0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2014-02-06 「彼女がいなくてもしょうがない」という免罪符 [長年日記]

ここ一週間くらい「理系女子」という単語をよく聞きますが、私達の時代では、すでに、「理系男子」という言葉は普通に使われていました。

This week, I often hear the word "science girl". In my generation, the word "science boy" was also used frequently.

今になって思えば、差別的な用語だったとも思えますが、一種の「免罪符」としても機能していたような気がします。

With hindsight, I think "science someone" is a sort of discrimination word. But the word was also used as s indulgence as a following phase.

―― 彼女がいなくてもしょうがない

"It cannot be helped that we don't get a girlfriend".

-----

(1)学校に女性がいないのですから(正確にいうと「少ない」)、当然出会いがない。

(1)There is no (few) girl in our department of college, so it is natural that we have no change to meet a girl.

(2)出会いがければ、つきあえない。

(2)No girl, No love.

(3)つきあえないから、勉強や研究に専念できる。

(3)No love, to study hard.

(4)勉強や研究に専念するから、出会いはない。

(4)To study hard, no girl.

と、あとは(2)~(4)が、卒業までグルグル続けて、結局、在学中には彼女はできない、と。

The above (2)~(4) keeps in a circle, and we cannot get a girl friend during campus life.

「俺たちの主戦場は、卒業後だ!」という、後ろ向きの掛け声が、私達の時代に、確かにあったのです。

The sprechchor(in German) "Our real battle field will be coming after graduation" had been shouted in our younger generation.

-----

しかし、理系男子のする発想としては、かなり非論理的であることは、明らかであると思います。

However, you know, it might be clear that this paradigm was non-logical for the science boys.

一言で纏めますと、

In one phase,

『学生時代ですらできなかった彼女が、就職してからできる訳がなかろう』

"Why do you think that you can get a girlfriend in work day, even if you could not do in college life?”

ということです。

-----

しかし、理系男子と言われている者たちが、この程度のロジック破綻に気がつかない訳がありません。

They were called "science boys", so there was no reason for overlooking the fault for them.

要するに、彼ら(私ら)は、彼女がいない現実に対して「目をつぶっていたかった」のです。

In short, they (we) wanted to ignore their (our) daily life with no girlfriend.