0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2015-07-09 『アップグレードバイオレンス(UV)』 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

先ずは称呼ですね。

Firstly I think an appellation.

この「暴力」を何と呼ぶべきか。

What should I call this violence?

ドメスティックバイオレンス(DV)と呼べないのであれば、インターナショナルバイオレンスと呼べばいいのか。いや、それだと、国際紛争や戦争になってしまうか。

If it is difficult to say "Domestic violence(DV)" in this case, "International violence" might be good. But I am afraid that it is not good because that means international dispute or war.

—— ならば、

『アップグレードバイオレンス(UV)』

"Upgrade violence(UV)"

これだな。

That's it.

「アップバージョンバイオレンス」でも"UV"の称呼は使える。

It is available even if "Up-version violence".

「紫外線(UV)」と混同されるかもしれませんが、危険度や嫌われ方において、同じようなものでしょう。

Some people might be confused with "ultraviolet(UV)" ,but both are almost same from the view of the danger or disgust.

-----

この機会にLinux(Ubuntu)に全面移行してもいいかな、と本気で考え始めています。

I really come to think that I am going to move the linux(Ubuntu) environment.

と、言いながら、これまでも同じようなことを考えてきました。

しかし、Windowsで動くアプリケーション数は圧倒的なので、結局、再び、Windows環境に引き戻されてきました。

But I have thought same things again and again for more than 20 years. Anyway numbers of windows application are tremendous, so I came back to the windows environment each time.

なんか、私のエンジニア人生、そんなことを繰り返しているだけだったようながします(まだ終っていないけど)。

Well, for my engineers life, I have always repeated same things again and again(However, I am not retired now)

これって、DVの配偶者と離婚に踏み切れない構造に似ているのかもしれません。

Maybe, this mind-set might be similar to the mind of person who cannot decide to divorce of the DV spouse.

-----

しかし、私のエンジニア人生、サラリーマン人生は、もうそんなに長くはない。

But a life time as a engineer or a business person is not so long.

Windowsとの離婚の準備を本格的に考えるには、良い時期なのかもしれません。

This time might be good for me to think out a preparation of divorcing with the Windows environment.