0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2015-01-07 正月三が日でも、一本メールを入れてくれるという、その配慮が嬉しい [長年日記]

この年末年始、実家で父の食事を作りながら、DI/DOコントローラの制御プログラムを作っていました。

This New Year holiday, I tried to make a controller program for DI/DO control with cooking for my father at my parent's house.

あるメーカが提供しているミドルウェアのAPIを使っていたのですが、最初のプログラムの起動処理が上手くいかず、正月2日まで、パソコンの前で唸っていました。

I used a middleware API that a product maker has provided, but I could not make the program start up well, I have been annoying in front of my PC.

―― こりゃ、もうダメだな

"I should give up it now."

と観念した私は、1月3日に、詳細なレポート(試した全部のパターンの操作等の羅列)を作成して、そのメーカにメールで送りつけて、プログラムの作成を断念しました。

I make the thorough report that I wrote all my trials about the program, and sent it to the maker. After that, I suspended the PC.

『まあ、年始めに、電話がかかってくるだろう』

I thought

"The calling will come at the first day of work after New Year's"

と思っていたら、その日の内に、営業担当者からメールがやってきました。

But a mail came to me from a salesperson of the maker on the day.

=======================

お世話になっております。

Thank you for your help.

私、△△社の営業担当をしております○○と申します。

I am John Smith, the salesperson of my company.

お問い合わせ頂きました下記メールの件、あいにく弊社のほうが1/4(日)までお休みとさせて頂いております。

According to today’s your mail, we are very sorry, but our first work day is going to at the fifty.

1/5(月)にあらためて担当よりご連絡させて頂きますので、お急ぎのところ申し訳ございませんが、今しばらくお待ち頂けますようお願い申し上げます。

Unfortunately, I am going to contact you at the day. Please wait for a while.

以上、よろしくお願い致します。

We are terribly sorry for your inconvenience.

△△社営業担当 ○○

Best regards,

John Smith, the salesperson of the company.

=======================

たったこれだけのメールで、私のこの会社の製品への好印象は、指数関数的に増大しました。

For just this short mail, the favorable impression of this company became growing exponentially.

正月三が日でも、一本メールを入れてくれるという、その配慮が嬉しい。

Even it was the period of the New Year's holiday, giving me the mail made me happy.

ただ、こういう日本型の木目細かいサービスが、色々な会社を「ブラック化」させる遠因にもなっているんだろうなぁ ―― とも思ってしまいました。

But I was afraid that this typical Japanese service will make companies, so called "black", as a remote cause.

(To be continued)