエンジニアの強みは、「会社に命じられなくてもやれること(正確には「やりたいこと」)が山ほどあり、そして、それが『一人でもできる』」という点にあります。

The strength of software engineers lies in the fact that "there are a lot of things we can do (or more precisely, things we want to do) without being ordered by the company, and we can do them 'alone'.

そのような技は、自分のノウハウにもなり、上手くいけば、会社の利益にもなることもあります。

Such techniques can be your own know-how and, hopefully, benefit your company.

『楽しい「追い出し部屋」ライフ』という観点からも、プログラミング技術の取得はお勧めです。

From the viewpoint of "enjoyable 'kick-out room' life," acquiring programming skills is also recommended.


2023-03-02 「正確な英語」で「TOEICでハイスコアを出すため」に時間を費すより、「デタラメな英語」で「外国人留学生にAI技術を伝えるため」に時間を費すほうが ―― 少なくとも私は、有意義だと感じます。 [長年日記]

外国人留学生向けに、1時間の英語でのAI技術の講義をする為に、練習を続けています。

I am continuing to practice to give a one-hour lecture on AI technology in English for international students.

国際学会発表では「事前30回練習」を基本としていますが、さすがに1時間の講義で、30時間を使うことはできませんので、散歩とか風呂とかトイレの時間を使っています。

The basic rule for international conference presentations is "practice 30 times in advance," but as expected, I cannot spend 30 hours in a one-hour lecture, so I use the time to take a walk, take a bath, or use the restroom.

------

ところで、英語に関して、私は、従来の以下の方針を、1mmも変更しておりません。

By the way, I have not changed my existing policy on English language by one millimeter as follows.

(以下のコピペの部分をクリックすると、コラムに飛びます)

(Click on the copy and paste section below to jump to the column)

------

------

で、まあ、ぶっちゃけちゃいますが ―― こんなデタラメ英語でも、英語を使った講義の講師の役目を、なんとか果たせています。

And, well, I must confess -- even with this bullshit English, I am somehow able to fulfill my role as an instructor of lectures using English.

「正確な英語」で「TOEICでハイスコアを出すため」に時間を費すより、「デタラメな英語」で「外国人留学生にAI技術を伝えるため」に時間を費すほうが ――

Spending more time "communicating AI technology to foreign students" in "bullshit English" than "getting a high score on the TOEIC" in "accurate English"

少なくとも私は、有意義だと感じます。

At least, I think that it is meaningful.


2023-03-03 ―― AI技術を使った研究をする研究員が、自力でAI技術のコーディングをやらない [長年日記]

I have given a one-hour lecture on AI technology in English for international students.

当然に、この講義の最初に話したネタはこれです。

Naturally, this is the first story I discussed at the beginning of this lecture.

This is what I have been saying and will continue to say.

それはさておき。

That aside.

講義の前に、学生さんたちとちょっと話をしました。

Before the lecture, I had a short talk with the students.

その内容は、以下の通りです。

The contents are as follows.

(1)普段、彼らはプログラミングをやらない

(1) They usually don't do programming.

(2)彼らがAI技術を利用するときはパッケージソフトを使っている

(2) When they use AI technology, they use packaged software.

(3)プログラミングは、大学の時に講義で"Pascal"をやったくらい

(3) They only did "Pascal" in a lecture in college.

この話を聞いて、正直、私はかなりの衝撃を受けました。

Frankly, I was quite shocked to hear the story.

―― AI技術を使った研究をする研究員が、自力でAI技術のコーディングをやらない

"Researchers who do research using AI technology do not code AI technology on their own"

これは、私が属している国(日本)と同じ状況です。

This is the same situation as in the country I belong to (Japan).

そして、今回、国外でも同じ状況にあることを知り、正直信じられない気持ちです。

And now that I know that the same situation exists outside of Japan, I honestly can't believe it!

("Pascal"? それは、30年前のパラダイムだ。最低でも、Pythonを教えてあげるべきだ)

("Pascal"? That's a 30 year old paradigm. At the very least, they should be taught Python.)

-----

『そもそも、プログラムのトレースやデバッグすることなしに、どうやってAI技術を理解するんだ?』と、私はショックを隠せませんでした。

'How are they supposed to understand AI technology without tracing and debugging the programs in the first place?' I could not hide my shock.

そういえば、以前、そのような会話を後輩としたなぁ、と思い出していました ―― 『彼らにとって、パッケージソフトの出力が最終解であり、それ以上のことは考えない(*)』と言っていました。

I remembered having such a conversation with a junior colleague once -- "For them, the output of packaged software is the final solution, and they don't think beyond that(*)," he said.

(*)これを記載した私のコラムのページを見つけられませんでした。見つけた方は、私に教えて下さい

(*) I could not find the page in my column If you find it, please let me know.

-----

Programming education in our country's compulsory education process is simply a waste of time."

という私の「危惧」は、現在「確信」のレベルまでアップしています。

This "apprehension" of mine has now risen to the level of "certainty".


2023-03-04 今回の講義で、'笑い'を'3つ"取れたと思います。私の勝ちです。 [長年日記]

外国人留学生向けに、1時間の英語でのAI技術の講義をしてきました。

I have given a one-hour lecture on AI technology in English for international students.

『講義中、'笑い'を'1つ'でも取れれば'勝ち'』

"If I get even one "laugh" during the lecture, I win"

という判断基準で講義をしました。

The lecture was based on the above criteria.

I stepped down from the podium and continued my talk, gesturing near the students' seats.

これは、"IETF"で私が学んだことの一つです。

This is one of the things I learned at the IETF.

-----

-----

今回の講義で、'笑い'を'3つ"取れたと思います。

I think I got 'three laughs' in this lecture.

私の勝ちです。

I won.


2023-03-05 私、『「雪印」という会社(グループ)だけは、絶対に許さない』と決めていました。 [長年日記]

私、『「雪印」という会社(グループ)だけは、絶対に許さない』と決めていました。

I had decided, "I will never forgive only the Yukijirushi Brand company (group)".

以下の2つの事件、

The next two incidents enraged me,

- Yukijirushi food poisoning case (June 2000)

- Yukijirushi seal beef counterfeit incident (October 2001)

という、2年連続の『人命軽視にも限度がある』という事件で、私は怒り心頭に達していたからです。

These were cases of 'there is a limit to the disregard for human life'.

これらの事件については、過去の私の日記にも言及があります。

There are references to these incidents in my past diaries.

ずうずうしくも雪印ブランドの製品が市場に登場してきたら、『私のサイトで騒ぎ立てて、みんなに過去の事件を鮮明に思い出してもらう』くらいのつもりでいました。

If the Yukijirushi brand products come on the market, I had the intention of 'making a fuss on my website to remind everyone vividly of the past incidents'.

-----

Today, I finished watching NHK's "Law of Failure: Two Incidents at Yukijirushi Brand" which I had recorded.

信頼回復と再生にかけた雪印グループの20年の取り組みについて、丁寧に解説がされておりました(もちろん"演出"が含まれているとは思いますが)。

In the program, there was a detailed explanation of the Yukijirushi Brand Group's 20-year effort to regain trust and revitalize the company (although of course, I am sure there was some "staging" involved).

この番組を見て、ようやく私は『ふりあげた拳を、下げてもいい』と思うことができました。

After watching this program, I was finally able to think, 'I can lower my raised fist'.

In part because it was partially in line with my thinking.

それでも、 ―― 「人命にかかわる失敗」は、「それ以外の失敗」と分けて考える必要があるとは思っています。

Still -- I do believe that "failures involving human life" need to be separated from "other failures".

それはさておき。

Aside from that.

-----

江端:「もう一店舗で、雪印製品は見かけないよな」

Ebata: "You don't see Yukijirushi brand products in one store anymore, do you?"

嫁さん:「え? "うち"にあるよ」

Wife: "What? They are at home."

と言われて、驚いて、冷蔵庫の中身を調べてみました。

I was so surprised that I went through the contents of the refrigerator.

こんなのが出てきました。

This is what I found.

嫁さんいわく、『他のブランドのバターは、店頭での入手が難しい』のだそうです。

She said 'other brands of butter are hard to find in stores'.

そして、我が家の次女は、お菓子作りが趣味で、バターを大量に消費しているようです。

And my second daughter enjoys baking and seems to consume a lot of butter.

なんというか ―― どうやら、私が知らないだけで、江端家は、雪印ブランドのサポーターだったようです。

What can I say -- apparently, unbeknownst to me, the Ebata family was a supporter of the Yukijirushi Brand.


2023-03-06 『次の事例は、政治的正しさ(ポリティカル・コレクトネス)や、ジェンダー問題に抵触する内容になっているかもしれませんが、今日のところは見逃して下さい』 [長年日記]

ここ数日、講義ネタばかりで恐縮ですが、今日も続けます。

I'm afraid I've had nothing but lecture material for the past few days, but I'll continue today.

講義の途中で、

During the course of the lecture, I excused myself and continued it.

The following examples may conflict with political correctness and gender issues, but please let them skip the contents for today.

と、言い訳して、講義を続けました。

講義の最中に、『・・・性別に関係なく、浮気をする人はいますが、ここでは、異性カップルにおける、男性の浮気を例にしてお話をします』などの言葉を挟んでいました。

During the lecture, I put a phrase such as, "...people cheat on each other regardless of gender, but here I will use male cheating in heterosexual couples as an example".

たった数年前は、このような配慮はしていなかったように思います。

The following examples may conflict with political correctness and gender issues, but please let them skip the contents for today.

-----

この資料は、数年前に使った資料を再利用しただけのものですが、最近、「ポリコレ」や「ジェンダー」の問題に、気を使うようになっています。

This material is just a re-purposed version of material I used a few years ago, but I have recently become more attentive to "political correctness" and "gender" issues.

