0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2013-07-29 次世代の「道徳」教育 [長年日記]

私はYoutubeとかLine等のソーシャルメディアが登場してきたき、組織の内部告発などに活用されていくのだろうな、と思っていました。

しかし、

■イジメをしている当の本人がイジメている映像を流していたり、

■打ち合わせ中の顧客の悪口をツイートしていたり、

■来店した有名人の様子を逐次報告したり、

■店舗の機材(アイスクリーム冷凍保存装置)に入ったことを知らせたり、

と、

「お前たちには『脳』がインストールされていないのか」と言うような事件を、日々間当りにして、本当に驚いています。

-----

で、驚くべきことに、このような事件は、何度も同じパターンで、繰り返し起っています。

―― 学習能力がないのか?

とも思ったのですが、そうではなく、リアル世界とネット世界の棲み分けが理解できていないのだろう、と思っています。

「イジメの動画」「悪口」「職務に関する守秘義務情報」「悪ふざけ」は、リアル世界の閉じた空間と時間の中では ―― それほど大きな問題にならなくとも、

それがネット社会に流れ出ていった瞬間、化学反応に近い変化を起こして しまうことが、

―― 感覚的に理解できていない。

-----

この「感覚」を理解するには、なんども失敗を重ねて学習を続ければ良いのですが、ソーシャルメディアでの失敗は、「取り返しがつかない」ことがお多いのです。

私も結構な回数、失敗してきたのですが、そのネット世界の媒体が「電子メール」で留まっていたことは、今となっては幸運だと思います。

当時の電子メールが「火縄銃」だとすると、今のソーシャルメディアは「大量破壊兵器」くらい、一度失敗すると取り返しがつかないからです。

事実、ソーシャルメディアでのたった一回の失敗で、

■職を追われ、

■会社がつぶれ、

■写真、実名、経歴、過去の全てが晒され、

■100年のブランド価値が1日で瓦解し、

そして、

■自殺にまで追い込まれる

高齢者が、このようなネット媒体を忌避するのは、それが使い熟せなのではなく、その「恐しさ」を直感的に理解しているからではないか、とまで思い始めてきました。

-----

もはや、ネット社会と離れて生きることは難しい。

ならば、学校教育において、ネットワークの構造、文章の書き方、トラブルシューティングを、ケーススタディで一つ一つ教えていくしかないでしょう。

私は「道徳」といく教科が、(その名前からして)大嫌いなのですが、このネット社会の教育は、この「道徳」の時間こそが、ピッタリ当てはまるような気がします。