0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2020-12-07 『会食の人数に制限を設ける意義が分からない』とか言っている、地方自治体の首長がいて、正直驚いています。 [長年日記]

家から出して貰えない(在宅勤務)です。

I can't get it out of my home right now (I work from home).

娘たちや嫁さんは、コロナ禍前の生活に復帰しつつあります。

My daughters and wife are returning to life before the coronal disaster, though,

今、我が家の中にあって、ウイルスの宿主となる可能性が一番低いのは、私です。

Right now, I am the least likely source of coronavirus infection in my family.

-----

私、本コロナ禍については、医学的/技術的観点から、すでに3本のコラムを執筆(共著)させて頂いております。

I have already written (or co-authored) three columns on this corona disaster from a medical/technical point of view.

これと、

これと、

これです。

しかし、それでも「感染する時には感染する」と思っていますし、「自分だけは例外」などとは思ったことはありません。

However, I still think "when I was infected, I am infected" and I've never thought of myself as an exception.

感染とは、単純な確率です。

Infection is a simple probability.

感染予防とは、「確率が低くなる行動」と、その「継続」のことです。

Infection prevention is a "low-probability behavior" and its "continuation".

-----

『会食の人数に制限を設ける意義が分からない』とか言っている、地方自治体の首長がいて、正直驚いています。

I'm honestly surprised to hear some local government leaders say, 'I don't see the point of setting a limit on the number of people in a dinner party.

p(α, N) = 1 - (1 - α)^N で α:感染確率 (例:0.1) N:会食する人数(N = 0,1,2,...)で、エクセルでグラフを描いて下さい。

p(α, N) = 1 - (1 - α)^N where α: probability of infection (e.g., 0.1) N: number of people eating (N = 0,1,2,...) and draw a graph in Excel.

4人なら感染リスク34%ですが、10人で65%を突破、30人で95%を突破します。

Four people have a 34% risk of infection, but 10 people break 65% and 30 people break 95%.

もちろん理想は0人です(つまり「会食するな」)。この場合は感染リスク0%です。

Of course, the ideal is zero (i.e. "don't do any dinner party"). In this case, the risk of infection is 0%.

このように考えれば、会食の体(てい)をなす最小人数を「4人」とする考え方は、説得力があると思います。

In this way, I think the idea that the minimum number of people who make up the body of a dinner is "four" is persuasive.

上記の式は単純に過ぎますが(*)、基本的に「4人」の根拠を導くには、この式だけで十分だと思います。

The above formula is too simple (*), but I think it is enough to derive the basis for the "four" basically.

(*)乱数と着席位置に応じたシミュレーションもやれます。多分、もっと酷い感染確率が算出されるとと思います。

(*) I can also do simulations based on random numbers and seating position. Maybe even worse infection probabilities can be calculated.

-----

いずれにしても、私が感染や発病したら、この日記で公開します。

In any case, if I get infected or sick, I will publish in this diary.

できるだけリアルタイムで。

In real time as much as possible.

その後の対応を詳細にレポートにして、感染の原因を自分なりに解析し、それらに基づく警告と提言を、4本目のコラムとして纏めて、リリースします。

I will release a detailed report on the subsequent responses, analyze the causes of the infection in my own way, and summarize the warnings and recommendations based on them as a fourth column.

-----

ともあれ、在宅勤務が続いている訳で、自宅にやってくるセールスの応対も多くなりました。

Anyway, since I've been working from home, I've had to deal with more and more sales people coming to my home.

最近、このセールスを撃退するマジックワードに気がつきました。

Recently, I noticed the magic word to fight off this sale.

『今、(リモート)会議中なんです』

"I'm in a (remote) meeting"

大抵のセールスは、これで立ち去ってくれます。

Most sales will walk away with this.

在宅勤務のみなさん。このマジックワードを濫用しましょう。

So, let's abuse this magic word.