0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2018-06-27 「制約がない」ということは、結構、残酷なことだったりします。 [長年日記]

私がティーンエイジャのころ、電話機は家庭に1つしかなく、しかも、それは居間に設置されていました。

When I was a teenager, each house has one telephone which was installed in the living room.

それ故に、友人に ―― 異性であれば、なおのこと ―― 電話する時には、徹底したシミュレーション(練習)と、本来の自分にはない仮想人格を作るのに、全力を尽していたものです。

Therefore, when I have to call my friend, especially who was a girl, I struggled against her family by making a virtual character that was not mine, after thoroughgoing lesson of the presentation.

Today I will omit it. Read this if you are interested in.

-----

我が家では、光ファイバが引き込まれて、無線LANのアクセスポイント2台が、自宅のどこにいても快適な状態でアクセス可能な状態となっており ―― 当然、IP電話によって、家族全員が、それぞれの部屋で通話可能な状態になっています。

Now, my house has installed an optical fiber, and two wireless LAN access points are working. Wherever our family members are in my house, we can use IP phone.

課金フリーの、時間無制限の通話環境 ――

"Telephone environment with account and time free"

それは、リビングにしか電話がなかった時代から考えると、まさに理想の未来の到来のようにも思えるのですが ―― 娘たちを見ている限り、そんなに幸せそうには見えないんですよね。

From the viewpoint of my boyhood days, this looks like a kind of "ideal future coming", however, I don't feel that because of my daughter's features.

-----

「制約がない」ということは、結構、残酷なことだったりします。

"No limitation" is sometimes highly cruel.

先ず、

Because,

■「時間」という貴重な自分の財産が、他人によって一方的に搾取されていく

"Time" that is our precious asset is exploited by others.

ということもありますが、それ以上に、

Moreover,

■知識、知恵、話題などの、いわゆる「自分のリテラシーの欠如」が、簡単に、第三者に露呈してしまう

A luck of our literacy, like our knowledges, wisdoms and topics will be exposed by others easily.

からです。

「家族衆目環境下」で、「3分10円」という、強い縛りのあった時代には、決してバレなかった『自分の知性の底』が、客観的にバレてしまう ―― というのは、結構な恐怖だと思います。

In the era with strong restrictions of "cynosure of all eyes" or "10 yen for three min.", I didn't have to care of my bottom of my intelligence. However I am very sorry for them if they have to fear for it .

『気の毒だなぁ』と思いつつも、今日も私は、せっせと我が家の通信環境の向上に努めています。

I feel "Tough luck" for them, however, I am improving communication environment of my house today.