0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2014-10-04 多くの人から「寂しい奴」と言われるので、多分、私は「寂しい奴」なのでしょう。 [長年日記]

私は、「一人メシが大好き」なのですが、これを他人に理解して貰うのには、これまで随分苦労をしてきました。

Though I love "lunch alone", I know well that it is very difficult for many persons to understand the love.

多くの人から「寂しい奴」と言われるので、多分、私は「寂しい奴」なのでしょう。

Many people tell me that I am a lonely man, so maybe I think that I am a lonely man.

「友人がいない奴」に至っては、私自身が認める「客観的な事実」です。

Though they also say to me that I have no friends, this is a really fact I have already admitted.

だから、これらのフレーズは、私への悪口にはなりません。

So, unfortunately, these phrases doesn't make me attack at all.

-----

厳密に言うと、私が好きなのは「一人メシ」ではなく、「一人読書メシ」です。

Strictly speaking, I prefer "lunch alone with a book" to just "lunch alone".

そして、この「一人読書メシ」というのは、さらに評判が悪い。

However, this "lunch alone" is in disrepute more.

■食事を作ってくれる人に対して敬意がない。

- No honor for persons who cook lunches.

■食事のマナーとしていかがなものか

- Bad table-manners.

■本を汚す

- Books becomes stains.

等々。

なるほど。これらには一理あります。

Well, these criticisms sound logical.

ではこのアンチテーゼとして、「二人以上メシ」を批判してみましょう。

As an antithesis, I try to critic "lunch with your friends".

■人としゃべりながら食事をするのは、食事に対して敬意があるのか。マナーとして「良い」と言えるものなのか。

- "Lunch with talking to your friends" has an honor for persons who cook lunches, isn't it? Is it really good manner?

この理論を厳密に適用するのであれば、私を非難する全ての人は、友人達と一緒に食事をする時に、何もしゃべらず、黙々と、厳かに食する必要があると思うのです。

I think that all persons who attach me, should eat lunch with keeping silent without uttering a word, and with solemnity.

■他人としゃべりながら食することは、危険ではないのか。

- There is an enormous risk with talking with others.

しゃべっている時の体液(唾液)の初速度は早く、それ故、拡散範囲も広いです。

The initial speed of sputum is fast, and they expand relatively around wide area.

そのしゃべっている人が、潜伏期間中のウイスル性疾患(例えば、インフルエンザなど)に罹患していた場合、何が発生するかは明らかです。

If a person who are talking, catch a disease of viral illness during period of incubation, it is easy to know the next.

すべての体液(唾液)の受け皿となる、食事の容器が、テーブルを埋めつくさんばかりに広がっているのです。

There are a lot of dishes on a table, which are able to catch the sputum.

もはや、「二人以上メシ」が、病原菌拡散装置として機能していることは、論を待たないでしょう。

Nobody could not deny that ""lunch with your friends" is working as a viral expansion mechanism.

-----

とは言え、「一人メシ+読書」が、奇異な風習として差別されることは、仕方がないと思います。

I know well that "lunch alone with a book" is treated as an odd custom and discriminated by many persons.

でも、これをロジックで否定するのは、かなり難しいのですよ。

However it is very difficult to deny this custom logically.

明日も続けます。

To be continued.