0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2023|01|02|

2019-12-18 ―― 娘と結婚する相手は、ジェンダーに関係なく、一人暮らしを年単位で実施したことのある人がいい [長年日記]

嫁さんとも、よく話をするのですが、

I often talk to my wife,

―― 娘と結婚する相手は、ジェンダーに関係なく、一人暮らしを年単位で実施したことのある人がいい

"The partner who marries our daughter should be someone who has lived alone every year, regardless of gender"

と言っています。

具体的基準としては、

As specific criteria,

■料理を、「買い物」から「洗い片付け」までを1セットとして認識している

- Cooking is recognized as a set from "shopping" to "cleaning up"

■「切る」「煮る」「焼く」ができて、冷蔵庫の残り物から一品を仕上げられる

- "Cutting", "boiling", and "baking" is possible and making a dish from the leftovers in the refrigerator

■洗濯機を使って衣服の洗濯ができて、干すことができる

- Washing clothes using a washing machine and drying them

■部屋に"G"が出てきたら、即日、バルサンの対応を実施する

- If "G" appears in the room, carrying out the insecticidal treatment the same day

■配線、配電ができて、電気ドリルで簡単なDIY工作ができる

- Wiring and power distribution are possible, and doing simple DIY with an electric drill.

■病気や怪我に対して、自力で基本的な処置を施すことができる

- Taking basic measures on their own against illness and injury

くらいでしょう、

何故、この基準になったかというと ―― これらは、「私」ができることだからです。

The reason why I adopted this standard is that I can do them.

ですが、これは、あくまでアウトラインです。

However, this is just an outline.

私は、細部には拘りません。

I don't care about details.

-----

例えば、私は、抜いだ靴下の片方を見つけられずに、片方だけを洗濯に出します。これは、嫁さんから不評です。

For example, when I can't find one of the socks that I pulled out, I put it out for washing, however my wife complains to it.

しかし、これは気にすることではないのです。

We don't have to care of it.

なぜなら、もう片方は、いずれ、必ず発見されるからです。

Because the other will be discovered eventually.

-----

『運命のいたずらで、分かれてしまった靴下が、いつの日か、箪笥の中で再会する』

"Socks that have been separated due to the mischief of fate will meet again in a cage someday."

というのは ―― これは、『ロマン』といっても良いと思うのです。

I believe that this is a romantic story.