0207|09|
0223|04|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2016-02-21 ―― 化粧(けわい)の匠(たくみ) [長年日記]

以前、新宿行きの通勤電車の中で、化粧しつづける女の人について記載をしたことがあります。

The other day, I wrote about a woman who continued to make up in the train to the final destination.

動き続ける電車の中で、ミリ単位のまつげを整える技や、ファンデーションの拡散のさせ方の技によって、30分の間にみるみる変化していく顔を見ながら、

I was moved to watch her techniques of making up, for example, tinting eyelashes, expanding foundations, and dynamical her face changing.

I remembered that I named her

―― 化粧(けわい)の匠(たくみ)

"professional of maquillage"

と言っていたことを、思い出しました。

-----

今朝、駅に向かって歩いている時に、顔面パックをしながら、自動車を運転している女性を見ました。

This morning, when I went to a station on foot, I watched a woman who was packing with driving.

「白面の者(文字通り)がハンドルを握っている」とビックリしました。

I was very surprised that "a person of white face(in the literature) is at the wheel".

しかし、私はこういう合理主義は嫌いではありません。

But I don't like this rationalism, like this.

匠の技は、今なお進化を続けている ―― と実感しました。

I confirm that, "professional of maquillage" is making progress, still now.