もちろん、それはそれで正しいこと思いますが、ちょっと疲れるなぁ、と感じることもあります。

Of course, I think that's right, but sometimes I feel a little tired.


2023-03-07 ぶっちゃけ、戦争や権力への反抗心を持たない若者なんて ―― 『そんな若者なら、とっととやめちまえ!』と言いたいくらいです。 [長年日記]

I watched a BS1 special, "Close Look at the Self-Defense Forces: The Realities of Missile Defense".

現在、私、定年後の生き方について色々と考えているのですが、

I'm currently thinking a lot about how I'm going to live after I retire.

――「シニア自衛官」の募集ってないかな

"I wonder if there are any openings for 'Senior(Elder) Self-Defense Officers'"

とか考えています。

I am thinking about it.

かなり真剣に、です。

That is quite seriously,

私は、

I,

(1)500メートル以上走れません

(1)cannot run more than 500 meters

(2)5kg以上重いものを携行して歩けません

(2)cannot walk with objects heavier than 5 kg

(3)武器を扱わせたら、誤使用で味方に死傷者を出しかねません

(3)If you let me handle the firearms, I could cause casualties to our allies by misuse.

(4)野営なんかしたら、2日目で死体になっている自信があります

(4)If I were to camp out, I am confident that I would be a corpse on the second day.

その一方で、

On the other hand,

(1)戦時下で、即席の通信システムを構築します(多分)

(1)build an improvised communication system in wartime (maybe).

(2)敵の戦略システムへのハラスメント(いやがらせ)をします(多分)

(2)harassment of the enemy's strategic system (maybe).

(3)(ちゃんと訓練して頂ければ)各種のサイバー攻撃については、一般の方よりは速習できると思います(多分)

(3) (If I can get proper training), I can learn about various types of cyber attacks faster than the average person (maybe).

就労形態の希望としては、

As for working preferences,

『自宅からリモートワークで、サイバー戦限定で、従軍したい』

'I want to work remotely from home and serve in cyber warfare only.'

となります。

ずいぶんずうずうしいことを言っている、という自覚はあります。

I am aware that I am being very brazen.

ただ、私は、自衛隊の皆さんを侮辱している訳ではなく、「この中途半端なITシニア」を、防衛力として使い倒して貰えば嬉しいなぁと、本気で思っているだけです。

However, I am not insulting the SDF people, I am just really hoping that they will use "this half-assed IT senior" as a defensive force and use it to their advantage.

-----

大学の自治寮の元寮長(任期中に脱走)が、どうしてこういう考えに至ったのか、自分でも不思議です。

I wonder myself how the former head of the university's self-governing dormitory (who deserted during his term of office) came up with this idea.

If I had to give one reason, I would say it is the influence of this series of articles.

『自衛隊の人員、通常戦力の数値化、各国の戦力比』などを数字で読むクセがついたことで、戦争の"リアル"が見えるようになってきた、という気がします。

I feel that now that I have the habit of reading figures such as "the number of SDF personnel, the quantification of conventional forces, and the ratio of forces in each country," I am able to see the "reality" of war.

その程度の数字も知らずに、国防について語っていた若いころの私って ―― まあ、それはそれで「きちんと役割を果たしてきた」と思っています。

I was a young man when I was talking about national defense without knowing that level of numbers -- well, I think I "played my part properly" in that.

The youth is an important protagonist of Clausewitz's "trinity" of "1. the people = in charge of instinct = in charge of the passion and enthusiasm of war(?)".

ぶっちゃけ、戦争や権力への反抗心を持たない若者なんて ―― 『そんな若者なら、とっととやめちまえ!』と言いたいくらいです。

To be honest, a young man who does not have a rebellious spirit against war and power--I would say, "If you are such a youth, stop being the youth immidiately"


2023-03-08 神を「数値」で語ってみせましょう。 [長年日記]

During a remote meeting in the morning, the doorbell rang, and when I responded, she started with a lengthy greeting, so I thought, "It is that" and I did my usual response.

大喝一番、「要件を言え!」

I shouted, "Tell me what you need!"

-----

簡単に言えば、「書留郵便です」「宅配です」という風に言って貰えれば良いのです。

Simply put, what they say just "Registered mail" or "Courier".

こちらは、時間がないのです。

I don't have time.

ですから、最初から「セールスです」「宗教です」といって貰えれば、それでいいんです。

So, "Sales" or "Religion" from the beginning, that's fine.

そうして貰えれば、対応は数秒で完了します ―― 私が『結構です』とだけ言って、インターフォンを切るだけです。

If they say that, the response takes only a few seconds -- I just say, 'No, thank you,' and hang up the intercom.

両者、貴重な時間の浪費を防げて、Win-Winです。

It is a win-win for both parties, preventing the waste of valuable time.

-----

その後、郵便箱を覗いたら、『聖書の勉強会へのおさそい』というポストカードが入っていました。

Later, I looked in the mailbox and found a postcard titled "Invitation to Bible Study".

今回は、「宗教」だったようです。

This time, it seemed to be "religion".

それにしても、この街のこの江端家に、殊もあろうに「宗教」で訪問するとは、蛮勇にも程がある、と思いました。

Still, I thought, it was reckless of her to visit this Ebata family in this town for missionary work.

-----

ちなみに、私、『聖書の勉強会の"講師"としての依頼』でしたら、受けます。

By the way, I would accept a request to be a "lecturer" for a Bible study group.

神を「数値」で語ってみせましょう。

Let me give you a quantitative evaluation of God.


2023-03-09 ―― "神田川","下宿,"3畳1間"のような、小市民的ビットコイン [長年日記]

最近、ビットコインを含めた暗号資産に関して、世の中がドタバタしているようです。

The world seems to be in a state of flux these days regarding crypto assets, including bitcoin.

というか、暗号資産は、いつもドタバタしているように見えますが。

I mean, the evaluation of crypto assets always seem to be in a flux.

すでに、ビットコインについては、私の知りえる範囲で言いたいことは言ってきましたので、今のところ、これ以上付け加えることはありません。

I have already said as much as I know about Bitcoin, so I have nothing more to add at this time.

でも、『一度、暗号資産のグレートリセットをしてもいいんじゃないかなー』とは思っています。

But I'm thinking, 'Maybe we can do a Great Reset of crypto assets once.

-----

私が実現して欲しいのは、投資目的ではない、日常生活で気軽に使えるネット上の『小銭』

What I would like to see realized is "small change" on the internet that can be easily used in daily life, not for investment purposes is ,

""Kanda River," "boarding house," "three tatami mats and one room" kind of petty-bourgeois bitcoin"

です。


2023-03-10 ―― もしからしたら、私、もう『英語での講義』イケてるんじゃないの? [長年日記]

Continuing from last week, I have also been giving a lecture at the university today.

―― もしからしたら、私、もう『英語での講義』イケてるんじゃないの?

"Maybe I have already been able for "lecturing in English"?"

と思って、今日の講義の練習は、前回の半分くらいにしました。

So I decided to practice for today's lecture about half as much as the previous one.

-----

結論から言えば、『私が思い上がっていました』。

In conclusion, 'I was conceited'.

『こんな酷い英語の講義、滅多に出会えないんじゃないかなぁ』

I wonder how often they come across lectures in English that are this bad.

という悲惨な講義になりました。

主語と述語がひっくり返っていたし、受動態も変は使い方していたし、重要なキーワードが出てこなくて適当な造語作っていたし、もう散々でした。

Subjects and predicates were being turned upside down, the passive voice was being used in an odd way, important keywords were not appearing, I was making up random coined words, and I was just a mess.

Well, there was only the momentum of the voice and exaggerated movements, however, I would like to believe that only "enthusiasm" was conveyed to the students -- I want to believe that.

-----

やはり、

After all,

'Those who is not loved by English will never be loved by English'

は、普遍的な真実でした。

is a universal truth.

みなさん、諦めましょう。

Let's give it up, everyone.

私(たち)がやれることは、1時間分の講義の内容の「完全丸暗記」だけです。

All I(we) can do is to "memorize completely" the content of the one-hour lecture.

「臨機応変」の英語の対応などができるかもしれない、というような「奇跡」を期待するのは、やめましょう。

Don't expect "miracles" such as the possibility of a "resourceful" English response, etc.


2023-03-11 現在、『TOKYO2020は、汚職と談合のイベントだった』という記憶の上書き、絶賛進行中です。 [長年日記]

現在、『TOKYO2020は、汚職と談合のイベントだった』という記憶の上書き、絶賛進行中です。

Currently, the overwriting of the memory that "TOKYO 2020 was an event of corruption and collusion" is underway to great acclaim.

TOKYO2020(開催は2021年でしたが)には、感動的なシーンが沢山あったと思うのですが、私は、あまり思い出せてないです。

I think there were many inspiring scenes in TOKYO 2020 (although it was held in 2021), but I, for one, can't remember many of them.

Well, personally, I think "that corona infection countermeasure - the 'bubble method' - was brilliant" - as an engineer.

-----

TOKYO2020は、その開始前の記憶も鮮烈です。

TOKYO 2020 is also vividly remembered before its start.

オリンピック開催に尽力した4人の方々が、オリンピック開催前に「全員消えた」という、アガサクリスティも真っ青なできごともありました。

There was even an Agatha Christie-esque incident in which the four people who had worked so hard to organize the Olympics "all disappeared" before the Olympics were even held.

- 安倍元首相が、体調不良で辞任

- Former Prime Minister Abe resigns due to ill health.

- 猪瀬元東京都知事が、金の問題で辞任

- Former Tokyo Governor Inose resigns over money problems.

- 武田元JOC会長が、金の問題で辞任

- Former JOC President Takeda resigns over money issue

- 森元首相が、女性蔑視発言で辞任

- Former Prime Minister Mori resigns over derogatory remarks about women.

