0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2018-12-15 私たちの世代や、その上の世代には、もう自分を変化させるだけの気力も体力もないからです。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

この手の「低能」は、基本的に面倒くさがりで怠惰で傲慢です。

This "stupid" like this, is basically rude, lazy, and arrogant.

自分の考え方や振舞い変えるのは、誰だって面倒で苦痛にきまっています。

Needless to say, anyone doesn't want change their own policies and behaviors of the life. Because that is messy and annoying even for everyone.

それでも、皆が少しずつ考え方を変えて、歩みよって、少しでも良い社会にしようとしているところに ――

However, when everyone is going to compromise and change their policies little by little, in order to realize better society.

この「低能」は、『毎日、社会が変化し続けたとしても、自分の考え方だけは、変えずに済ませたい』と考えている訳です訳です。

this "stupid" is thinking "Only I, want keep my policies at all, even if the society is going to change"

はっきり言って、「低能」「怠惰」「傲慢」の上に、「有害」ですらあります。

To tell you the truth, this "stupid" is not only "rude", "arrogant" but also "harmful"

そして、この手の「低能記事」の執筆者が、私の世代に多いのは、よく考えれば自然なことです。

On careful thought, it is natural that many "seniors" are "stupid writers" like the above.

私たちの世代や、その上の世代には、もう自分を変化させるだけの気力も体力もないからです。

People for our generations and the beyond, have no more energy or physical strength to change ourselves any more.

-----

ここで、少し話を飛ばします。

Changing the subject.

今年の夏は、本当に命の危険を感じるほど、暑い夏でした。

You know, this summer had been incredible hot, standing in fear of our life.

こんな中でも、町内会の委員(私を含む)は、真夏の避難訓練を強行し、夏祭りの準備を取り止めることはしませんでした。

However, the administrators of the NA(neighborhood association)(including me) didn't stop a evacuation drill in midsummer, and preparation of a summer festival.

これは、年々激化する真夏の気温の上昇という「事象の経時的変化」に対して、町内会が、それに対応する柔軟性を持っていなかったからだと思います。

This is because that the administrators could not have flexibility of "change with time" of hot temperature trend every year.

(もっとも、私は具合の悪そうな人を見つけては、直ぐに帰宅を促していました。誰かに何かを言われたら『江端に命令された』と言うようにと言っておきました)

(Whenever I found the people with sickly face, I advice him/her to return home soon. I said to them "If someone blame you, you can just say "Ebata's command")

-----

そして、私が"最大級の驚愕"をしたのは、夏祭りの準備の最中の休憩時間に、休憩している人たちのど真ん中で、悠々と喫煙を始めた町内会の委員がいた、ということです。

And the dismay of the first magnitude for me, is that there was an administrator who started smoking among people who took a rest of preparation of summer festival.

もっとも、

Of course, I know,

―― 公園での喫煙は違法ではない(場所にも因る)

"It is not an illegal activity to smoke in a park (depending on parks)"

ことは知っています。

しかし、現時点での社会通念に照らせば、

However, according to conventional wisdom at the present,

喫煙者が減少している社会の動向や、受動喫煙の危険性の観点から、

from the viewpoint of decreasing smokers and risk of secondhand smoke, the followings might be expected,

■一旦、公園の外に出て、

- Once going out of the park,

■人のいないところを探して、

- searching a place with no people

■煙がこもらないように、一人で(誰かと会話をしながら、ではなく)喫煙をする

- preventing smoke escaping to other place ( Smoking alone, without chatting others)

というのは、現役の社会人(and 会社人)である私にとっては自明のルールです。

The above are ordinal rules for me, who is a general working people ( and salaried employee)

私のもっている暗黙的な社会通念が、社会全体のものではなかったという事実に ―― 私は、心底、愕然(がくぜん)としたのです。

I was really surprised from the bottom of my heart, to know that the conventional wisdom in my mind, is not tackled by society as a whole.

(続く)

(To be continued)