0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2018-09-02 「天才は、自分の天賦の才(天才)に無自覚である」というのが、私の観察結果です。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

この「自分の無能さ」という安心感は、私の行動原理の源です。

This sense of security as "my incompetence" is the source of my behavioral principle.

『多少の無茶をやったとしても、私が社会に与える影響は知れている』という安心感があってこそ、私は、

I have a sense of security that "even if you do some unreasonableness, the influence on society is nothing serious". So I can

■手当り次第、エクセルでグラフを作り、

- make just any graph with Excel,

■いい加減なシミュレーションプログラムを量産し、

- mass-produce sloppy simulation programs,

■好き勝手にコラムを書く、

- write columns without permission,

ことができる訳です。

-----

ただ、最近、

On the other hand, I think recently,

―― 私のこの行動原理は、案外、(無能ではない)多くのエンジニアや研究者も持っているのじゃないかなぁ

"I wonder if (not incompetent) many engineers and researchers, also have the same of my behavioral principle , unexpectedly"

とも思うのです。

私のこれまでの人間観察の範囲では、優れた成果を上げた人は、自分のことを「凄い」と思っていないようなのです。

In my range of human observation so far, Those who have achieved outstanding results, do not think of myself as "amazing".

彼等は、彼等自身の自分の能力を、良い方向には客観的に評価できないのです。

They can not objectively evaluate their own abilities in a good direction.

自分の研究成果を『運が良かった』と言い、実際にそう信じている。

They say that their research results are just results of "lucky", and they truly believe so.

逆に、自分のことを「凄い」と見せようとする人は、私の基準では「全然凄くない奴」(人のアイデアや成果をパクっているような奴)だったことが多いです。

On the contrary, those who try to show myself as "amazing",are not "amazing" at all from my viewpoint. (For example, the person who lost others achievements and fruits).

「天才は、自分の天賦の才(天才)に無自覚である」というのが、私の観察結果です。

My observation result is that "Genius is unaware of their genius".

だからこそ、彼らは、無自覚に無邪気に、大量殺戮兵器や、超高効率の炉(但し、暴走したら止める手段のない炉)を、バカスカ発明してきたんじゃないかな、と思うのです。

Therefore, I think that they had invented unnoticedly innocent, mass-destroying weapons and ultra-high efficiency cores (however they has no means of stopping after runaway). ,

-----

この日記で、私が皆さんに申し上げたいことは、

In this diary, what I would like to tell you are:

―― 世の中の多くのエンジニアや科学者は、「レスキネン教授」と同じ思考パターンで生きている

"Many engineers and scientists in the world live with the same thought pattern as "Dr.Leskinen"

ということであり、

and,

彼等を使用するに際しては、私の「使用上の注意」を良く読んだ上で、活用頂くよう 、ご留意頂きたいということです。

Before using them, I'd like you to keep in mind that you should read my "Usage Notes" first.