I think TOKYO2020 was a very rare event, in which the "before and after" are more memorable than the TOKYO2020 event itself.

ちなみに、これは、私個人の感想です。

By the way, this is my personal opinion.

素晴しいシーンは確かにあったはずです。

There must have been some great scenes.

多くの日本人が感動したはずです。

Many Japanese must have been impressed.

ただ、"私"が忘れてしまっているだけです。

It's just that "I" have forgotten.

一方、"私"のような人は、決して少数ではない、とも思っています。

On the other hand, I believe that there are more than a few people like me.

まあ、そういう意味で、やっぱり、今回の汚職と談合は『罪深いことなのだろうな』と思うのですよ。

Well, in that sense, I still think that this corruption and collusion 'must be sinful'.

-----

江端:「という訳で、今、'TOKYO2020'のことを思い出しているんだけど、何覚えている?」

Ebata: "So now I'm remembering 'TOKYO2020', what do you remember?"

嫁さん:「そうだなぁ・・・『五輪バブル』かなぁ」

Wife: "Well...maybe the 'Olympics bubble'."

Come to think of it, my wife and my second daughter were making a small fortune working part-time as receptionists at the Olympic venues.


2023-03-12 でまあ、最近、高市早苗経済安全保障担当相と、立憲民主党の小西洋之参院議員の間で、この「立証責任」についての論争があるようです。 [長年日記]

私、「立証責任」とか「挙証責任」とかいう言葉には、人一倍敏感です。

I am more sensitive than most people to words like "burden of proof".

『私のコラムにケチをつける奴が、"汗もかかずに"好きなことを言う』ことに、心底腹を立てているからです。

Because I am truly offended by the fact that "anyone who criticizes my column says what they like without even breaking a sweat.

私の論を否定したい人間は、私と同程度の努力をして反論を構築する義務がある ―― これが立証責任です。

Anyone who wants to reject my argument has an obligation to construct a counterargument with the same level of effort as I do -- this is the burden of proof.

この立証責任の原則は、例えば、性犯罪の被害者側に過酷に過ぎます。

This burden of proof principle is too harsh on the side of victims of sexual crimes, for example.

それでも、立証責任の原則は絶対的であると、私は考えています。

Nevertheless, I believe that the principle of burden of proof is absolute.

-----

でまあ、最近、高市早苗経済安全保障担当相と、立憲民主党の小西洋之参院議員の間で、この「立証責任」についての論争があるようです。

Recently, there seems to be a dispute between Sanae Takaichi, Minister of Economic Security Affairs, and Hiroyuki Konishi, a member of the House of Councilors of the Constitutional Democratic Party of Japan, regarding this "burden of proof".

私、当初、総務省の行政文書というものは、企業における会議の議事録のようなものである、と思っていました。

At first, I thought that the administrative documents of the Ministry of Internal Affairs and Communications were like the minutes of a meeting in a company.

私の勤務している会社では、議事録は、その作成後、関係者全員で、その内容のチェックが行われます。

In the company where I work, the minutes are checked by all parties involved after they are prepared.

We don't want anyone to say later, 'That's not true.

ところが、この件を追っていくと、「総務省の行政文書」の作成プロセスが、どうも、この「議事録」とは違うプロセスで作られているようです。

However, following up on this case, it appears that the process for creating "administrative documents of the Ministry of Internal Affairs and Communications" is apparently a different process than that of these "minutes".

そういう訳で、本件に関して、私は『どちらに立証責任があるのか』が本気で分からなくなっています。

That is why I am seriously confused as to 'which side has the burden of proof' in this case.

どなたか、今回の事件について、主観(感情など)を完全に排して、法律論のみで解釈しているコラム等がありましたら、ご紹介下さい。

If anyone knows any columns or other articles that interpret this case completely without subjectivity (emotions, etc.) and only with legal theory, please introduce them to us.

-----

私にとっては、行政がリリースする資料は『絶対的な客観性』を前提としてくれないと、困るのです。

For me, the materials released by the government must assume 'absolute objectivity' or I will be in trouble.

(「行政文章」と「公文書」とは、異なるのかもしれません。この辺りについても教えて下さい)

("Administrative text" may be different from "official text". Please let us know about this area too)

私、自分のコラムを書くとき、かなり多くの部分を、行政が公開しているレポートに頼っています。

When I write my columns, I rely on reports published by the administration for quite a few parts.

この公文書の信頼が揺らぐと、その巻き添えをくらって、私のコラムの信頼もボロボロになるのです。

If the credibility of this official document is shaken, my column's credibility will be in tatters as a result of the collateral damage.


2023-03-13 なんというか「逢魔時」のロングバージョンという感じです。 [長年日記]

I received yesterday the report that I had previously requested from "Dr. Shibata of Run Over".

ざっと読ませて頂きましたが、ワクワクする内容で、直ぐにもそちらの執筆作業に飛びつきたいのですが ―― 今、絶望的に時間がありません。

I've skimmed through it, and I'm excited about it, and I'd like to jump right into the writing process immidiately -- but I'm hopelessly short on time at the moment.

カンファレンスペーパーの執筆に、来期の異動命令、さらには、我が家の自動車が壊れ、トドメは大学での講義の準備です。

I have a conference paper to write, a transfer order for the next term, and our car broke down, and to top it all off, I have to prepare for a lecture at the university

加えて、長女がコロナに罹患したそうです(長女は別の居所にいます)。

In addition, my eldest daughter has contracted corona (she is in a different residence).

なんというか「逢魔時」のロングバージョンという感じです。

It's kind of like a long version of "Oumaga-Doki".

今月のスケジュールが音を立てて崩れ始めており、今日は、色々な人に『ごめんなさいメール』を配送しまくっていました。

This month's schedule is starting to fall apart noisily, and today I was delivering "sorry mail" all over the place to various people.


2023-03-14 世界の研究者が、アイドル(という最新技術トレンド)の『追っかけ』をやっている様子が一目瞭然だからです。 [長年日記]

今、ある技術の過去40年間ほどのサーチレポート(調査報告書)の論文を執筆しているのですが、難航しています。

I am currently writing a paper on a search report for the past 40 years or so on a technology, but it is a difficult task.

昔の情報が手に入りにくいからです。

This is because old information is hard to come by.

例えば、1990年代の書籍を集めようとしても、図書館などでは見あたらないのです。

For example, if I am trying to collect books from the 1990s, I will not find them in libraries.

技術は、常に更新され続けていますので、最新の書籍に入れ替わっていくことが望ましいのは言うまでもないのですが、過去の調査を行う上では、困ります。

Technology is constantly being updated, so it goes without saying that it is desirable to replace it with the latest books, but it is troubling to find research on the past.

―― 歴史学者って凄いよなぁ

"Historians are awesome"

と感心しています。

I am impressed.

たった40年過去に遡るだけでもこんなに難しいのに、その10倍以上のオーダの文献を調べるという苦労は、想像を絶するものです。

It is this difficult to go back just 40 years in the past. The difficulty of researching documents more than 10 times that long ago is unimaginable.

文体は言うに及ばず、そもそも、文字からして違いますしね。

Not to mention the style of writing, the letters are different from the present.

そういうえば、近年の文字認識技術によって、数百年以上前の文献の識字率が随分向上しているそうです。

In this case, recent character recognition technology has greatly improved the literacy rate of documents that are more than several hundred years old.

最新技術が、古い歴史を解明していくということが、心から嬉しいと思います。

I am truly happy that the latest technology is unraveling old history.

-----

私の方は、苦労はしているのですが、技術の世界が、トレンドによって右往左往している様子を俯瞰できることは、楽しいと思います。

It is a struggle for my research, but I feel fun to get a bird's eye view of how the world of technology is moving left and right with the trends.

世界の研究者が、アイドル(という最新技術トレンド)の『追っかけ』をやっている様子が一目瞭然だからです。

It is because it is easy to know how researchers around the world are "chasing" their idols (the latest technological trend).

It is the "dancing buzzword".


2023-03-15 ChatGPTに"江端智一"について聞いてみた件 [長年日記]

ChatGPTに"江端智一"について聞いてみました。

I asked ChatGPT about Tomoichi Ebata.

現時点で、私は、この声優さんを見つけられていません。

At this time, I have not found this voice actor.

私の勤務している会社に、広告キャラクターの"江端智一"がいるとは、知りませんでした。

I had no idea that the company I work for has an advertising character named "Tomoichi Ebata".

この"江端智一"さんは、EE Times Japanの編集長さんだそうです。

This "Tomoichi Ebata" is the chief editor of EE Times Japan.

私が寄稿している先の編集長さんが、私と同名同姓だったは、知りませんでした。

I did not know that the editor-in-chief of the place to which I am contributing had the same name and surname as mine.

世の中には、色々な、"江端智一"さんがいるんだなー、と心底驚いています。

I am truly surprised at the variety of "Tomoichi Ebata" in the world.

-----

私の中で、今、ChatGPTの株価が絶賛暴落中です。

In my mind, ChatGPT's stock price is now in a raging crash.

『知らないなら、正直に"知らない"と言え!』

"If you don't know, say honestly that you don't know!"


2023-03-16 まあ、これは「広義の"終活"」と言えるかな、と思っています。 [長年日記]

私の所属している研究所では、PCやデバイスの使用者の研究員が管理責任者となっています。

In my institute, the researcher who uses the PCs and devices is responsible for their management.

ですので、資産の棚卸しがある度に、機材が紛失していないかドキドキします。

So every time there is an inventory of assets, I get nervous to see if any equipment is missing.

