0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2013-04-04 ITスキルがない若者の未来は絶望的に暗い [長年日記]

「秋葉原で1000円程度で手に入るMP3プレーヤーを購入して、自分と家族に与えています」

というのが、昨日の日記の書き始めでしたが、当初と違う結論の内容になってみたので、本日は、再度書き直しです。

-----

昔、「カセットテープ」というものがありました ―― という書き方をしなければならなに時代になっているのですねえ(感慨深い)

「カセットテープ」とは、両面合わせて60分程度の音楽を録音、再生する為の記憶媒体です。サイズは掌で掴める程の大きさのものです。

当時、私達は、音楽というものの「カセットテープ」という「有体物」で把握していました。あるいは「レコード」「CD」とかを含み、とにかく音楽はリンゴやバナナと同じく、人間の手によって流通される「物」だったのです。

少くとも、それはネットワークを通じてやってくるものではなく、どこかの小売店で購入する「物」だったのです。

-----

このパラダイムを最初に壊したのが、「ダブルカセット」というカセットテープを2つ入れることのできうる、カセットテープの複製装置でした。

当然ダブルカセットでカセットテープを1本複製するのには、当然60分やら90分なりの時間が生じていたものですが、それでも「複製権侵害を助長する装置だ」といって、音楽業界からはゴウゴウたる非難を受けたものです。

ですが、我々は気楽に複製しては友人との間でカセットテープの交換をしまくっていたものです。

逆に言えば、そのような「違法流通ルート」の維持の為に、友人関係を維持していたという側面を、(少くとも私は、完全には)否定できません。

つまり、多くのCDを購入することができた「お金持ちの家の子供」というのは、優遇されるという時代であったと言えます。

-----

さて、ここで話は変わります。

昨日の日記で、「娘が自分のこづかいでPODを購入」した時に、私は、「いかなるサポートもしないので、そのつもりで」と宣言しておきました。

自分の力で、音楽PODへの録音や録画ができないようなら、いつまでもたってもITスキルは向上しないし、そして、

―― ITスキルがない若者の未来は、絶望的に暗い

と信じているからです。

音楽や映像コンテンツを自由自在に操れない人間が、情報の差別化を受けていくことは自明です。

ソーシャルメディアを使いこなせない若者が、差別を受けているという現実があります。例えば、求人情報を、ソーシャルメディアに限定しているという企業は、どんどん多くなりつつあります(私は不愉快に感じてはいますが)。

-----

で、娘の話に戻りますが、かれこれ3週間ばかり放っておいたのですが、ついに根を上げてきました。

「あるコンテンツをインストールできない」と泣きついてきました。

「ちゃんとGoogle検索してみたか」と確認したところ、「ちゃんとやった」と応えたので、さっそく取りかかってみました。

―― 30分後に完了

-----

「お前なぁー、ちゃんと本気で調べたんか!」と文句を言ったところ、

「ちゃんと調べたもん。2時間も」と答えたので、私はヘナヘナと床にしゃがみこみそうになってしまいました。

―― ケタが違う

せめて「20時間」と言って欲しかった。

-----

なんかねー、ITを舐めているとしか思えないんですよね。

ITが面倒くさくて、うっとうしくて、思い通りに動かなくて、腹が立つ、というのは、圧倒的に認めるにしても、

仕方ないじゃないですか。ITって、そもそもが、そういうものなんだから。

-----

「お金持ちの家の子供」が優遇された時代は終焉を迎え、今や「ITを使いこなせる資質を有する子供」が優遇される時代に変わりつつあるように思えます。

「スマホを子供に持たせるかどうか」などというレベルの議論をしている場合じゃないかもしれません。

もしかしたら、「情報機器を子供に使わせない」ということが、「子供への虐待」となるという時代は、あんまり遠くないのかもしれません。