0207|09|
0223|04|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2014-04-16 「江端さんともあろう人が、いまさら、何、言っているんですか」 [長年日記]

Previously, I wrote about the novel "Brave New World" by Aldous Leonard Huxley.

これは、あの悪名高い「優生学」の理論を押し広げて、一種のユートピア(読者から見るとディストピア)の世界を描いています。

This novel describe a kind of utopia based on the expanded eugenics theory (dystopia from the view of readers)

例えば、人間を機械的手法で3種類量産して、その一番下の階層の人間については、

For example, the world makes three types of human by mechanical processes, and the lower level humans,

■遺伝子を操作して、わざと知性を劣化させた上で、単純肉体労働力として確保されおり、

are generated as non-intelligent and labor-class human by gene abuse operation, and

■さらに、その遺伝子操作によって、そのような労働が「幸せである」と刷り込まされてている。

are brainwashed that the heavy labor makes them happy.

つまり、オルダス・ハクスリーの描く世界には、幸せな人間しかいないのです。

In short, no unhappy person are in the novel.

-----

さて、ここで、この世界の差別的な観点や人道的、または倫理的問題を、全部無視するとした時、「この時、私は、この社会を、否定する論理付けはできるのか?」

I am annoying if I can make a theory to deny the utopia society regardless of discrimination, humanitarian, and ethics.

と言う問題で、ずっと悩んできました。

これを否定できなれば、私は、ナチス党の政策の根幹であった「優生学」もまた否定することができず、そして、ある人種を絶滅させる行為も、また否定することができない ―― と考えたからです。

I am afraid that if I don't, I also deny neither eugenics that was the basic policy of Nazi nor extinction of a specified race.

-----

という悩みを、後輩にしたところ、

When I asked my junior fellow a advice, he was saying

「江端さんともあろう人が、いまさら、何、言っているんですか」

"What are you talking now, Mr.Ebata, of all people?"

と言って、私の前で、軽々と、その「否定する論理付け」を展開して見せました。

He showed me the reasoning to deny the eugenics easily.

長くなるので、その内容は省略しますが、簡単に言うと「優生学」の「優生」の定義に瑕疵があることで、論理付けができる、という論旨でした。

Today, I omitted the theory (because it is too long). In short, he made his point clear from the view of the meaning of "dominance".

―― あ、なるほど。そういうことね

"Oh, I got it!"

と、私は納得したのですが、なんとなく負けたような気もしました。

I could understand his drift of an argument perfectly, and the same time, I felt to regret to confess myself beaten.

-----

彼以外にも、私の職場(研究所)には、私の考えた理論を援用して、私の考えを否定する後輩などが、ゴロゴロいまして、

In addition him, there are a lot of junior workers in my office(laboratory) to try to deny my thought with using my previous theory.

―― 実に小憎いまでに、賢いんですよ、彼らは。

In fact, hateful and cool guys, they are.