私の場合、かなり小さな機材、例えば、GPSロガーやボードコンピュータ、小型カメラなどを持っており、これらの置き場所を忘れてしまうことがあるのです。

In my case, I have fairly small pieces of equipment, such as GPS loggers, board computers, and small cameras, and I sometimes forget where I put these things.

この「置き場所を忘れる」というのは、相当に怖いです。

This "forgetting where to put it" is quite scary.

研究所の中を探し回ることになるからです。

This is because I will have to search all over the institute.

本日、これらの小さなデバイス等を含む、多くの機材を一斉に廃棄処理をしてきました。

Today, I have disposed of many pieces of equipment, including these small devices and others, all at once.

-----

「持っていると怖い」を回避するには、「紛失する前に捨てて(廃棄)しまえば良い」のです。

To avoid the "fear of having it," I should "throw it away (dispose of it) before I lose it.

加えて、手に入れたいデバイスがあったとしても「購入せずにガマンする」です。

In addition, it is important to "hold off on buying" any device that I want to acquire.

これを、ここ2~3年間実施してきたおかげで、一時期は100近くあった資産が、現在十数個まで減りました。

Thanks to the implementation of this over the past two to three years, the number of assets that were at one time close to 100 has been reduced to a dozen or so at present.

かなり心理的にラクになりつつあります。

It is becoming much easier psychologically.

-----

まあ、これは「広義の"終活"」と言えるかな、と思っています。

Well, I think this can be called "end-of-life" in the broad sense of the word.

今、私の回りでは、学生のみなさんが、「必死の"就活"」で多いに盛り上がっています。

Right now, I am surrounded by students who are excitedly engaged in "frantic job hunting".

ちょっと申し訳ない気がします。

I feel a little sorry for them.


2023-03-17 私には、「国会開会時」の「首相所信表明演説」くらいが丁度良いです。 [長年日記]

未だによく分からないもの

Something I still don't understand.

■「中国の全国人民代表大会」における議事決定システム

- Method of deciding the agenda at the National People's Congress of China

具体的に、どういう議論が、どういうやり方でされているのか、さっぱり分からない。

I have no idea what exactly is being discussed and in what manner.

そもそも、この大会での「否決決議」というものがあるのか?

To begin with, is there such a thing as a "resolution of rejection" at this convention?

私は、ニュースなどで見たことがありません。

I have never seen them on the Japanese news.

WikiPediaなどを見ても、よく分かりません。

I'm not sure what to look up on WikiPedia, etc.

どなたか、良い資料や書籍をご紹介頂ければ幸いです。

I would appreciate it if you could point me to some good resources or books.

■「米国の一般教書演説」における、連続のスタンディングオペーション

- Continuous standing ovation in the "U.S. General State of the Union Address"

はっきりいって『気持ちが悪い』。

It is clearly 'weird'.

純度の高い「忖度」を見せつけられているかのような不快感です。

It is uncomfortable as if I am being shown pure "flattery".

どのくらい気持が悪いかと言えば、『北朝鮮の軍事パレードの前席あたりで、狂ったように喜び踊り狂う人々(の演技)』くらいに、気持ち悪いです。

To put it another way, it is as sickening as "people dancing around in the front seats of a North Korean military parade, acting like crazy and joyful people.

-----

私には、「国会開会時」の「首相所信表明演説」くらいが丁度良いです。

For me, "Prime Minister's policy speech" at the opening of the Diet is just right.

品のない大声のヤジを放つ奴は低能だと思うけど、スタンディングオーベーションよりは、ずっとマシだと思います。

I think anyone who unleashes a loud, ungraceful yell is a lowlife, but it's a lot better than a standing ovation.


2023-03-18 ―― 集中せずに、ダラダラとやること [長年日記]

ガンダムがそんなにいいかなぁ・・・、絶対にヘヴィーオブジェクトの方がいいだろう?

I wonder if "Gundam" would be that much better...definitely "Heavy Objects" is better than "Gundam"?

と思いながら、『ヘヴィーオブジェクト』を見直しながら、コーディングしています。

I am coding while reviewing "Heavy Objects" with the thought.

ちょっと調べたら、このネタ既出でした ―― というか「頻出」。

I did a little research and found that this story has already appeared -- or rather, "frequently appears".

これは、「同じ話を何度も繰り返す高齢者」の兆候と思います。

I think this is a sign of "elderly people repeating the same story over and over again".

-----

最近分かってきたのですが、コーディングのようなトライアンドエラーの作業(私にとっては、トライアンドエラーなんです)には、音楽やアニメを流しながら作業ができます。

As I've recently discovered, I can work with music or animation playing while I work on a trial-and-error task (for me, it's trial-and-error) such as coding.

しかし、コラム、報告書、特許明細書はまったくダメです。こちらは、クラッシックとか、環境音楽が良いようです。

But columns, reports, and patent specifications are not good for that. Classical or environmental music seems to be better.

しかし、どちらも長時間の作業になります。

However, both are long hours of work.

意外に思われるかもしれませんが、この手の仕事で重要なことは、

It may come as a surprise to you, but the key to this kind of work is

―― 集中せずに、ダラダラとやること

-- To be lazy, not focused.

です。

集中モードで仕事を連続すると、確実に翌日に疲労が伝搬して、蓄積して、いずれ破綻します(最悪、入院)。

If I work continuously in intensive mode, fatigue will surely be conveyed to the next day, be accumulated, and eventually collapsed (or worse, hospitalization).

これが「シニア」というものの正体です。

This is what a "senior" is.

-----

だから、私は声を大にして言いたい。

So I want to say this out loud.

結婚なんてしてもしなくてもいいけど、もし結婚すると決めているのであれば、できるだけ早い段階で(泥の中で土下座をする覚悟で)パートナーを探した方がいいぞ、と ――

You may or may not get married, but if you do decide to get married, you'd better find a partner as early as possible (and be prepared to get down on your knees in the mud).

出産も、(と書きかけて、この問題はあまりにデリケートに過ぎるので省略)、と、

Births, also (I was about to write, but this issue is too sensitive, so I omitted it), and

And if you are going to pursue recurrent education while working, you should start as early as possible.

-----

18~22歳あたりでの学問と、シニアの学問は、決定的に違います。

There is a definite difference between the study around 18-22 years old and the study of seniors.

スケジュールの中に「疲労」を組込まなければならない日々は、なかなか「せつない」ものです。

It is quite "painful" to have to incorporate "fatigue" into my schedule every day.


2023-03-19 完璧を目指し、理想を叫び、自分で汗もかかずに、どこかの誰かがやってくれることを期待しているだけのヤツより、ずっとマシです。 [長年日記]

物事を最速で片付ける方法は、

The fastest way to get things done is to that

『デタラメ、適当、いい加減でも全然構わないので、とりあえず1度、最後まで完成させる。絶対に"完璧"を目指さない』

"It doesn't matter if it's a bullshit, appropriate, and lax job, just complete it once, and never aim for perfection"

です。

で、今、その『デタラメ、適当、いい加減』なペーパー(論文)の初版を完成させました。

And now, I have just completed the first edition of that "bullshit, appropriate, and lax" paper (thesis).

午後からは『デタラメ、適当、いい加減』なプログラムの作成に着手します。

In the afternoon, we will start working on a "bullshit, appropriate, and lax" program.

今夜は、『デタラメ、適当、いい加減』な内容の、期末の報告書のドラフト作成を予定しています。

Tonight, I plan to draft a report for the end of the term, which will be "bullshit, appropriate, and lax".

―― 今の私の周りは『デタラメ、適当、いい加減』だらけだ

I'm surrounded by "bullshit, appropriate, and lax" right now.

と実感します。

I realize that.

-----

でも、まあ、これで、いいんです。

But, well, it is O.K.

自分の手を動かして、自力でモノを作り出す奴が、一番エラいのです。

Those who create things on their own, using their own hands, are the greatest.

完璧を目指し、理想を叫び、自分で汗もかかずに、どこかの誰かがやってくれることを期待しているだけのヤツより、ずっとマシです。

It is much better than the guy who strives for perfection, cries for ideals, and just expects someone else to do it for him/her without even breaking a sweat themselves.


2023-03-20 『「キューバ危機」を「マルチエージェントシミュレータ」で検証する』 [長年日記]

この本を見つけた時に思いました。

When I found this book, I thought,

―― これは、私のために書かれた本である

"this is a book written for me"

と。

『「キューバ危機」を「マルチエージェントシミュレータ」で検証する』

"Examining the 'Cuban Crisis' with a 'Multi-Agent Simulator'"

Who else in the world would be a suitable reader for this book but me?

ただ心配だったのが、「マルチエージェントシミュレータ」に関する技術的内容でした。

The only concern was the technical content regarding the "multi-agent simulator.

-----

例えば ――

For, example,

■『AI』とか『人工知能』とかを表題に含む書籍の多くが、AI技術に関して恐しいほどのデタラメを記載していること

- Many books with "AI" or "Artificial Intelligence" in the title contain frightening bullshit about AI technology.

■そのような本の著者の「AI技術に対する理解」が、お話にならないものほど杜撰(ずさん)なものであること

The author's "understanding of AI technology" of such books is so sloppy that it is hard to talk about it.

-----

とは言え、この本を購入しなければ、それを確認することもできませんので、購入ボタンを押しました。

However, without purchasing the book, I would not be able to check it out, so I pressed the buy button.

到着したばかりの本を、手当たりしだい眺めていたのですが ―― 安心しました。

I was looking at a handful of books that had just arrived -- a relief.

一目で、『この本は、ガチだ』と分かりました。

At first glance, I knew, 'This book is the real deal'.

この本、これから時間をかけて、大切に読んでいこうと思っています。

I am going to take the time to read this book with great care.


2023-03-21 ―― 国家権力に目をつけられない様な『小市民』であり続けること [長年日記]

今日も「立証責任」シリーズです。

Today, I continue our "burden of proof" series too.

