0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2017-08-23 ―― 私には"ともだち"がいない [長年日記]

私は、ティーンエイジャの頃から、今に到るまで、

From the time I was a teenager, until now, I have not known the definition of

「友人」

"Friends"

の定義が良く分かりませんでした。

「友人」というからには、相互に「友人」であるという認定が必要なはずだ ―― という、面倒くさいことをずっと考えていましたので。

"If we use the word "friends", we should be certified as "friends" with each other" --- I have thought it is troublesome.

実際、誰かが自分のことを「友人の江端」と言っているのを聞くと、

In fact, when I heard that someone was saying "I am Ebata's friend", I always thought that

『私を、気安く"友達"と呼ぶな』

"Do not call me "friend" easily,"

と思っており、

そして、そのロジックはブーメランのように自分に戻ってきて、

And that logic came back to me like a boomerang,

『私は、彼/彼女を"友人"と呼んでもいいのか?』

"Can I call him / her" a friend "? "

という、自己撞着に陥いっておりました。

I always went felling into self - contradiction.

-----

しかし、この問題は、今、ITによって解決されているようです。

However, this problem seems to be solved by IT right now, is not it?

「"ともだち"申請」という、SNSの手続によって。

It is an "application for" friends ", by a SNS function

私の長年の哲学的アポリアが、技術的に解決された、という点において、

In my respect that my long-standing philosophical apolia was technically resolved,

「技術」というのは、やっぱり偉大だと思うのです。

I think that "technology" is still great.

-----

で、上記の技術によって、

On the other hand, by the above "technology", the fact of

―― 私には"ともだち"がいない

"I have no friend"

が、合理的に確定した、という訳です。

has been confirmed reasonably.