0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2017-06-24 『当初の目的を忘れてどうする!』 と自分を叱責しながら [長年日記]

I am using the IME called "SKK" that enable me to type letters at "thinking speed".

普通の人が、このSKKで文字入力することはかなり難しいと思うので、このIMEは、パソコンのセキュリティにもなっているかもしれません。

Ordinary people might be quite difficult to enter characters with this SKK, So this IME may also be a security of personal computers.

一方、自分のパソコンを明け渡して、作業して貰うことができないという、でっかいデメリットもあります。

On the other hand, there is also a huge disadvantage that few people can support my work, using my computer.

マウス操作か、あるいは、英語・・・ではなくて、アルファベットで作業して貰うことになります。

I will ask to work with Mouse operation, or, not in English, but in the alphabet.

-----

ともあれ、

Anyway,

「ごめん、変態IMEを使っているので・・・」と言った時に、

When I say "I'm sorry, I am using a metamorphosis IME ..."

「ああ、SKKですか」

the engineer who can reply "Oh, is it SKK?"

と答えることができるエンジニアは、その瞬間、私からの信頼を勝ち得ることができます。

can win the trust from me at that moment.

とは言え、さすがの私も、家族にSKKの使用を強制するようなことはしていません ―― 「マニアック」にも程がある、と思うのです。

Nonetheless, I am not doing anything to force my family to use SKK, because it is too "Maniac".

しかし、SKKなくして、週末の一日で、30枚の原稿を書き上げるような、ミラクルもできないだろうなーとも思います。

However, If no SKK, I think I cannot complete writing up 30 sheets of manuscripts.

-----

困ったことに、最近、私のスマホ(Android)で動く、SKKがあることを知ってしまいました。

Be in trouble, recently, I have known that there is SKK running on my smartphone (Android).

―― Bluetooth対応のキーボードを購入すれば、パソコンを持ち歩くことなく、どこでも、スマホで原稿執筆作業ができるなぁ・・・

If I buy a Bluetooth compatible keyboard, I can do manuscript writing with a smart-phone anywhere, without carrying a personal computer,

と、うっとりしてしまっています。

I come to be fascinated with my dream.

が、「ハッ」と正気に戻って、『SKKのインストールも、キーボードの購入も、絶対にしないぞ』と改めて心に誓っています。

Returning to reality, however, I swear to my heart once again "I will never install SKK nor buy a keyboard."

with reprimanding myself, "don't forget the original purpose!"