0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2013-06-04 「私以外の」多くの著作者の皆様にお願いがあります [長年日記]

ツイッターによって、皆が構えることなく自由に意見を言えるようになっています。

ですから、ツイッターというのは、一種の井戸端会議ですから、どうしても、その井戸端会議に参加していない人への「悪口」になると思うのです。

例えば、我々は、誰かの著書や、あるいは新聞記事に対して、ツイッターで自由な批判をします。

自由な批判とは、この場合、本来の趣旨とは関係のない、自分の感情の悪態を含むものが多いです。

「バカ」「アホ」「低能」「どうかしている」「勉強不足」「死ね」「キチガイ(を文字を変えて記載する)」などです。

-----

例えば、あなたがある日の新聞記事に対して、批判ツイートをしているとします。

その時、あなたは「何」に対して発言をしている気持になっているのでしょうか。

私が思うに、それは「人」にではなく、「法人」または「新聞社のビル」ではないかと思うのです。

多くの人は、そのようなつぶやきを「広い海に向って、言っている」「高い山に対してしゃべっている」という程度の意識なのだと思います。

「どうせ、自分の意見など、無視されるだけで大した意味はないだろうし、何かを動かすこともないだろう」

「だから、多少、過激なことを言っても、構わないだろう」と。

私も、長い間、そのように考えてきました。自分が、著作物を提供する側になる前までは。

-----

「私の著書」に関して、あなたが、汚ない言葉を吐いている前に立っているのは、「海」でも「山」でもありません。

「私」です。

私は、あなたの顔の前、10cmのところに、あなたのツバが届くあたりで、私は立っています。

あなたは、私に凝視されながら、私の目の前で、暴言を吐き続けていることになります。

私が何も言わないからといって、何も感じていない訳ではありません。

私は、目の前で悪口を言われてニコニコしていられるような、温和な人間ではありません。

私は激怒しています。

-----

ですが、感情に身を任せてはなりません。

そのような発言を制約するような行動を取っては、ツイッターの本来の目的を毀損することになります。

ですから、「私以外の」多くの著作者の皆様にお願いがあります。どうか、このような無礼なツイートの数々に耐えて下さい。

「私以外の」著作者の皆さんの我慢が、このような自由な発言の土壌を作っているのです。大変意義のあることなのです。どうか、分かって下さい。

-----

まあ、しかし、私一人くらいのことなら、そのような発言に対して、徹底的な報復を行っても大丈夫でしょう。

どうせ、「広い海に向って言っている」「高い山に対してしゃべっている」くらいのことでしょうから。