0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2014-02-12 婚活三国志 [長年日記]

先日、三国志のN次創作(このNは相当に大きい数だろう)である、「孔明のヨメ。」の第三巻が出ていましたので書店で購入しました。

The other day, I bought the comic book "Wife of KOUMEI" of the third volume that is the N order's creation of "Sanguozhi".

最近、この「孔明のヨメ。」は、我が家では結構な人気コミックとなっており、二人の娘だけでなく嫁さんも読んでいるようです。

Recently, the comics have become popular among my family, and not only two daughters but also my wife is enjoying them.

-----

私、三国志という物語は、そこそこ好きですが、狂ったように好きという訳ではありません。

I like "Sanguozhi" so-so, but I am not crazy for the story;

しかし、娘たちには、三国志のおおまかなストーリーは教えておきたいと思っています。

Nevertheless I want to tell two daughters about the rough story.

目的は、

The purpose is for

―― 婚活

Activities of marriage

です。

-----

男性の中には、一定の割合で、三国志ファンというのは存在しています。

There are "Sanguozhi" funs in male group at the constant rate.

その中には、吉川英治版等の三国志を読み込んできている者もいると思います。

Some of the men could read in the Eiji-Yoshikawa edition.

ゲームや漫画でしか知識を得たこともないような輩はカウントしないとすれば、ある程度、一定の知識と知性を有していることが、推認されます。

Ignoring the only gamers or comic readers, we can estimate that they have intelligent and acquirement to some extent.

とすればですね、合コンなどで、三国志の話をしている男性の話に割り込んで、

When my daughter attends at a mixer and just says the following phase,

『そうね、軍師は「孔明」よりは、私は曹操群の「郭嘉」の方が好きかな~~』

"In my case, I prefer Kakuka to Koumei as a strategist."

と、一言でも言えば、

―― その合コン、他の女性を制圧して、勝ったも同然。

My daughters are going to have the mixer in the bag, with bringing under other girls control.

-----

と、この話を娘(長女)にしたところ、

When I told her the above strategy, she said,

『パパ! 私、三国志の勉強、がんばるよ!!』

"Papa! I will start the study of "Sanguozhi" as soon as possible!!"

と、目を光らせていました。

with a gleam in her eye.