0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2018-07-17 ―― もったいないことをしてしまった [長年日記]

私は、「アイドル」というものに興味がありませんが、まあ、この年齢としては、自然なことだと思います。

I am not interested in "idol singer" or "pop idol", however it is natural for my age.

問題は、人生で一度も ―― ティーンエイジャの頃も含めて ―― 興味がなかった、という点にあります。

The problem is that "I have never been interested in "idol" in my life."

―― もったいないことをしてしまった

"I deeply regret what I did."

と、今でも残念に思っています。

I am really afraid of that.

「アイドル」というものに狂うのであれば、今の自分よりも、ティーンエイジャの頃の自分の方が、やりやすかった、と思うのです。

If I could be crazy for "idol", it is easier for me, rather than what I was a teenager.

-----

しかし、最近、『そうでもないのかな』と思うことがあります。

However, recently, I sometimes think "Is it not so ?"

ニュースなどで、未成年のアイドルグループに興味がある ―― というか、狂乱している ―― 中年(以上の)の女性や男性などを、頻繁に見るようになってきたからです。

According to news program, I often watch some adults who are crazy for "under-age idol groups", like crossing a red line as adults.

私がティーンエイジャの頃にも、そういう「中年」は存在していた筈ですが、そのような人たちは、基本的には、「表」には出てこなかった、と思います。

I think that there were some adult who were active for the field, however basically, they made them invisible.

間違っても、ニュース番組のインタビューに、顔を出して応じるようなことは「できなかった」と思います。

I remember that they never opened their existances on air, and could not accept an interview with showing their face.

そのような人たちは、大人の世界では勿論ですが、子どもの世界でも「変な奴」というか、ぶっちゃけ「気持ち悪い奴」として認定されていたものです。

The adults were identified as not only "funny person" but also "unwanted person" from even children.

-----

私は、世代に関係なく「『好きなもの』を『好き』」と言える世界は、素晴しい世界だと思います ―― ええ、それは、私の全存在をかけて、圧倒的に肯定できます。

I believe the world of "any people can say "I like it" because they like it" is wonderful.I can answer in the affirmative by my significance of existence.

しかし、これは、私の日常とダイレクトに衝突していない範囲内の話です。

However, this is just for the area where there is no gap in my daily life.

例えば、以前も記載しましたが、私は自分の娘の彼氏が、いわゆる「痛車」で乗りつけてくるような奴であれば、

For example, as I wrote before, if a boyfriend of my daughter come to my house by "Itasha"(the car painted beauty in the bud of animation), I am afraid that

■問答無用に、そいつを家から叩き出し、

I will knock him out from my house, and

■娘に対して『あんな男とつきあうのはやめろ!』と怒鳴りつける

I will shout my daughter down "break off contact with him"

と思う。

私は『痛車』の芸術性やそのオーナの心意気を、私の全存在をかけて肯定している、にも関わらずです。

Even I can affirm an artistry of "Itasha" and the owner's spirit by my significance of existence.

つまり、日常に関わらない範囲であれば是認し、日常に入ってくると否定する ―― 私の「リベラリズム」とは、所詮はその程度のものです。

I mean, I can affirm many things far from my daily life, however, even if it is getting close to me. I deny them easily. In conclusion, my "liberalism" is like that.

(続く)

(To be continued)