0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2019-10-16 ですので、私は、人に説教垂れる「こと」が嫌いですし、人に説教垂れる「奴」はもっと嫌いです。 [長年日記]

「英語に愛されないエンジニア」他、私はコラムで、色々なノウハウを語っています。

I described a lot of know-how in my columns, for example, "Engineers who are not loved by English"

しかし、私は『これらのノウハウは、私以外の人には、役に立たないだろう』ということを知っています。

However, I know well that "all of the know-how is useless expect for me"

例えば、

For example,

「努力は天才に勝つ」という信念を持っている人に、「努力では天才に勝てない」という私の主張は届きません。

I cannot deliver my policy of "My effort cannot win genius anyway", to a person who has a belief of "My effort wins genius finally"

「英語とは、TOEICの評価が重要だ」と考える人に、「英語は単語を並べるだけで良い」と考えている私の英語への取り組み方は、永久に理解されないはずです。

Nobody who thinks "TOEIC score is importance for English communication" cannot understand eternally my methods of "using English words at random without grammar and rules"

つまり、ノウハウというのは、徹頭徹尾、属人性(個々の個人に属するもの)なのです。

In short, "know-how" is based on personality at all points.

故に、他人のノウハウというのは、多くの場合、自分にとっては「生ゴミ」に過ぎません。

Therefore, "know-how" is just "wet refuse" for others in many cases.

------

ですので、私は、人に説教垂れる「こと」が嫌いですし、人に説教垂れる「奴」はもっと嫌いです。

So I don't like to give a sermon to others, and don't like a person who give a sermon to me more.

「生ゴミ」を押しける/押しつられれることと同じだからです。

I think that this is a same thing I push others "wet refuse" or I am pushed "wet refuse" by others

で、これらの「人に説教を垂れる」というイベントが頻発するのが「飲み会」です。

In addition, "drinking party" will make a lot of events of giving a sermon to others.

-----

とは言え、この考えに至ったのは、比較的最近です。

However, I didn't notice that up to a comparatively recent date.

私も、かつては、人に説教垂れる「生ゴミ」の一人だったと思います。

I am afraid that I was also one of the "wet refuses" giving a sermon to others.

が、御安心下さい。

However, you may set your mind at ease.

もう、私は、「"飲み会"で人に説教を垂れる」ことは致しません。

I will never give a sermon to others in drinking party.

過去の私の被害者には、ここで、謝罪を申し上げます。

I offer my apology over my past acts of vandalism.

とは言え、コラムや日記では、これからも、説教垂れ続けると思いますが ―― 生ゴミは、生ゴミから離れることで、匂いを感じなくなります。

On the other hand, I will continue to give a sermon to you in my columns and diary. But a smell of "wet refuses" is fading if you get away from the "wet refuse".

当面は、それで御対応下さい。

At least for the present, please compromise it with the above way.

それはさておき。

Set it aside.

(続く)

(To be continued)