0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2016-11-06 ―― 考えている時間があれば、走り出してしまえ [長年日記]

昨日の話とも関係があるのですが、私の連載コラム、これまで2回ほど出版の話はあったのですが、いずれも流れてしまいました。

This is a related the diary of yesterday. about the series of my column, there were two sale times of printed book, however both were cancelled.

流れてしまった理由は、いずれも、

The reason of the cancel were

―― Webで読めるものを、わざわざ本として提供する価値は何か?

"What is a new value of printed book even if has already opened in the Web site."

という話に戻ってしまいます。

-----

Webのコラムは、枚数の制約も緩やかで、誤植も簡単に直せるし、読者からの苦情にもサクサク対応できるので、

According to the web based column, the restriction of the number of page is loose, the modification of typos are easier and the claim from readers is accepted readily.

私のように、

For me, it is good for a person like me,

―― 考えている時間があれば、走り出してしまえ

"Start running first, even if there is a time of thinking"

というタイプの人間には、結構、相性が良い媒体です。

逆に言えば、ページに制約があり、誤植の対応が大変で、自分の思うような表示(大文字とか、強調とか、改行とか)が自由にできない書籍は、私には合わないのかもしれません。

On the contrary, printed books are not good for me, because I am not good at controlling amount of pages and typos, and I prefer to use several types of fonts of characters.

それでも、やっぱり、本箱に収められる有体物としての書籍には、ある種の「憧れ」があります。

Even so, I cannot help but admiring the printed book on the middle shelf of the bookcase.

-----

しかし、私も、もう、半ば諦めています。

I have already given up the my dream.

私は、「私のコラムが、誰かの何かに役にたった」という話を聞かせて貰えるだけで、十分に嬉しいのです。

In my present frame of mind, "my columns are useful for someone" is enough for my joy.