0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2014-09-25 「で、一番辛いのは何倍ですか?」 [長年日記]

本日、秋葉原の事業部に出張だったのですが、その帰り道でお昼ごはんを食べてきました。

Today I went to a department around Akihabara area for my business. After the meeting, I had a lunch in

カレー専門店です。

A specialist shop for curried rice.

メニューを見ながら、ウエイトレスのお姉さんに相談していました。

Watching the menu, I talked with a waitress for my choice.

江端:「このカレーって、辛さは調整できるんですか」

Ebata:"Can I set the spicy level for this chicken curry with rice?"

お姉さん:「はい。そこにも書いてありますが、辛口が6倍、大辛が12倍です」

Waitress:"Sure. Spicy is the six times, and super-spicy is the twelve times, as described."

江端:「で、一番辛いのは何倍ですか?」

Ebata:"What is the spiciest level?"

お姉さん:「はい? ・・いちおう、最大70倍までできますが」

Waitress:"Yes? "Seventy times" is possible if you want"

江端:「では、その『70倍』で」

Ebata:"So, the "seventy times", please"

お姉さん:「・・・お客様。70倍ともなると、カレールーの色が変わるくらいの辛さになりますが」

Waitress:"Sir. If you choose the level, the color of curried seems to be different from the original"

江端:「うん、多分大丈夫。構いませんので、それでお願いします」

Ebata:"I think that it might be O.K. Don't worry. Please give me that"

お姉さんは、『どうなっても知らないぞ』という顔をして、そのまま厨房にオーダを出していました。

She had a look like "I don't know what will be happened" and ordered it to the kitchen.

-----

結論:大丈夫だった。辛かったけど、楽しかった。カレーはこうでなくてはならない。

The conclusion:

It was all right. Though it was hot, it was fun. The curry must be like that.

付帯事項:「舌」は辛さを受けいれたけど、「胃」が酷いことになった。東海道の電車に載っている最中に、胃痛で苦しむことになった

―― けど、戸塚駅に到着した時には、すっかり元通りになっていました。

The additional matter:

Though "the tongue" accepted bitterness, "stomach" became terrible. When I ride on a train in Tokaido-line, I suffered from my stomach ache.

However I arrived at Totsuka-station, I completely recovered.

-----

「北極ラーメン」で鍛え続けた私の体は、すでに「北極ラーメン仕様」の肉体として、完成しているようです。

My body which I keep strengthening with "Hokkyoku ramen" seems to be completed already as the body of "Hokkyoku ramen" specification.