0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2020-04-10 2週間前に、この「悪夢」を誰か想定していたか? ―― はっきりいって「誰もいなかった」と断言できます。 [長年日記]

法治国家では事後法・遡及法は許されません。

Post-law and retrospective law are not allowed in a rule-of-law state.

事後法・遡及法というのは、後に法律を作って、遡って罰を加えることです。

The post-mortem / retrospective law is to create a law later and add a penalty retroactively.

法律でこれをやると、後々に何が「罪」となるのか分からないからです。

If we do this by law, nobody will know what will later become "crime".

心情的、道徳的、人道的に、絶対に許せない犯罪は、世の中には山ほどあります。

There are so many crimes in the world that can not be forgiven emotionally, morally and humanely.

それでも、「感情や思想や個人の信念ではなく、法に因らなければ、その人間を裁くことができない」、これが法治のルールです。

Nevertheless, the rule of law is that "you cannot judge a person unless it is based on the law, not the emotions, thoughts, or personal beliefs."

多くの人の慟哭と憤怒と悲しみを踏み台として、未来の犯罪を防止する為に、法律の制定をし続けること

To continue enacting laws to prevent future crimes, based on the lament, anger and sadness of many people.

これが法治国家を名乗る国の国民の、宿命と誇りです。

This is the fate and pride of the people of the rule of law.

-----

とまあ、わざわざ「法治国家」の話を出さなくとも、現在の判断基準をもってきて、過去の事件を判断するのは「理不尽」です。

Even if you don't talk about the "rule of law", it is "irrational" to judge past cases based on current judgment criteria.

卑近な例になってしまいますが、教育現場における体罰やパワハラが「愛のムチ」と言われて、セクハラが「コミュニケーション」と言われた時代はあったのです。

For example, physical punishment and power harassment in the educational setting were called "love whip" and sexual harassment was called "communication."

しかし、私たちは『で、それが?』と冷たくあしらって良いのです。

However we can say, "So what?" coldy.

That means,

■過去の常識や社会通念がどうであれ、現在の体罰、虐待、パワハラ、セクハラは、現在の常識と社会通念だけで判断される。

Regardless of past common sense or social wisdom, current corporal punishment, abuse, power harassment, and sexual harassment are judged solely by current common sense and social wisdom.

■過去の価値観に基づいて誰が何を主張しようが、知ったことではない

We don't care anything, no matter who claims what based on past values

■故に、(どんなに面倒であっても)、私たちは、現時点の常識や正義がどうなっているかを知って、常に自分を変化させ続けなければならない

Therefore, no matter how tedious we are, we must always catch up our current common sense and justice, and keep changing ourselves

ということです。

-----

治療法のないウイルス感染病と、それに対する社会の対応は、毎日(下手すると毎時間)単位で変化を続けています。

It keeps changing every day (or every hour if you are bad) that virus infections without treatment and social responses.

これは、2週間前には、誰も想像もできなかった事態です。

No one could have imagined this two weeks ago.

日記を書いている今現在、世界中では

As I write my diary now, all over the world

■毎日10万人単位で感染者が拡大し、

The number of infected people increases every 100,000 people every day,

■毎日その数パーセントの人数が死亡し、

Every day, a few percent die

■現場では、トリアージ(生存の可能性が少ない患者を見捨てる)が始まっている

Triage (abandoning patients with low chance of survival) has begun in the field

『悪夢を見ているのではないか』というような状況が、世界中でリアルタイムで展開中です。

A situation like "I have a nightmare" is developing in real time all over the world.

-----

2週間前に、この「悪夢」を誰か想定していたか? ―― はっきりいって「誰もいなかった」と断言できます。

Two weeks ago, who envisioned this "nightmare"? ―― To be clear, I can assert that "nobody was there"

勿論、私も、です。

Of course, me too.

2週間前には、誰もが「4月になれば」と思っていたはずです。

Two weeks ago, everyone would have thought "in April."

普通に、入学式があり、入社式があり、異動があり、会議があり、忙しく走り回る日常がやってくると疑っていなかったはずです。

You would normally expect to have an entrance ceremony, an entrance ceremony, a transfer, a meeting, and a busy daily life.

しかし、私達は今、「人類最悪の4月」に呆然と立ち竦んでいます。

However, we are now stunned by the worst April in human history.

そして、現時点において、この惨禍の収束のメドは立っていません。

And at the moment, there is no future on the convergence of this disaster.

-----

In fact, I myself wrote a diary of a packed ski resort on the middle of March (March 21).

そして、私のソロスキー(1人スキー)の日記を、「その日記を公開した日」に非難してきた人は、一人もいません。

And no one has blamed my solo ski diary for "the day I published that diary".

もちろん、「ソロスキーなら、3密(*)の条件が一つも入っていない」とは思っていましたが、私も、緩んだ気持で外出したという事実は変えられません。

Of course, I thought that if I was a solo skier, I wouldn't have any of the three conditions (*), but the fact is trun that I went out with a loose feeling.

(*)「密閉」「密集」「密接」の3要素の総称

(*) A generic term for the three elements of "closed", "dense" and "close"

もちろん、「今」なら非難してくる人はいるかもしれませんが、「今」では、そんな非難、クソの役にも立ちません。

Of course, some people may come to blame me "now," however in "now," it does not help anything.

-----

今では常識とされている「3密回避」は、3月上旬の段階では、はっきり効果があるか分からない状態でした。

At the beginning of March, it was not clear whether or not the "avoidance of three conditions", which is now common sense, would be effective.

3月中旬であっても、努力目標程度のイメージだったと思います。

Even in mid-March, I think the image was about the effort target.

そこで、私は、この日記を読んでいる人に

So, I am going to ask you,

―― 3月21日に、私が、ソロスキーに出かけたことを、論理的に批判できる人がいたら、私に論戦をふっかけて欲しい

"If anyone could logically criticize my trip to solo ski on March 21, I would like you to argue with me."

と思っています。

3月21日の段階での事実をベースに、私の行動のどこに問題があったのかを、ロジカルに説明して頂きたいのです。

I would like you to provide a logical explanation of what was wrong with my actions based on the facts as of March 21.

当然、私は、3月21日の段階の事実をベースに、全力の反論を試みます。

Of course, I will try my best to refute based on the facts of the March 21 stage.

ここで大切なのは、「3月21日を超えた未来からの批判」、すなわち「現時点の状況を引用した批判は受けつけない」ということです。

What is important here is that "criticism from the future beyond March 21", that is, "criticism citing the current situation will not be accepted."

-----

逆に言えば ――

Conversely,

これだけのデータが出揃い、感染者数を抑えられず、38度以上の高熱が2週間近くも続く人や、自力呼吸ができない地獄のような苦痛の中で生死を彷徨っている人の存在が、これだけはっきりしている「現時点」において、

At the present, it makes clear that we can't control the number of infected people, and we know that people who have high fever of 38 degrees or more for almost two weeks, and people wandering about life and death in hell-like pain that cannot breathe on his own,

Nevertheless,

■駅のホームで抱きついて大声でしゃべっている大学生や、

College students hugging at the station platform and talking loudly,

■居酒屋で、対面になって、酔っ払って、唾を吐き散らしながら、上司のグチをぶっている社会人は、

Adults at a pub, face-to-face, drunk, spitting, and swearing by her boss

―― 殴り倒して良い

"You can beat them down"

と、思っています。

I think that.