0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2020-02-25 ―― いわゆる「他人事」 [長年日記]

今回の、新型ウィルスは、もう「パンデミック」と言っても良いと思います。

I think that the new type virus disease at this time, might be called "pandemic".

これまでは、パンデミックというと、GDPが小さい(貧しい国)の、遠い国のできごと、というイメージがありました。

Now we have had a image of "an accident at poor country far from our country" when hearing the word of "pandemic".

―― いわゆる「他人事」

"problem for someone else", so called.

しかし、今回、日本国が、世界中から、『感染源国』として認識されていることは、―― 妥当な表現ではないですが ―― それなりに「意義がある」と思うのです。

However now, our country is now recognized as "a source of infection" is meaningful though I also think this is not valid assessment

私は、2つあると思っています。

I think there are two points.

まず1つ目。

The first point is

■「日本国国民が、入国を拒否される、それに類した措置を取られている、または、今後、取られる可能性が高い」ということ

"We japanese now should be got "exclusion order" from other country, or that possibility will be high."

「清潔でキレイ好きな日本人」というイメージ(これは私の誤解かな?)は損われてはいないと思いますが、「ウィスルのキャリアである日本人」のイメージは、確定的です。

The image of "Japanese are sources of infection" is conclusiveness now, even if we keep reputation for neatness ( my misunderstanding?).

これによって、国家レベルで差別的な取り扱いを受ける機会を得たと考えることができます。

So we have a chance to be treated as discriminated internationally.

(すでに、我が国は、2011年の原発事故の時にも経験していますが)

(We had already experimented it when the accident at a nuclear power generation plant | occurred)

そして2つ目は、

The second point is

■テレワーク、時差出勤、飲み会等の自粛など、我が国の「働き方改革」を推進するエンジンになる、ということ

"This accident will be a effective engine to improve "work style reform" in our country, like tel-working, staggered office hours and refraining voluntarily from drinking parties"

です。

この状況では、改革の(あるいはIT化の)反対勢力も、いわゆる「(IT等を使った)多様な働き方」を試さないわけにはいきません。

In this situation, the counterforce of the reform, have no other choice to try various work styles (e.g using IT systems)

特に、PCや電話会議を使おうとしない人間は、この機会に、区別され、淘汰され、見捨てられることになるでしょう。

Especially, people who have rejected to use PC and tel-conference system will be distinguished, selected and abandoned.

結局のところ、会社などという「箱」は、実際のところ「必要なかった」ということが、誰の目から見ても明らかになれば、かなり儲けものです。

It will pay that if we can recognize that company buildings are just boxs and they are "needless", after all.

感染の恐れのない無人小売店舗、運転手のいない自動運転なども、大きなアドバンテージと言えます。

Both peopleless convenience stores and automatic vehicle without driver will be big advantage.

さらに言えば、ネット学習環境によって、「いじめ」「ひきこもり」問題もクリアできたら、とても素敵なことだと思います。

Moreover, based on the virtual education classes on the Internet, if "bulling" and "seclusion" are resolved, it is wonderful, I think.

-----

言うまでもなく、パンデミックは最悪の災厄です。

Needless to say, "pandemic" is the worst disaster.

こんなものは、二度と発生して欲しくありません。

I never want to meet the disaster again.

が、もう、発生してしまいました。

However the disaster is here.

ならば、この災厄に対抗する手段を、最大限発動し、かつ、利用すべきです。

So, I think that we should countermove the disaster by every means possible.