私が、過去に、自腹切って法学ゼミに通っていた、という話は何度かしましたが、その中でも驚いた話の一つに

I have mentioned several times in the past that I used to attend law seminars at my own expense, and one of the most surprising stories I heard was

『刑事事件裁判における、原告と被告の立証責任の違い』があります。

"The difference between the burden of proof for the plaintiff and the defendant in a criminal case trial"

民事事件裁判というのを、乱暴に一言で言えば、「個人 v.s. 個人」の争いです。

To put a civil case trial in a nutshell, it is a "personal v.s. personal" dispute.

比して、刑事事件裁判というのは、「国家 v.s. 個人」の争いになります。

In contrast, a criminal trial is a "state v. individual" dispute.

これでは、最初から勝負になりません。

This is not a good start to the game.

なぜなら、刑事事件においては、国家(検察側)が圧倒的に強いからです。

This is because the state (the prosecution) is by far the strongest party in criminal cases.

-----

国家:「プロフェッショナルな捜査集団(警察)」、「攻撃専門の法律専門家の集団(検察)」、「最新鋭の科学的調査手段や、それらの人材を確保できるだけの潤沢な資金」

State: "a professional investigative team (police)," "a group of legal experts specializing in attacks (prosecutors)," "state-of-the-art scientific means of investigation, and ample funds to staff them."

個人: 基本的に自分の「個人的な私財」くらい

Personal: Basically, "personal private property".

いわば、「核ミサイル v.s. 被告個人の竹槍での特攻」みたいなものなのです。

It is like a "nuclear missile v.s. defendant's personal suicide attack with a bamboo spear," so to speak.

-----

それ故、刑事事件裁判においては、「検察側の圧倒的有利」を前提として、以下のようなルールがあります。

Hence, in criminal trials, the following rules are based on the "overwhelming advantage of the prosecution".

検察側は、事件の全貌を、

The procesution must complete the followings,

(1) 完全かつ無矛盾に、

(1) without contradiction,

(2) 1mmのスキもなく、

(2) perfectly,

(3) どこからどう攻められても絶対に崩れない磐石の証拠とロジックによって完成させて、

(3) with rock-solid evidence and login that will never be broken, no matter how they is attacked, and

(4) それを法廷で明らかにしなければならない

(4) the responsibility to make it clear in court.

という責務があります。

検察は、これだけの仕事を完遂しなければ、裁判に勝てません。

The prosecution must complete so much work to win the case.

それに対して、被告側は、上記の全容のほんの僅かな、かすかな部分、例えば、"1%"、あるいは "0.01%" の矛盾や齟齬を指摘できれば、それで、"勝ち"となります。

On the other hand, if the defendant can point out a tiny fraction of the above, say "1%" or "0.01%" of discrepancies or discrepancies, then they "win".

これを、法学ゼミでは、

In the law seminar, this was explained with the phrase,

『検察が組み立てたロジックを、わずか1mmでも"揺らす"ことができれば、被告の勝ち』

"The defendant wins if he or she can 'shake' the logic constructed by the prosecution, even by just 1mm"

というフレーズで説明していました。

これでは、被告が凄く有利のように思えるかもしれませんが、思い出してください ―― 被告が相手にしているものは、国家という"核ミサイル"なのです。

This may seem like a huge advantage for the defendant, but remember - the defendant is dealing with a "nuclear missile" called the state.

つまり、今回の袴田事件の再審は、その"1%"、あるいは"0.01%"によって、検察のロジックが"揺らされた"ということなのです。

In other words, the retrial in the Hakamada case was "shaked" the logic of the prosecution by the "1%" or "0.01%"

(なお、本日は、この事件の是非については言及しません)

(Note that I will not address the merits of this case today.)

-----

国家権力をバックとしている検察は、その気になれば「捏造」など朝飯前です。

As prosecutors backed by state power, "fabricate" is a piece of cake.

それゆえ、検察側には、高いモラルが必要とされているのですが、所詮、人間のやることには限界があります。

Therefore, high moral standards are required on the part of prosecutors, but there are limits to what human beings can do after all.

『あいつが犯人で間違いない』という思い込みは、必ず発生します。

The assumption that 'he is definitely the culprit' is bound to occur.

そもそも、日本の刑事裁判の有罪率は、99.9%です。

To begin with, the conviction rate in Japanese criminal trials is 99.9%.

これは統計的に見なくても、十分に気持ち悪い数字です。

This is a sickening enough number without looking at it statistically.

つまり刑事裁判で起訴されたら、ほぼ確実に有罪になるのです。

In other words, if you are charged in a criminal court, you will almost certainly be convicted.

-----

という訳で、このような無力な私たちに必要とされてることは、

So, what we need to do, in such a helpless way, is

―― 国家権力に目をつけられない様な『小市民』であり続けること

"To continue to be a "small citizen" who does not attract the attention of state power"

この一択です。

This is the only choice.

-----

私が飲み会などで「"小市民"を心掛けて生きてきました」と自己紹介しているのは、単に『笑いを取る』ためだけではないのです。

The reason I introduce myself at drinking parties by saying, "I have been trying to be a 'small citizen' my whole life," is not just to get a laugh.


2023-03-22 ―― こうやって、パソコンの中に、ケネディと、マクナマラと、アチソンを作るのかぁ [長年日記]

の本を読んでいます。

I am reading this book.

ここ近年ないほど、集中して読んでいます。

I am reading more intensively than I have in recent years.

私は、今、「コンピュータの中に、心を持った仮想エージェントを作る」という課題で苦しんでいるのですが、

I am currently struggling with the task of "creating a virtual agent in a computer with a mind of its own".

―― こうやって、パソコンの中に、ケネディと、マクナマラと、アチソンを作るのかぁ

"This is how I make Kennedy, McNamara, and Atchison in my computer"

と、その手法に感嘆しています。

I am amazed and amazed at the methodology.

明日は、エージェントの動かし方(アルゴリズム)のページに進むことができと思います。

Tomorrow, I will be able to move on to the page on how to run agents (algorithms).

それはさておき。

Aside from that.

-----

この本の中では、キューバ危機当時のアメリカのとりえる7つのオプションと、5つの状態が記載されています。

In the book, seven options and five states that the United States could take at the time of the Cuban Missile Crisis are described.

/////////

オプション1: 何もしない

Option 1: Do nothing

オプション2: 外交的解決

Option 2: Diplomatic Solution

オプション3: 外交開始アプローチによる海上封鎖

Option 3: Maritime Blockade with Diplomatic Initiation Approach

オプション4: 最後通牒アプローチによる海上封鎖

Option 4: Maritime blockade with ultimatum approach

オプション5: 外科手術的な空爆(ポイント攻撃)

Option 5: Surgical air strike (pinpoint attack)

オプション6: 全面的な空爆

Option 6: Total Airstrike

オプション7: キューバ侵攻

Option 7: Invasion of Cuba

/////////

状態1: 軍事衝突

State 1: Military conflict

状態2: 配備継続

State 2: Deployment continues

状態3: ミサイル破壊

State 3: Missile destruction

状態4: ミサイル撤去

State 4: Missile removal

状態5: カストロ放逐(暗殺)

State 5: Castro is ousted (assassinated)

/////////

・・・と、ここまで読んで気がついたのですが、

...and then I realized at the page

『ロシアのウクライナ侵攻と、アメリカのキューバ侵攻って、どこがどう違うんだっけ?』

'What's the difference between Russia's invasion of Ukraine and the U.S. invasion of Cuba?'

両方とも、国土防衛を目的(口実)として、他国の主権を侵害し、軍事侵攻するという点で同じです。

Both are the same in that they both violate the sovereignty of other countries and invade militarily for the purpose (pretext) of homeland defense.

『ロシアのウクライナのミサイル攻撃と、アメリカの北ベトナムの北爆って、何がどういうふうに違うんだっけ?』

'What's the difference between a Russian missile strike in Ukraine and a U.S. bombing of North Vietnam, and in what way?'

自国に都合の良い政権を、他国に作り出そうとする陰謀という点で同じです。

It is the same in that it is a conspiracy to create a regime in another country that is good for one's own country.

(旧日本軍のケースでも、似たようなユースケースは作れると思いますが、今回は「キューバ危機」に限定しています)

(I believe that a similar use case could be made for the former Japanese military, but I am limiting myself to the "Cuban Crisis" in this case.)

-----

だからといって、今回のロシアによるウクライナ侵攻が、「正当化」される訳でもなく「相殺」される訳でもありません。

However, that does not "justify" or "offset" the current Russian invasion of Ukraine.

『ロシアもアメリカもどっちも悪い』とは思います。

I think 'Russia or the U.S. are both to blame.

しかし、今回は、キューバ危機のように『ウクライナにロシアを狙った核ミサイルが密かに配備された』とかいうような、誰もが納得できるに足る「理」がない分、ロシアに語れる「義」が少ない(少なすぎる)ように思います。

However, this time, as in the Cuban Missile Crisis, there is no "reason" that everyone can agree on, such as "nuclear missiles secretly deployed in Ukraine aimed at Russia," so I think that Russia has little (too little) "righteousness" to speak of.

キューバ危機で招集された「エクスコム(EXCOMM)会議」に相当するものがロシアにもあれば、今回のロシアによるウクライナ侵攻は、なかったかもしれませんが ―― それは誰にも分かりません。

If Russia had the equivalent of the EXCOMM conference convened during the Cuban Missile Crisis, the current Russian invasion of Ukraine might not have happened -- but who knows.

