0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2015-03-15 だからね。こういう才能を羨んでも無駄なんですってば。 [長年日記]

(Continuation from yesterday)

さて話を戻します。

Back to the board.

今回のイラストは、連載のコンセプトを表現する大切なものなので、特別に重要だと考えています。

An picture of this time is very important. Because it is going to express the concept of the next serialization.

そこで、長女にイラストを依頼することにしました。

Therefore I decided to ask the first daughter for an picture.

イラストのコンセプトを説明し終わった後で、

After explaining the concept of the picture, I chatted with her.

江端:「本当に、真剣な気持ちで、コミケ(コミックマーケット)に行ってみようかと思っているんだよね」

Ebata:"I want to go to the comic market in this summer, seriously"

長女:「何しに?」

Daughter:"What for?"

江端:「仕事の依頼に」

Ebata:"For job interview"

長女:「・・・?」

Daughter:"...?"

江端:「絵を描ける人に、助けて貰いたんだよ」

Ebata:"I want to ask them help for my work"

長女:「仕事を依頼するの? そんなお金あるの?」

Daughter:"Do you hire them? Do you have money?"

江端:「お金は払えないけど、クレジットなら払える。絵を提供して貰う代りに、コラムの中で、その人の名前やペンネームを開示して貰って、Webサイトへのリンクを張る・・・、という条件を提示したらどうかな?」

Ebata:"I cannot pay money, but I can give their credit. Do you think the idea that I can allow them to open their name or pen name and to make a link to their homepage in return for the picture? "

長女:「それなら引き受ける、という人はいると思うなぁ」

Daughter:"I think that some persons accept the condition."

江端:「問題が2つある。まず、『どうやってイラストのコンセプトを理解して貰うか』ということ。メールだけで伝えることができるかどうか不安だし、といって、毎回打ち合わせをするのは、時間を喰い過ぎる」

Ebata:"But there are two problems. First, "How I tell the concept of picture." I am afraid that the mail is not enough, but the F2F meeting is to spend more time."

長女:「もう一つは?」

Daughter:"Second?"

江端:「『納期の絶対厳守』。何せ、私も依頼されている書いている身の上だからね。イラストを描いて貰うことが、ボトルネックになったら、シャレにならない」

Ebata:""Absolute adherence of delivery date". I am also asked to deliver my work by the deadline. If the job interview makes a new bottleneck, it is a joke."

長女:「それが心配なの?」

Daughter:"The two issues are your pending aren't they?"

江端:「制約されない世界で、自由な創作を楽しんでいるアマチュアの人に、プロの仕事お願いをしようとしている訳だからね」

Ebata:"I am trying to ask amateurs who are enjoying their creations without any restriction to do professional work."

というような話をしならがら、長女はさくさくと下絵を書き続けました。

Talking aside, she continued making rough drawings.

-----

だからね。こういう才能を羨んでも無駄なんですってば。

So to envy these talents is in vain.

長女は、絵の勉強を1秒もしたことがなくても、3次元の物体の形状を、思い通りの角度からイメージして、2次元に落すことなど造作もないのです。

Thought she has not experimented drawing study, it is easy for her to make the image of the object on paper, even if it is a drawing of three dimensional object from any angle.

私にできることと言えば、長女にお茶やお菓子を運んで、ご機嫌よくイラストを描いて貰うことだけです。

What I could do is to make tea or carny sweets for her, to ask her for the picture with polishing the apple.