0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2015-03-30 ―― 男の子って、好きな女の子ができれば、母親を忘れるのに3秒もかからないよ [長年日記]

以前、従兄弟の親戚家族と会食したことがありました。

I have eaten with the relative family of the cousin before.

その時、可愛い盛りの男の子のお母さんとお話をしたのですが、その子どもへの溺愛っぷりが凄くて、ちょっと引いてしまいました。

Then, I talked with a mother of the boy in full pretty, and her blind love to the child was great, and totally turned me off.

「○○ちゃんは、お母さんのことが、世界で一番大好きだもんね~~」と、レストランで公言する姿は、微笑ましい光景と言えなくもありませんでした。

I was dumbfounded that she advertised that "You love me the best in the word, don't you?" in a public area. It looked like a kind of heartwarming scene.

ただ、私は、この時『このお母さん、男の子というものを、よく分かっていないな~~』と思い、一言事実を告げておきました。

But I though "she doesn't understand well what a boy is" and I gave her one advice.

言わなくても良いことだったかもしれないのですが、これまでこういう場面に、何度もで出くわして来たこともあったので。

It might not have been necessary to say to her, but I faced several same situations in my life.

-----

―― 男の子って、好きな女の子ができれば、母親を忘れるのに3秒もかからないよ

"A boy forget his mother in less than three second, when he has a girl friend."

と。

そのお母さんの顔が、見る見る真っ青になり、連られて、私も青くなってしまった程です。

After them, she looked pale very soon. I also became to look pale to watch her face.

-----

息子を持つ母親の皆さん。

To mothers who have a son.

あなたの息子への愛は、疑いようがありません。

I never double your love to your son.

しかし、息子の方から見れば、『母親がそれほど必要だと「思われていない」という事実』は、今のうちに知っておいた方が良いと思います。

But from the view of your son, it is true that your son thinks that you are not indispensable to your son's life.

I hope you know it, before it become too late.

無論、私も同様に、娘に3秒で忘れられ、そして、それで良いのです。

Needless to say, I am also going to be forgotten by my daughters", and it is natural.