0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2018-10-14 私は「読みたい本」ではなくて「読まなければならない本」を読んでいます。 [長年日記]

最近は、「読みたい本」ではなくて、「読まなければならない本」を読んでいます。

Recently, I am reading "books I have to read" rather than "books I want to read".

「AI」も「働き方改革」も、連載のご依頼を受けなければ、絶対に手にしなかっただろう本があります。

If I did not receive a request for serialization, there are some books that I guess I did not get it about both "AI" and "work way reform".

つまり、

In other words, for me,

―― 私は、私を追い立てるものがなければ、本も読まないし、アウトプットも出さない

"I will not read books nor output, unless there is anything to drive me off"

ということです。

私を追い立てるものとは、主には「(打合せ等の)約束」「締切」「納期」です。

The thing to drive me is mainly "promise (meeting etc.)" "deadline" "time of delivery".

-----

日本の宇宙開発・ロケット開発の父、糸川英夫先生は「確信や自信がない状態であっても、先に約束してしまう」という方法で、自分のスキルアップを続けてきた方です。

Professor Hideo Itekawa, as a father of space development and rocket development in Japan, was the one who has continued his skill up in a way that "he will promise ahead of time, even if there is no confidence or confidence."

「約束を守らなければ、約束した人に迷惑をかけてしまうから」と自分を追い込んで、やったこともない時点で、出演を約束をして、チェロの演奏者、バレエダンサーにもなった方です。

He became a cello performer, a ballet dancer, even when he had never experimented the jobs and tried to promise to show the performance, with thinking "If he does not keep your promise, he will bother the others"

―― スゲーな

"It is awesome"

と思います。

I think that.

まあ、私には、糸川英夫先生ほどの度胸はありませんが、まあ、それでも先に日時を決定してしまうというのは、私にも使える良い方法です。

I do not have as much grade as Professor Itokawa Hideo, Well, still "determining the date and time before" is a good way to use for me.

-----

ティーンエイジャの皆さんは、『好きなことをやりなさい』という無責任な大人の言葉を信じてはいけません。

Everyone of teenagers should not believe irresponsible adult words "Do what you like."

私たちの殆どは「好きなこと」を知りません。

Most of us do not know "what they like".

そして、私たちの大人の殆どは「好きなこと」を仕事にしている訳でもありません。

And most of our adults are not working "what they like" as a job.

『仕方なく(仕事だから)やり始めた』→『そして、なんとかできるようになった』→『それ意外にやるのが面倒くさくなった』

"I started doing it, because it cannot be helped" -> "And I managed to do it" -> "It is troublesome to do other things"

ということを、「好きなこと」と読み替えているだけ(あるいは、それに気がついていないだけ)です。

We adults merely read that as "what we like" (Or we just do not notice it).

-----

私は「読みたい本」ではなくて「読まなければならない本」を読んでいます。

I am reading "books I have to read" rather than "books I want to read".

それが、別段悪いこととも思っていません。

I do not think that it is a bad thing.

本を読むことは、それ自体が楽しいこともあるし、色々役に立つこともありますが、無理してやるほどのものではありません。

To read books themselves is fun and sometimes it is useful, but it is not something you must do.