0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2023|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2024|01|02|

2014-02-10 『やっかいな所に来てしまったなぁ』と思いました。 [長年日記]

私が、京都で学生時代を過した当時、終バスが「午後3時40分」という、信じられない場所に(好んで)住んでいました。

When I was a college student at Kyoto, I lived in a super-local area (at the period. Now the area is very convenient), for example, the the last bus was coming at 3:40 p.m.

一番近いコンビニエンスストアまで、歩いて片道30分の辺鄙な場所でしたので、通学や食料を確保する為に、雨であろうが雪であろうが、バイクに乗っていました。

I took more than half hour to get a nearest convenience stores, so I had to have a motor-bike to get around to commute and to get foods against rains and snows.

バイクは、私にとっては、文字通りの「ライフライン」だったのです。

The bike was my lifeline in the literature.

そりゃもう、どれだけ転倒して負傷したことか分かりません。

I don't remember how much I got traffic accident and was injured.

交差点を普通に曲っていたら、バイクといっしょに転倒して、交差点の端っこまで吹っ飛んだこともあります。

When I turned at a cross in a snow day, I toppled over and was blown off at an edge of the cross.

「このままだと飢えて死ぬ」「このまま病院に行かないと、ここで死体になる(豪雪 in 体温39.5度)」という事態にでもならない限り、バイクで雪道を走るなんて、普通に考えれば常軌を逸する行為です。

Generally speaking, driving a bike on snow roads is an aberrational action, except for reasons of "starving to death, breathing heavily with a high fever".

-----

先週の土曜日、関東では記録的な豪雪となり、その影響は二日たった今朝でも、影響を与えています。

On last Saturday, the record snowfall was coming in Tokyo Metropolitan area, and many victims are now going on, despite of passing two days.

ちょうど今朝くらいのタイミングが一番危ない。

I think this morning should be the most dangerous.

平野の普通の道路では除雪されていても、住宅街の丘陵地区の道路は、昨日の好天で解けた雪の水で凍結しています。

Though the snow is melting in a flat town area, they becomes water and refreeze ice in a hill town.

-----

今朝、私が通勤路の丘陵の道路を歩いていた時、前方に人混みが見えました。

This morning, I saw a few persons in a crowded in front of me on my commuter road.

―― イヤーな予感がしました。

I had forebodings about that.

そこには、横転したバイクと、道路を塞がされて止っている車両数台と、の所有者の男性と、バイクを支えようとしている、車の運転手または近所の3人のご婦人方がいました。

There were a bike rolling on the road, several cars stuck, the man who seemed to be the bike owner, and several women who seemed to be trying to lift the bike up.

『やっかいな所に来てしまったなぁ』と思いました。

I am afraid that I came to an awkward situation.

最近、私は「人助け」で酷い目にあっているので、なるべく、こういう事件には関わりたくないのです。

I didn't want to relate to such an accident because I had some terrible troubles in these days.

「関わりあいのないことでござんす」という感じで、そそくさと逃げようとしたのですが、「天の助け」とばかりにこちらを見ている、女性の視線が痛い。

However I tried to run away from the place as soon as possible, I felt painful for their gaze that expected my help.

仕方がないので、女性陣を下がらせて(実際に危なかったので)、バイクの荷台を支えて、バイクの所有者の男性にアドバイスしました。

It is no use acting as an unrelated person, so I asked the ladies to step back, stay the bile by my hand and gave him some advice.

「ギアをローに入れて、スロットルを徐々に開いて」

"Shift into the first and, open the throttle slowly."

「バイクを垂直に維持して、スリップさせながら、移動して」

"Keep the bike vertical and move with slipping.

と助言しながら、その場から動かすことに成功しました。

We could escape from the stuck place.

運転手の方が、「(アシストは)もういい」と言うので、『まだ急所は抜け出していないだけどなぁ』と思いましたが、私はバイクから手を離して、そのまま駅の方に歩き出しました。

The driver asked me not to support any more, I stopped helping him, thought I knew it was still in dangerous condition.

後ろの方で、男性の悲鳴のようなものが聞こえたような気がしましたし、バイクが横転しているような風景を見たような気もしましたが、

However I had a feeling of both the man was crying and the bike was rolling again,

「気のせい」と言いきかせて、その場からそそくさと立ち去りました。

I moved on the spot as soon as possible with saying "just imagination" in my mind.

-----

私は、バイクで雪道を走る人に、優しくするようには、できていないのです。

I am not kind of any person who drives a bike on snow road.