0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2023|01|02|

2015-09-01 だから、何人も江端を叱責してはなりません。 [長年日記]

以前、「貶される(けなされ)と、燃えるし、やる気になる」という後輩の話を聞いたことがあります。

Previously, I heard the story from a junior co-worker that "being abused motivated him".

この時「宇宙人に遭遇した」という感覚を持ったことを覚えています。

I felt that this was the first contact to an alien.

『そういう人って、本当にいるんだ』と、驚きました。

I was surprised that "He is a real human being in the world".

私はダメですね。

In my case, I cannot accept any abuse.

私が、貶された時の反応は、2つしかありません。

There are two patterns that I can react against an abuse.

「落ち込む」か「逆恨みする」です。

"getting down" or "resenting".

私は、「自分の失敗」から学んだことは数多くありますが、「他人の叱責」から学んだことなど一つもありません。

I could learn a lot from my faults, but I could not learn anything from scolding me.

だから、何人も江端を叱責してはなりません。

So nobody should scolds me.

江端は叱責すると、100%稼働率が低下します。保証します。

If you scolds me, my operating capability is going down dynamically.

-----

『これが、半世紀近く生きてきた男の言葉か』と、呆れられる方もいらっしゃるかと思います。

Some people might be fed up with saying "this is a opinions of almost 50 years old man isn't it?".

しかし、私のマインドは、ティーンエイジャの頃から、停滞したままです。

Unfortunately my mind has stopped since I was a teenager.

就職しようが、結婚しようが、子どもを持とうが、大した進歩はありません。

Even when I got a job, got married, had children, there have been no progress for me.

-----

私は、褒められると動くんですよ。

In opposition, I can work well even if I am praised.

自分でも驚く程の稼働率を叩き出すことがあります。

Sometimes I can get an amazing new record of my operation capability.

だから「褒めて欲しい」と思うし、それを安易に一般化しています。

So I want you to praise me, and I can generalise it easily.

つまり、

So to speak, I believe that

――「世間の人も、褒めて欲しいと思っているに違いない」

"Everybody in the world must want to praise them."

と思い込んでいます。

(続く)

(To be continued)