-----

少なくとも、今のロシアには、

At least there is at least one person in Russia today who is seriously considering the

『ロシアの天然資源を狙って、NATO軍が、ロシア国境に雪崩れ込んでくるという悪夢』

"nightmare of NATO forces avalanche on the Russian border, targeting Russia's natural resources"

を真剣に考えている人が、少なくとも一人はいるわけです。

私自身、正直なところ、『そういう可能性がゼロとは言えない』と思っています。

I myself honestly think, 'I can't say there is no such possibility.

歴史の教科書見れば、そういうことが、たくさん書かれています。

If you look at history textbooks, you will see many such things.

というか、『歴史の教科書には、そういうこと"しか"書かれていない』とすら思っています。

In fact, I even believe that "that is all that is written in history textbooks".

-----

例えば、もし、日本の国内または領海内に、世界の半分以上のエネルギーを賄うような地脈が発見されたとしたら、

For example, if a vein of earth was discovered within Japan's domestic or territorial waters that could provide more than half of the world's energy,

―― 中国、ロシア、あるいはアメリカが、日本国土または領海に侵攻してくる

"China, Russia, or the U.S. invades Japanese land or territorial waters"

という確信があります。

I am convinced of that scenario.

この確信に関してだけは、私の「首」をかけてもいい、と思っています。

I am willing to put my life on the line for this certainty alone.

なぜか?

Why?

私の知りうる限り、これまでの歴史において例外がないからです。

I am not sure why, because as far as I know, there has been no exception to this in our history.


2023-03-23 『記念日に、宝飾品なぞ買う金があるなら、高いメシを食うほうがいいに決まっている』 [長年日記]

今日は、江端家の結婚記念日です。

Today is the Ebata family's wedding anniversary. Hence,

- 午前の発表会出席のオーダーを却下したのも、

- I also rejected the order to attend the presentation in the morning,

- 午後の会議を途中で抜け出すのも、

- I will get out of an afternoon meeting in the middle of the day,

- 稟議のサポートや報告書でドタバタしているのも、

- I'm also slammed with support for approvals and reports,

- 研究ゼミ生の卒業式や謝恩会に出席できないのも、

- It is also impossible to attend graduation ceremonies and thank-you parties for research seminar students,

ぜんぶ結婚記念日のせいです。

It's all because of our wedding anniversary.

-----

ちなみに、私の嫁さんは、

By the way, my wife always says,

『記念日に、宝飾品なぞ買う金があるなら、高いメシを食うほうがいいに決まっている』

"If you have money to buy jewelry on your anniversary, it's better to eat expensive meals"

という同じポリシーを持つ、長年の同志です。

Hence, she is a long-time comrade who shares the same policy.


2023-03-24 つまり、回転寿司事件を起こした4人の彼らは、「155万人に1人の『超低能エリート』」といえるエクセレントでアメージングな存在なのです。 [長年日記]

I have told you before that the news of the World Cup has not been getting to me at all.

今回も、WBCの情報は全く入ってきませんでした。

Again, I received no information about the WBC.

「WBCで日本が優勝した」という一次情報源は、嫁さんでした。

The primary source of information that "Japan won the WBC" was my wife.

-----

これこそがWebターゲティングの真髄だとは思いますが、考えれば、結構怖い話だとも思います。

I think this is the essence of web targeting, but I also think it's a pretty scary story when I think about it.

これを別の案件から考えて見ると、

Looking at this from a different perspective, I can envision a situation in which I do not receive news about

―― 「外食チェーン店への客による迷惑行為動画」ニュースは勿論、最悪のケースでは「日本国土にミサイルが飛来する」とかの情報も入ってこない

"videos of customers causing trouble at restaurant chains" or, in the worst case scenario, "missiles flying over Japan"

という事態が想定されるのです。

『情報格差』という言葉がありますが、これも、その一態様のように思えます。

The term "information gap" seems to be another example of this.

―― 公衆の衛生を害するような動画を投稿したら、社会的に制裁を喰らう(というか、社会的リンチ(*)といいましょうか)

"If you post a video that is harmful to public health, you will be socially sanctioned (or perhaps we should say socially lynched(*)"

という事件は、これまでも、腐るほどありました。

Such incidents have been and are rotten.

(*)リンチとは私刑ですので、「社会的リンチ」は形容矛盾です。

(*) Lynching is a private punishment, so "social lynching" is a figurative contradiction.

この程度の情報なら、普通にテレビでニュースを見ていれば、誰だって知り得ることです。

This level of information is something that anyone who watches the news on TV would know.

それにもかかわらず、何度も、同じような事件が繰り返されていることに首をかしげている人も多いかと思います。

Nevertheless, many people are scratching their heads at the fact that, time and again, similar incidents are being repeated.

私は、別段に不思議には思っていません。

I am not wondering otherwise.

-----

今回の回転寿司事件では、4名の人物が特定され、逮捕されています。

Four individuals have been identified and arrested in the recent Kaiten Sushi case.

比して、現在の高校生は330万人、大学生は292万人います。ざっくり620万人としましょう。

In comparison, there are 3.3 million high school students and 2.92 million college students today. Let's say roughly 6.2 million.

4 ÷ 6200000 = 0.0000065 です。

4 ÷ 6200000 = 0.0000065.

今回の事件を起こした人物の比率は、155万人に対して1人です。

The ratio of the person who caused this incident is one to 1.55 million.

つまり、回転寿司事件を起こした4人の彼らは、「155万人に1人の『超低能エリート』」といえるエクセレントでアメージングな存在なのです。

In other words, the four of them who caused the Kaiten Sushi incident are EXCELLENT and AMAZING, the "1 in 1,550,000 'super low elite'".

そんな、超エリートの行為に対して、620万人の若者全体を判断するのは ―― それは、いくらなんでも、若者に対して失礼と言えましょう。

To judge the entire 6.2 million young people for the actions of such a super-elite -- that is, to any degree, disrespectful to the young people.

逆に言えば、我が国の若者の社会的常識は、極めて健全であると断言できます。

Conversely, I can assure you that the social common sense of our country's youth is extremely sound.

このような事件がニュースになること自体、彼らの高いモラルを、褒め称えてもいいくらいです。

The fact that such incidents make the news is in itself a compliment to their high moral character.

それはさておき。

That aside.

-----

これは仮説ですが『事件を起こした彼らは、新聞はもちろん、テレビのニュースすら見ていなかったのではないか?』ということです。

This is a hypothesis, but 'they who caused the incident, did they not even watch the newspapers, or even the TV news?' This is what I mean.

The new currency (value that can be converted into numerical values) called "buzz" is described below, so I will omit it this time.

つまり、

In short,

『炎上事件を起こした彼らと、WBCの日本優勝を知らなかった私の間には、"情報格差"という観点では、大差はないのではないか』

"I think there is not much difference in terms of "information gap" between them, who caused the fire incident, and me, who did not know that Japan won the WBC"

ということです。

まあ、私の場合は単なる「無知」で済みますが、彼らは、そこに「犯罪者(*)」が加わる点が、決定的に異なると言えますが。

Well, in my case, it would be mere "ignorance", but they are decidedly different in that they add "criminal(*)" to the mix.

(*)刑事事件として起訴されて有罪判決が確定した後にですが。

(*) After being indicted and convicted in a criminal case, though.


2023-03-25 ―― 法律とは、「数学の証明」あるいは「システムのプログラミング」と同じである [長年日記]

I am going to watch "PSYCHO-PASS PROVIDENCE THE MOVIE" as well.

このアニメのおかげで、随分勉強をさせられたものです。

Thanks to this animation, I have learned a lot.

_ https://wp.kobore.net/%e6%b1%9f%e7%ab%af%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%ae%e5%bf%98%e5%82%99%e9%8c%b2/post-9510/

まあ、それはさておき。

Well, let's leave that aside.

-----

私が法学のゼミに通っていた時、民法の一部である特別法(特許法)の「工業所有権法(産業財産権法)逐条解説」などを読み込み、その講義を受け、さまざまな法律とその運用における解釈が、複数あることに驚きました。

When I was attending a law seminar, I read the "Industrial Property Law (Industrial Property Law) Verbatim Commentary" and other lectures on special laws (patent law), which are part of the Civil Code, and was amazed at the multiple interpretations of the various laws and their operation.

そして、様々なユースケースに対して、もっとも妥当で、多くの法律学者や、法律の運用者によって支持されているものが、「定説」と呼ばれるものになる、というプロセスにも感動しました。

I was also impressed by the process by which what is most reasonable and supported by many legal scholars and practitioners of the law for various use cases becomes what is called "settled law.

―― 法律とは、「数学の証明」あるいは「システムのプログラミング」と同じである

"Law is like "mathematical proof" or "programming a system"

と気がついた時に、生れて初めて、『法律を「美しい」』と思いました。

When I realized that, for the first time in my life, I thought that the law was "beautiful".

私の「法治」という考え方の信頼は、あの時から発生したと思うのです ―― それは、すでに40歳近い年齢でしたが。

I think my faith in the idea of the "rule of law" occurred at that time -- even though I was already almost 40 years old.

-----

PSYCHO-PASSの主人公の常守 朱(つねもり あかね)も、「法の支配」に対する絶対的な信念を持っているようです。

Akane Tsunemori, the protagonist of PSYCHO-PASS, also seems to have an absolute belief in the "rule of law".

しかし、その信念の発生のプロセスが、よく分からない ―― というか、アニメや映画の中では描かれていないように思えます。

However, I'm not sure about the process by which this belief arises -- or it doesn't seem to be depicted in the animation or film.

常守 朱は、エリート中のエリートですから、私のような泥くさい勉強を経なくても、「法治の美学」を理解できていた、という可能性はあります。

Since Akane Tsunemori is one of the elite of the elite, she might have been able to understand the "aesthetics of the rule of law" without going through the muddled study process that I went through.

