0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2014-04-04 私にとって、そんな幸せな時代があったのですよ、かつては。 [長年日記]

昨夜、西尾維新さんの最新刊、「終物語(下)」を楽しく読んでいました。

Last night, I enjoyed reading "Owari-monogatari(latter)" written by Ishin Nishio-san.

主人公の二人がデートでカラオケボックスに行って、カラオケ装置による歌唱力の合計得点を競い会うというシーンがでてきました。

In the book, the scene that the hero and heroine competed in singing songs with scores from the karaoke-machine appeared.

機械による歌唱力の得点というのは ―― エンジニアとして断言しますが ―― 全然当てになりませんよ。

As an engineer, I can determine that the score is not trustworthiness absolutely.

だって、その機械のパラメータを設定している当人が、エンジニアですから。

The parameters of the machine must be tuned by engineers.

エンジニアの思考形態は大体読み取れるんですよ、私は。

I can estimate how the engineers make the score algorism.

(1)音程の周波数解析をする、(2)音量の特徴点が発生する時間の差異を計算する、(3)上記(2)(3)のシンクロ率を評価関数として得点化する。

(1)analysis of key frequency, (2)calculation of the time between specified points of sound, (3)making score as synchronic ratios from the (2)(3).

多分、この3つくらいでしょう。

Maybe there looks like the above three points.

搭載できるメモリやCPUの性能を考えれば、これ以上の機能を搭載するエンジニアはいないだろうし、多分「やる気もない」と思う。

No engineer tries to load another function from the view points of memory and CPU and have spirit to do them.

この3つのパラメータの場合、自分なりの個性で上手く歌おうとすればするほど得点は悪くなる ―― まあ、だから、「戦場ヶ原ひたぎ」さんは、落ち込む必要はないんです。

According to the above parameters, the score becomes worse, the better she sings a song.

So, I think that Ms. Hitagi Senjyougahara doesn't let her down.

-----

私が学生の頃、大学祭では「コンピュータうらない」というのが結構流行っていたのですが、あれくらい当てにならないものはありません。

When I was a college student, there were many branches that showed "Computer fortune-telling" in college festival. I know well that are squiffy doo.

なにしろ、文系で外国文学を専攻していた、私の嫁さんが、占いプログラムのコードを入力していたくらいですから。

My wife who majored in English literature input the programming code to personal computer.

『凄いじゃん! アルゴリズムから設計したの?』

"Great! Did you design the algorism?"

と驚く私に、

I was surprised to heat it from her, she said,

『いやー、なんかパソコン月刊誌に書かれていた文字を打ち込んだだけだけど』

"I just input meaningless many characters from a PC magazine"

と言っていました。

「コンピュータ」と言うだけで無条件に信頼され、「コンピュータを操作できる」ということだけで、不当なくらい絶大な尊敬を勝ち得ていた ――

私にとって、そんな幸せな時代があったのですよ、かつては。

The period absolutely existed that

Everybody believe anything with the word "computer”, and everybody respected me only because I could use computer.

Once, the days made me happy overwhelmingly with no reason.