0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2018-12-26 命名は、「新・鎖国」(New-Sakoku doctorine) で、どうでしょうか。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

日本人の英語教育にかける時間は膨大です。

The time spent on English education in Japan is huge.

私の見たところ、ティーンエイジャの勉学の時間の半分は、英語に持っていかれています。

As I know, half of the time I spent studying teenagers has been brought to English.

そして、就職後も、TOEIC等のテスト勉強で、就労時間"以外"の時間を、英語の勉強に持っていかれています。

And even after finding employment, I spend much time to study for TOEIC, e.t.c outside the office.

In my estimate, the number of workers in Japan who really need communication by English is about 4% at most.

それ以外では、英文による電子メールによる問い合わせくらいでしか使用されておらず、あとは数年に一回ほどの、海外旅行での入国審査に使われるかどうか、という程度です。

Other than that, English is only used for e-mail, in other case, English is only used for immigration in overseas traveling, once in several years.

そして、外国人労働者に期待する技能は、「専門知識 + 英語によるコミュニケーションの窓口」と、政令(可能であれば法定)指定してしまうのです。

And, the skills that foreign workers are expected, are determined as "expert knowledge + help desk of English communication" by law or government ordinance.

これは、我が国のグローバルとドメスティックを両立する、新しい政策となると思うのです。

I think that this will be a new policy to realize both Japanese global and domestic strategies.

命名は、「新・鎖国」(New-Sakoku doctorine) で、どうでしょうか。

How the name of "New-Sakoku" doctorine is.

-----

我が国の現職の大臣が、「私は英語ができないから首相を目指すことはやめます」と言って、先端を切ってくれました。

The incumbent minister of our country said "I cannot speak English, so I will not aim for prime minister". Anyway he led the way for the non-English country.

これは、千載一遇のチャンスです。

This is a chance for a thousand chances.

―― 改革すべき「働き方」は、ここ(英語教育の全面撤廃)にある

"The ultimate working style is "complete elimination of English language education"

と、私は確信しております。

And I am sure of it.