0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2014-04-28 "誰でも自分を自覚するべきだ。でないと。……見ている側が馬鹿馬鹿しい" [長年日記]

先日、たまたまYoutubeで、アニメ「氷菓」をレビューしました。

Yesterday, I happened to watch an animation "Kyouka" by Youtube.

アニメそのものとしても、大変素晴しい作品なのですが、それ以上に、この作品の凄いところは、単なる青春映像ではなく、人生そのものを映している、という点にあります。

This animation is no complaints. This original work of art is wonderful. Moreover the deeply important point is that this work shows not only bloom of youth but also life itself.

-----

"とある運動部に補欠がいた。補欠はレギュラーになろうと極めて激しく努力したが、レギュラーにはなれなかった。そのクラブには、その補欠よりずっと有能な人材が揃っていたから。"

There was a substitute player in certain sports club. The substitute was very vigorous effort to become a regular, but he did not regular. Because qualified members were enough in that club.

"その中でも、天性の才の持ち主がいた。もちろん、補欠の技量とは天と地の開きがあった。

A girl-genius was among them. Of course her ability was far from the substitute.

"彼女はある大会で非常に優れた活躍をし、MVPにも選ばれた。インタビュアーが彼女に聞いた。「大活躍でしたね。秘訣は何ですか?」彼女はこう答えた。

She played very well in a tournament and she was selected as the MVP too.

When an interviewer asked her why she won, she answered,

"「ただ、運が良かっただけです」"

"Just good luck"

"この答えは、その補欠にはあまりに辛辣に響いたと思うけど。どう?"

I think the answer was too acrimonious for the substitute. How do you think?"

"誰でも自分を自覚するべきだ。でないと。……見ている側が馬鹿馬鹿しい"

Anyone should be aware of themselves. If not, we feel that we all are fool clown.

(氷菓 第10話 「万人の死角」)

(Hyouka episode 10 ""Blind spot for all of people")

-----

私が今の職場に入社して、先ず、最初に覚えた絶望。

The first desperation after joining my company was

それが、

―― 努力は才能を越えない

"Ability counts for more than effort."

努力で越えられる程度の能力は、しょせんは「才能」の名に値しないものなのです。

The ability that was overcome by effort is not suitable for the name "ability".

私の父は、よく私に「努力は天才に勝つ」と教えてくれましたが、残念ながら、父は、人生において「天才」に巡り合う機会がなかったのでしょう。

However my father often told me that "effort pays in long run", I am afraid that he had no chance to meet a real genius.

「天才」の前に対峙した時の、その圧倒的に、神々しいまでの能力というものを、―― 多分、父は知らない。

Maybe he didn't know that overwhelming and awe-inspiring ability a genius owned.

-----

絶望という泥の中で這いずり回って生きることは、本当に苦しいことなのです。

Living by crawling in the mud of despair would therefore really painful.

だから、高みを目指すことから降りる人や、降りていく人を、私だけは、非難したくないのです。

So, I do not want to blame anyone go down or get out of the aim of heights.