0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2012-03-31 73シーベルト [長年日記]

=======

東京電力は27日、福島第1原発2号機の原子炉格納容器内に線量計を入れて計測し、最大で毎時72・9シーベルトの高い放射線量を確認したと発表した。2012/03/27(火)

=======

まあ、原子炉格納容器内部なんですから、この程度の値は当然なのですが、それにしても分かりにくい。

単位を統一すればいいのに。ミリシーベルトで良いと思う。

73000ミリシーベルト

と言えば良かろうが。

で、基本的な考え方は、

「人が死ぬような放射能といえば、3000から4000ミリシーベルト」(「神の火」高村薫))

を基準として考える。

-----

日常生活では、自然界から年間5ミリシーベルトの被曝はデフォルトなので、1時間あたりは、

0.0006 ミリシーベルト/時 (0.571マイクロシーベルト/時)

となり、一方、ガレキから出ている放射線量(一例)は

0.00005 ミリシーベルト/時 (0.05マイクロシーベルト/時)

だから、数値だけで見る限りは、ガレキより、自然界(太陽光線や宇宙線)の方が、12倍も危険だ、とも言える。

-----

とは言え、「ガレキに全く危険がない」とは言いきれないと思う。

なにせ、人類がまだ体験したことのない態様で保存しなければならないし、人類は、太陽光線や宇宙線には、10万年にも及ぶ「慣れ」があるけど、ガレキの放射線が、それと全く同一の放射線という訳でもないだろうから。

放射線の放射方向(「頭上から」と「地面から」の違い)も気になる。

-----

けど、個人的には、格納容器の爆発の時の逃亡準備を図っていた時と比較すれば ――

―― その恐怖は、限りなくゼロに近い。