しかし、私のように、勉強というプロセスでしか対象を理解できないような凡庸にとっては、この部分が分からないと、今一つ、主人公の気持ちに寄り添えないのです。

However, for a mediocre like me, who can only understand the subject through the process of study, if I don't understand this part of the story, I can't get close to the feelings of the main character at the moment.

-----

もしかしたら、小説の方を読めば、分かるのかもしれません。

Perhaps if I read the novel, I might understand that.

So I pushed the button to order it.


2023-03-26 『自作のプログラミングコード一本で、研究原資という"タマ"を取りに行く』 [長年日記]

仕事であろうが趣味であろうが、私は、プログラミングをやります。

I do programming, whether it is for work or as a hobby.

そして、「好きなプログラミング」と、「嫌いなプログラミング」を分けるものは2つあります。

And there are two things that separate "programming I like" from "programming I hate".

―― 仕様と納期

"Specifications and delivery date"

です。

is.

------

自分の思い付きで好きなように機能を追加できて、しかも、納期がなければ、プログラミングは「娯楽」といっても良いです。

If I add functions as I wish with my own ideas without any deadline , programming can be called "entertainment".

多分、ネトゲに限らず、囲碁とか将棋なども含めて、いわゆるゲーマーと呼ばれる人が、ゲームをしている気持ちと同じだと思います。

Probably, it is the same feeling that so-called gamers, including not only netgames but also Go, Shogi, etc., have when they play games.

まあ、私はゲーマーじゃないから分からないのですが、世界をこれほど熱狂されているのだから、多分「ゲームとは凄く面白い」のだと思う。

Well, I don't know because I am not a gamer, but I think that since the world is so enthusiastic about it, perhaps "games are great fun".

I may be missing out on life because I don't understand the value of the game.

まあ、それはさておき

Well, let's put that aside.

-----

逆に、他人に仕様を決めつけられて、納期があれば、プログラミングは「地獄」に変わります。

On the other hand, if someone else dictates the specifications and there is a deadline, programming turns into "hell".

まあ、どんな仕事でも、同じだと思いますが。

Well, I guess it's the same in any job.

まあ、自分が「娯楽」で作ったプログラムが、仕事に転用されることで、その後の作業が「地獄」に変わることがあります。

Well, a program that I created for my "entertainment" can turn into "hell" when it is converted into a job.

―― 私は、「地獄」生成するために「娯楽」をしているのか?

"Am I "entertaining" to generate "hell"?"

と思うと、時々、情けない気持ちになります。

Sometimes I feel sad when I think about it.

-----

とは言え、私は『庖丁一本 晒(さらし)にまいて・・・』と同じ立ち位置で、

However, I stand in the same position as in "one kitchen knife, wrapped in bleached cotton...",

『自作のプログラミングコード一本で、研究原資という"タマ"を取りに行く』

With a single piece of home-made programming code, I'm going to get the "money" from the research fund.

という、仁義なきシニアの日々を送っております。

I live a senior life without honor day by day.


2023-03-27 ―― 第二次世界大戦中の日系アメリカ人の強制収容も、こんな感じで決めつけて実施してきたんだろうな [長年日記]

基本的に、私は『国家(権力)がやろうと思えば、できないことはない』と思っています。

Basically, I believe that 'there is nothing the state (power) can't do if it wants to.

例えば、私が、国家から暗殺の対象となったら、私の死は確定的です。

For example, if I am targeted for assassination by the state, my death is certain.

仮に、私が、殺し屋を返り討ちにしたとしても、国家は次の暗殺者を送り込んできます。

Even if I were to turn back an assassin, the state would send the next assassin.

国家が、その方針を変更しない限り、何度も何度も殺し屋が送り込まれてくる訳で、そんなもの逃れようがありません。

Unless the state changes its policy, the assassins will be sent back again and again, and there is no way to escape them.

今、騒ぎとなっている「中国政府がTikTokから個人情報を引き出そうとする」件については、まだ疑惑の域を出ていません。

The current furore about the "Chinese government trying to extract personal information from TikTok" is still beyond a suspition.

ただ、中国政府がやろうと思えば、必ずやれます。

However, if the Chinese government wants to do it, they "will" do it.

これは確定事項です。

This is a definite matter.

-----

On the other hand, the fact that information was extracted by the Chinese government has not yet been revealed in the previous case of Huawei's telecommunications equipment.

(Since at least the technical verification should have been completed, it is possible that it is being kept undisclosed to the public and is being used as a bargaining chip between governments.)

ともあれ、アメリカ合衆国という国は、「大量破壊兵器がある」と決めつけて、国連決議を得ないまま、単独で戦争をしかけて、その国の体制を完全崩壊させた挙句、『探したけど、大量破壊兵器はなかった』と平気で言うことのできる国です。

Anyway, the United States is a country that can assume that there are weapons of mass destruction, launch a war on its own without a UN resolution, completely collapse its system, and then say with impunity, "We searched but found no weapons of mass destruction.

それに、私は、今でも『1989年に日本に対して一方的に発動された、スーパー301条による経済制裁』の恨みを忘れていません。

And I still remember the bitterness of the "Super 301 economic sanctions" unilaterally imposed on Japan in 1989.

-----

TikTokに関する米公聴会の様子をニュースで見ていたのですが、

I was watching the US hearings on TikTok on the news, and I am sure that

―― 第二次世界大戦中の日系アメリカ人の強制収容も、こんな感じで決めつけて実施してきたんだろうな

"the incarceration of Japanese Americans during WWII was also determined and implemented like this"

と、容易に想像できます。

今も昔も、米国合衆国政府は、

Now and then,

『ひとたび"敵"と認定すれば、法律やら証拠やら、そういうものをすっ飛ばして、何をしてもいい』

"Once they identify someone as an enemy, they can do whatever they want, without regard to laws, evidence, or anything else"

というDNAが受け継がれているように思います。

I think this is the DNA of the U.S. government.


2023-03-28 「仲間を作らない」「友人を持たない」「恋人を諦め、結婚を人生のスコープ外とする」 [長年日記]

私には、多くの「欠点」がありますが、同程度に多くの「弱点」があります。

I have many " drawbacks", but equally as many " weaknesses".

その一つに、

One of them is

―― 沈黙に耐えられない

"I can't stand silence."

があります。

-----

恋人たちがデートで黙って食事をしている様子を見ると、色々なことを考えてしまいます。

When I see lovers eating in silence on a date, I think about many things.

彼らは、

(1)会話の必要すらないくらい心が通じあっている

(1) They are so much in tune with each other that there is not even a need for conversation.

(2)食事とは、食を楽しむものであって、会話をすべきではないという、ポリシーが共通している

(2) They share the policy that meals are for enjoying food and not for conversation.

(3)すでに、デートのプロセスでしゃべりすぎて、しゃべるネタが尽きた

(3) They have already run out of things to talk about, having talked too much in the dating process.

(4)妥当なネタが思いつかない

(4) They can't come up with a suitable story.

のどれかか、あるいは、私の思いもつかない何かなのか、さっぱり分かりません。

I have no idea if it is one of these or something else I can't think of.

-----

I wrote in this diary before, "-- Silence is violence in a presentation. Do you understand that?"

同じように、デートの途中の沈黙もまた、暴力のように感じるのです。

Likewise, to me, the silence in the middle of a date also feels like violence. so I think

『デートの相手に、暴力ふるったらアカンだろうが』

"Don't be violent with your lover you're on a date with"

と思うのですが、しかし、どうも、この「話題」というのは、昨今の若い世代を越えて、人類史における大きな課題のようなのです。

However, apparently, "topic" seems to be a major issue in human history, beyond the recent younger generations.

-----

世の中の多くの人が、話題そのものに苦慮してる状況は「デートでの話題」でググッれば分かります(7220万件ほどヒットします)。

You can Google "dating topics" to see how many people in the world are struggling with the topic itself (you'll get about 7.2 million hits).

そして、「話題の枯渇」が引き起こす最悪のケースが「セクハラ、パラハラ」です。

And the worst case of "topic exhaustion" is "sexual harassment and para-harassment.

話題に詰まると、相手の年齢や恋人の有無、出身地、仕事の内容などのネタに転がりんでしまうのは、「お約束」です。

When you get stuck on a topic, it is "routine" to fall back on topics such as the other person's age, whether or not he/she has a girlfriend, where he/she is from, and what he/she does for a living.

食料やエネルギの枯渇が戦争を引き起こすように、話題の枯渇はハラスメントを発生させるのです。

Just as the exhaustion of food and energy causes wars, the exhaustion of topics causes harassment.

私の場合、普段から、ネタを捻り出す練習(このブログとか)をすることで、そのような方面に向かわないように心掛けているつもりですが、上手くコントロールできているかどうかは分かりません。

In my case, I usually try to avoid going in that direction by practicing to come up with stories (like this blog), but I am not sure if I am controlling it well.

-----

ところが、これはこれで、また、別の問題を発生させるのです。

This, however, creates another problem.

―― 江端が一人がしゃべっている状況の発生

"A case of a situation where Ebata speaks only"

です。

いわば「1000本ノック」のような状況です。

It is a "1,000 knocks" situation, so to speak.

これ、「沈黙」と同程度に悪い状況です。

This, is a situation as bad as "silence".

会話はコミュニケーションですので、キャッチボールのように、会話の回数や時間は、等分でなければなりません。

Since conversation is communication, the number and duration of conversations, like a catch-all, must be equally divided.

その為には、話題のネタは、相手が新しいネタに展開できる程度の量と内容にしなければなりませんが ―― これが、なかなかに難しいのです。

In order to do this, the topics of conversation must be of sufficient quantity and content that the other party can expand on them with new material -- which is quite difficult.

