0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2019-10-14 ―― 1.5畳のベッドの上で、VR用のゴーグルだけで、仮想の恋人との仮想SEXや、仮想の理想の家族との仮想の会話を楽しんで一生を終える [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

次に(2)についての理屈も奇妙です。

Next, the reasoning about (2) is also strange.

Amazonの出品コストが高いのであれば、自社のホームページから電子出版すれば良いのです。

If your Amazon listing costs are high, they can publish electronically from your homepage.

これに対して、さらにおかしな理屈が展開されています。

A stranger theory is being developed for this claim.

『電子ブックリーダー(KindleとかFireとか)をAmazonで握られているから、電子出版できない』という理屈です。

The reason is that e-book readers (Kindle, Fire, etc.) are held by Amazon, so electronic publishing is not possible.

この理屈に対して、私は、

Against the reason, I argue that

―― バカ言え。PDFで配布すれば、PCだけでなく、全てのスマホで可読可能だ

"That's stupid. If distributed as PDF, they are readable by all smartphones, not just PCs"

と反論します。

『電子ファイルにすると、不正コピーが流通しやすくなる』という理屈に対しては、私は、

In response to the theory that electronic files make it easy to distribute illegal copies, I can say,

- 表示デバイス(スマホ等)の機体番号と紐づけることによって、不正コピーは相当に難しくなる

-Unauthorized copying becomes considerably more difficult by associating it with the machine number of the display device (smartphone etc.)

- 不正コピーは、アナログの方がはるかに簡単で、事件数としても多い

-Unauthorized copying is much easier with analog. There are many cases.

と、言います。

そもそも『電子書籍の価格が十分に下がれば、法的なリスクを犯してまで、不正コピーを提供/供給のモチベーションが下がる』はずです。

To begin with, "if the price of e-books is lowered sufficiently, the motivation of providing / supplying illegal copies will be reduced because of risk".

-----

そもそも、電子書籍が、全ての分野のアナログ本を消滅させる ―― と考えている人がいれば「どうかしている」と思います。

If someone thinks that e-books will annihilate analog books in all fields, I think "something is wrong with them".

コミック、ラノベ、短編の小説などは、電子書籍が向いている分野だと思います。

I think comics, short novels and stories, etc. are good areas for electronic books.

しかし、専門書、技術書では ―― 私の経験上 ―― 電子書籍は、全く使いものになりません。

However, in my experience, e-books are not useful for technical books and technical books.

複数の出典を使ってのファクトチェック、書き込み、付箋、図や表やデータグラフの比較、そして、「格納した本箱の位置」や「本を開いて置いた場所」すらイメージできないと、専門書や技術書を「使い倒す」ことができないのです。

Fact check using multiple sources, writing in book, sticky notes, comparison of figures, tables and data graphs, and even if I can not imagine "location of the stored bookcase" or "place where the book was opened", I can't make full use of technical books and technical books.

特に執筆作業に必要な情報は、Webから探した情報ですら、一回プリントしないと、使い物にならないくらいです。

Especially the information necessary for writing should be printed, even if it is Web information.

これは、プロの設計士や、物書きを生業としている人だけでなく、レポートを書く大学生、果ては、夏休みの自由研究をする子どもでさえ、実感できると思います。

I think that this can be realized not only by professional designers and people who work in writing, but also by college students who write reports, and even children who conduct free research during the summer holidays.

Many people have lost their vested interests through personal computers. The same can be said for e-books.

ですが、「デジタル」のデバイスが、現在のスマホ程度のものであり続ける限り、アナログの書籍が消滅することは、不可能なのです。

However, as long as "digital" devices continue to be about the same as current smartphones and PCs, it is impossible for analog books to disappear.

-----

ですので、

So, I think,

「電子書籍で、全てのアナログ書籍が消える」という意見は、無理があります。

The opinion that "all analog books disappear with electronic books" is unreasonable.

どのくらい無理があるかというと、

How much is impossible?

―― 1.5畳のベッドの上で、VR用のゴーグルだけで、仮想の恋人との仮想SEXや、仮想の理想の家族との仮想の会話を楽しんで一生を終える

"On a 1.5 tatami bed, with VR goggles alone, you can keep enjoying a virtual SEX with a virtual lover or a virtual conversation with a virtual ideal family in your life."

というくらいの無理さです。

The above is an example.

(と、書きつつ、この比喩自身にも無理があるな、と思いましたが)

(And while writing, I thought this metaphor itself was impossible.)

(続く)

(To be continued)