0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2019-05-18 ―― 「アンタ」程度の先生には、「私」程度の生徒しかやって来ないんだから [長年日記]

もの凄いものを見ました。

I saw something awesome.

I tried to reproduce "Rachmaninoff Piano Concerto No. 2" with one piano.

観客の反応が薄いんですが、「この程度の演奏なら、簡単にできる」ということでしょうか?

The audience's reactions are weak, but does this mean that they can easily do this level of performance?

私には、とても信じられませんが。

I can not believe it very much.

------

ピアノ2台バージョンだったら、私も知っています。

If it is two piano version, I know it.

For example, this performance is like that.

「のだめカンタービレ」でも登場していました。

"Nodame Cantabile" also appeared.

しかし「ピアノ1台」で、コンサート(協奏曲)を再現するというのは、本当に物凄いことだと思うのです。

However, I think that reproducing a concert (concerto) with "one piano" is really a great thing.

------

以前もお話しましたが、私は、子どものころ、ピアノの練習が苦痛でした。

As I mentioned before, when I was a child, practicing piano was painful.

今でも、モーツアルト(の、特にピアノ独奏)を聴くと吐き気がします。

I still feel nauseous when I listen to Mozart (especially piano solo).

モーツアルトのピアノを聞くと『問答無用で腹が立つ』というレベルです(理不尽であることは分かっていますが)。

When you listen to a Mozart piano, I am about to say "I get angry without asking a question" (although I know it is unreasonable).

Especially, the days when the training of using the finger for piano, was that it was a nightmare and a hopeless pain (maybe it was this book))

ま、私も悪かったのです。

Well, I was wrong too.

子どもだった私は、

When I was a child, I could not open my intention, that

「ピアノの技術を上達させる意図が1mmもないこと」、

"There is no intention to improve piano technology",

そして

and

「ボロボロでも、曲を自分の好きなように演奏できれば、それで十分」

"Even if I could not play a music perfectly, I didn't care of it at all"

を、伝えることができなかったのです。

-----

私は、プロを目指している訳でもなく、ただ、楽しく曲を弾けるだけで良かったのです。

I was not aiming to be a professional, but I just played the music happily.

なのに、ピアノの先生、どうして、あんなにエラそうだったんだろう。

However, the piano teacher. why was she so arrogant ?

「町のピアノ教室」程度のところに、「真に才能のある子ども」がやって来る訳なかろうが。

"A truly talented child" will not come to the "town piano class".

そういう子どもは、きちんとした音楽学校に「行く」か「連れていかれる」はず、ということが分かっていないところが、「その程度」なのです。

Why didn't she understand that such children should "go" or "take away" to a proper music school ?

―― 「アンタ」程度の先生には、「私」程度の生徒しかやって来ないんだから

"A teacher like you, should have a stundent like me"

―― アンタは「楽(ラク)」をして、私は「楽しむ」でよくて、それでWin-Winなんだよ

"You can lose you hand, and I can enjoy the lesson". It is "win-win".

と、今の私なら言えるんですけどね。

I can say that now.

-----

ただ、まあ、子どものころに、この「ピアノ1台で「ラフマニノフ」」を聞いていたら、人生ちょっと変わっていたかも ――

If I heard the "Rachmaninoff Piano Concerto No. 2" with one piano, I thought I could change my life.

いや、多分、私はダメだったろうな。

Well, It is no way.