0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2015-12-22 私が敵意を表わにした時の声というのは、ハンパなく怖いそうです(家族談)。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

Aさんからの電話を受けた私は、最大限の「敵意」を発揮しながら、会話を始めました。

I tool a call from Miss A, and start to talk with the maximum alarm and hostile attitude.

江端:「どちら様ですか」

Ebata:"May I have your name, please?"

私が敵意を表わにした時の声というのは、ハンパなく怖いそうです(家族談)。

My family says that my voice with hostile attitude is not better than scare.

-----

一方、江端家の家長(江端<長女>の父)が電話に出たことを察したAさんは、

On the other hand, Miss A who noticed that a father of my daughter took the call, panicked and came to think

『結論からしゃべらなければ!』

"I should talk the conclusion first"

という状態で、パニックになっていたそうです。

―― 「江端<長女>さんとお話がしたい」って言えばいいのかな

"May I say "I hope to talk your daughter"?"

―― でも、それって「結論」だっけ?

"But is it a conclusion ? "

―― 「結論」って、この場合、電話をかけた目的を説明すればいいのかな?

"The conclusion is to explain the purpose of this call isn't it?"

私の方は、しどろもどろになっている少女の声に、「?」という感じで黙って話を聞いていたのですが、

On my side, I wondered why this girl was confused and heard her talk silently.

なんとか、<長女>の御友人であることが分かって、「敵意」状態を解除して、温厚な父親として振舞いました。

Before long, I could understand that she is a friend of my daughter, disarmed her, and behaved amiably as a gentle father.

手遅れだったみたいですが。

It seemed to be late.

(続く)

(To be continued)