0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2015-03-06 ―― 図書館にある本の全部を「ドラエモン」にすること [長年日記]

(Continuation from yesterday)

私は、

I say that

■英語は「必要」だ。だから、英語教育の内容を軽くしよう

"English is necessity. So let us try to save the weight."

と言っているのに対して、

この作家夫婦は、

In opposition to my opinion, the couple say

■数学は「不要」だ。だから、数学教育の内容を軽くしよう

"Mathematics is no necessity. So let us try to save the weight."

と言っているのです。

この2つの間には、決定的な違いがあるのです。

There are despairing difference between the above two.

-----

私は、心の底から「不要な学問などはない」と信じている人間の一人です。

I believe that there is no unnecessary discipline in the world at the bottom of my heart.

今でも、古文や漢文の勉強をし直して、源氏物語や三国志を原文で読んでみたいと思っていますし、

Even now, I want to study ancient writings and classical Chinese again, and try to read the tale of Genji and three will in the original text.

特に近年の宗教を背景としたテロリズムを理解する為に、一から世界史を学んでみたいと思っています。

Especially, I want to study world history from scratch again, in order to understand the intentions of terrorist based on the religion.

しかし、私の人生のリストには、古文や世界史の勉強以上にやりたいことが100項目ほどあり、残念ながら人生の長さに追いつきそうにないです。

But I have a long long wish list of my life, and unfortunately I will not finish doing another events.

ですが、そのように古文や漢文や歴史の勉強をしたい人がいれば、可能な限り援したいと思うのです。

However, if there are persons who try to study ancient writings, classical Chinese and world history again, I want to help him/her possibly.

-----

日本国民の義務として「子どもに教育を受けさせる義務」があるのは ―― もちろん、国家を維持する為の手段だから ―― ですが、

There is a "duty to let a child receive education" in Japan, because it is for the means to maintain this nation.

私たち個人の視点から考えると、「私たちが教育を受ける権利」で得られる利益とは、

From the private point of view, the merit of "a right to receive education" is, I believe,

―― 図書館にある本の全部を「ドラエモン」にすること

"to change all of the books in the library into comics of Doraemon"

であると信じています。

(「ドラエモン」は、聖書の次に、世界でもっとも多くの人に読まれている本だそうですね。リーガルか否かはさておき)

I heard that "Doraemon" is the second best-seller books in the world, next to the Bible. I don't know whether comics has been released legally.

古文が、漢文が、そして数学が、「ドラエモン」のように楽しく読んで理解できるようになればなれば、人生はもう、それだけでパラダイスになるはずです。

If books of ancient writings, classical Chinese and mathematics become enjoyable and understandable like "Doraemon", our life is going to be in a paradise.

確かに、学校教育での勉強は苦痛を伴う「作業」かもしれません。

Certainly, any study in school might be a kind of operation with pain.

しかし、「学問」とは、分野に関係なく、ディズニーランドも真っ青な「究極のエンターテーメント(娯楽)」であると信じています。

But I think that any discipline is a extremely entertainment that even the Disneyland cannot realize.

だからこそ、全ての学問は「実学」なのです。

Therefore, all disciplines are practical.

-----

ただのエンジニアに過ぎない私ですら、その程度のことを「知って」います。

Even I, as just a common engineer, know something of that level.

比して、作家ともあろう人物が、

In contrast to me, the persons who are called “writer”, has argued

―― 二次方程式などは社会へ出て何の役にも立たないので、このようなものは追放すべきだ

"The quadratic equations is not useful for our life at all, so we should banish these equations"

などと主張していることは、「これが本当に文学に関わっている人間の言動か」と呆 れてしまうというレベルを超えて、怖いと感じる程です。

"Is the behavior of literary persons really true ?"

I feel scared beyond disgusted.

(To be continued)