-----

このような状況を総括すると、

To sum up the situation,

「飲み会に出席しない」「デートをしない」、

"I don't attend drinking parties" or "I don't go on dates"

転じて、

in addition,

「仲間を作らない」「友人を持たない」「恋人を諦め、結婚を人生のスコープ外とする」

"I make and have no friends," "give up on lovers, and take marriage out of the scope of their lives"

というのは ―― これはこれで、なかなか理にかなったな戦略ではないかなぁ、と思うことがあります。

Sometimes I think this is a strategy that makes a lot of sense.


2023-03-29 ―― カップルの双方が、話題提供アプリと骨伝導イヤホンを装着してデートをする未来 [長年日記]

The following diary was uploaded yesterday.

I did a little research and found that there is something called "ToPick - an app that provides topics of conversation for drinking and dating".

このアプリ、恋人との電話の会話などでは使えそうですが、デートで使うのは厳しそうです。

This app could be used for phone conversations with a girlfriend, but it would be difficult to use it on a date.

ヒアリングのインターフェースに関しては、

As for the hearing interface,

―― 骨伝導イヤホンを装着して音声で聞く

"wear bone-conduction earphones and listen to the voice"

とかすれば、なんとかなりそうですが、入力インターフェースが問題です。

would help, but the input interface is a problem.

デートをしながら、どうやってスマホに指示を出すか?

How do you give directions to your phone while on a date?

『デート中のスマホの会話を監視し続け、適切なタイミングでスマホが自動的に話題を提供してくれるアプリ』の開発が必要となります。

The development of "An app that keeps monitoring the conversation on your phone during the course of a date, and at the appropriate time, your phone will automatically provide a topic of conversation" should be needed.

しかし、これは、現在の技術で十分スコープ内です。

However, this is well within scope with current technology.

-----

―― カップルの双方が、話題提供アプリと骨伝導イヤホンを装着してデートをする未来

-- A future where both couples date wearing a talking-head app and bone-conduction earbuds.

私、この未来が「同時通訳アプリよりも早く登場する」と思います。

Me, I think this future will appear "faster than simultaneous interpretation apps".

なぜなら、ユーザ数がケタ違いだからです。

This is because the number of users is off the charts.

-----

このアプリの登場によって『既存のデートの概念が、根底から覆(くつがえ)る』と思います。

I believe that this application will "overturn the existing concept of dating from the very foundation".

ただ、どういう風に覆るのかは、まだ分かりません。

However, I do not yet know how it will be overturned.

『陽キャの恋愛一極支配を崩す、恋愛機会均一を成しとげるか』

"Can we achieve an equal opportunity for love that will break the unipolar dominance of love in the extrovert?"

はたまた、

or,

『恋愛格差を、絶望的なまでに拡大させるか』

"Are we going to let the love gap widen to the point of hopelessness?"

大変興味深いです。

It is very interesting.

皆様のご意見もお伺いしたいと思います。

I would like to hear your opinions as well.


2023-03-30 しかし、現実の事故は、そのような膨大なシミュレーションの想定を、易々(やすやす)と乗り越えて、やって来るのです。 [長年日記]

I watched "Meltdown File.8 "Part 2: New revelations 12 years after the accident""

茫然自失(ぼうぜんじしつ) ―― というのでしょうか。

I guess I could call it "stupefaction".

『テレビを見ながら、立ち竦(すく)む』という、という体験をすることになりました。

I had to go through the experience of 'standing there, stunned, watching TV.

-----

この番組の要旨を、乱暴に3点で纏めます。

I will summarize the gist of this program in three roughly different points.

(1)あの消防隊員の皆さんの文字通り『命をかけた』原子炉への給水が、逆にメルトダウンを加速することになった

(1) The water supply to the reactor that the firefighters literally "risked their lives" for accelerated the meltdown.

(2)原子炉の圧力を下げる「ベント」は、あの段階では「やらない方がよかった」

(2) "Venting" to reduce reactor pressure "should not have been done" at that stage

(3)ところが、上記(2)によって、原子炉の圧力が下がり、その結果、まったく予想していなかった貯水場から水が引き上げられて、結果として、溶解した燃料を冷やすことになった

(3) However, (2) above caused the reactor pressure to drop, resulting in water being pulled up from the water reservoir, which was completely unexpected, and consequently cooling the dissolved fuel.

つまり ―― その時点において「もっとも良い」と判断した選択が「最悪の事態を導き」、その「最悪の事態が、結果としてさらなる最悪の事態を防いだ」ということであり、

In other words -- the "best" choice at the time "led to the worst," and that "worst prevented further worsts" as a result.

私にとって、最大の衝撃は、

For me, the biggest shock was, that,

『システム制御を行う人間の意図と全く関係なく、勝手に事態が進み、勝手に停止した』

"The situation that proceeded on its own, and then stopped on its own, completely beyond the intentions of the people controlling the system"

ということです。

これは、原子力を制御するエンジニアにとって『完全敗北』といっても過言ではありません。

It is no exaggeration to say that this is a 'total defeat' for the engineers who control nuclear power.

-----

原子力発電所の運用については、電力会社や委託先の大学で、考え得る限りの事故シミュレーション(模擬試験)を行なっていると言われています。

It is said that the power companies and the universities to which they outsource the operation of nuclear power plants conduct every conceivable accident simulation.

シミュレーションの実施以前に、そのような事故シナリオを考え出すストレスは、想像を絶する苦しい作業だと思います。

I know that the stress of coming up with such an accident scenario prior to conducting the simulation is an unimaginably painful task.

しかし、現実の事故は、そのような膨大なシミュレーションの想定を、易々(やすやす)と乗り越えて、やって来るのです。

However, real accidents easily overcome such a huge number of simulation assumptions.

-----

以前から申し上げておりますが、制御システムというのは、自動車であれ、飛行機であれ、発電所であれ、ロケットであれ、繰り返し失敗を続けることで、その安全性や信頼性を、少しずつ向上させていくものです。

As I have said in the past, control systems, whether for automobiles, airplanes, power plants, or rockets, gradually improve their safety and reliability through repeated failures.

However, only "nuclear power plants" cannot use this major principle of control systems.

失敗のリターンが、メチャクチャにデカイからです。

Because, the return on failure is huge.

■事故から12年経った今でも、2万人が避難生活を続けている

"Twelve years after the accident, 20,000 people are still living in evacuation shelters"

という、現状の悲劇は勿論ですが、

This is, of course, the tragedy of the current situation, however,

■今回の事故の最悪ケースでは、東日本の全てが立ち入り禁止地区になっていた

"In the worst case scenario of this accident, all of eastern Japan would have been a no-go zone"

ことを、否定できる人間はいません。

No one can deny this.

-----

という訳で、私は、いつも通りの結論に至ってしまうのです。

So I come to the same conclusion as usual.


2023-03-31 私は生れて始めて『AI技術による廃業』の予感を感じました ―― 最初の犠牲者は、語学教師です。 [長年日記]

日常的にChatGPTを使い倒しています。

I use ChatGPT on a daily basis.

「珍しく本当に役に立ちそうなAI技術」と認めています。

I admit "It's a rare AI technology that could be really useful".

しかし、ChatGPTは、(現時点では)『分からなくても答えを捻り出す』という悪いクセがあります(かなり見抜けるようになってきましたが)。

However, ChatGPT has a bad habit (at the moment) of "twisting answers even not knowing them" (although I'm getting pretty good at spotting them).

ですので、論文の要約などを語らせる時には、ダブルチェック用に使っています。

So I use it for double-checking when I have them talk about summaries of papers, etc.

-----

ChatGPTのアプリケーションで、私に衝撃を与えたのが、コレです(YouTubeに飛びます)

One application of ChatGPT that struck me was this one (jump to YouTube).

This is an interactive class for English conversation by ChatGPT.

スマホで会話のキャッチボールをすることができて、その会話に違和感がない。

I can catch a conversation on my phone and feel comfortable with that conversation.

どっかの会社のマヌケなChatBotとは比較になりません。

It cannot be compared to some company's dumb ChatBot.

-----

私は生れて始めて『AIによる廃業』の予感を感じました ―― 最初の犠牲者は、語学教師です。

For the first time in my life, I had a premonition of "AI out of business" -- the first victims will be language teachers.

だって、英語が当たり前にしゃべれないような教師が、教育現場で英語を教えている国なんて、我が国だけですよ。

Japan is the only country in the world where teachers who do not speak English teach English in an educational setting.

AI技術のプログラムを組めない奴が、AI技術のプログラミングを語っているのと同じくらい滑稽です(ええ、はっきり言って、私は、そういうやつらを"バカ"にしているのです)。

It is as ridiculous as someone who can't program AI technology talking about programming AI technology (Well, to be clear, I am making fun of them).

上記の映像を見て頂ければ明らかですが、そんな教師より、ChatGPTの方がはるかに"マシ"です。

As the above video clearly shows, ChatGPT is much "better" than such teachers.

-----

I, previously, have prophesied that the essence of English will cease to be "communication" and become merely an "interface".

Both the inside and outside of a human being are put together as "attributes" and then all of them are further passed through and the relationship between "that person" and "I" becomes a worldview governed only by the value of "is/is not worth it".

ところが、このChatGPTの語学教育機能は、私のこの「インタフェース世界観」を、すっかり低次元にまで落してしまったのです。

However, the language education function of ChatGPT has completely reduced this "interface worldview" of mine to a lower level.

つまり、「機械(コンピュータ)に語学を教えてもらう」ことで、「機械(コンピュータ)とコミュニケーションを行う手段」を習得することになった、ということです。

In other words, by "having a machine (computer) teach you a language," you have acquired "a means of communicating with a machine (computer).

纏めますと、『英語のコミュニケーションにおいて、「人間」が介在する意味が失われた』 ―― ということです。

It means that the significance of "human" intervention in English communication has been completely lost.