0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2014-10-19 その写真を見た時、私は愕然としました。 [長年日記]

(昨日の続きです)

先日、長女の誕生日祝いで、バイキングレストランで会食をしていた時、娘の持っているイヤリングに気がつきました。

The other days, I noticed her earring of my daughter, when we dine out for her birthday ceremony.

ねじ等で耳たぶを挟んで固定するタイプの、大きなサクランボ2つを模したイヤリングだったのですが、非常に重量は軽くて驚きました。

The earrings were type to fix across the earlobe with screws with fake cherries. I was very surprised that they were too light.

これを娘から貸して貰って、装着し、それを娘のスマホで撮影して貰いました。

I asked my daughter to lend me the earrings, and to shoot me by her smart phone.

その写真を見た時、私は愕然としました。

When I saw the picture, I was really shocked.

『似合わない』『気色が悪い』 ―― というのであれば、私は笑って流せたと思うのです。

I thought that I didn't care if I was not suitable or was looking bad. I could laugh my fears away.

そういう言動で傷つく時代は、すでに2周前に終っていましたので。

The time had already gone to hurt me against such phrases more than before twenty years.

私がショックを受けたのは、

What I was really shocked was that

―― サクランボが、完全に見えなくなっていた

"I could not find the big two cherries in the picture at all"

ということです。

それは、私の「おっさん力」が、サクランボの「可愛いらしさ」を、圧倒的に凌駕してしまい、

That means, that my power of "old man" has surpassed the power of "pretty cherries" overwhelmingly, and,

私が、そのイヤリングの存在に気がつくことができない程に、強力で圧倒的な「おっさん力」が全面に現われてしまった、ということです。

I have already brought up the power of "old man" without notices, as the degree to which something I could not find existence of the earring.

-----

『不可逆』

"Noninvertible"

偽りの装い(装飾品、化粧など)で、戻ることのできる領域を完全に超えてしまった、この「おっさん」の悲しさを、

A sorry of this old man, who have completely exceeded the domain that he could return by the fake accouterment (ornaments, makeup)

―― いずれ、誰もが知ることになる。

"Every one of them is going to know that."