0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2021-01-26 この物語の中には、そういった「『間違った生き方』を歩む人間に対する『力強い肯定』」があります。 [長年日記]

The late Sakyo Komatsu's "The End of the Endless Stream" is regarded as one of the best works of Komatsu literature.

私は、この評価を、断固として「支持」します。

I firmly "support" this assessment.

この作品の中に、ルキッフという人物が登場するのですが、学生の頃、私は私のあだ名を「ルキッフ」と読んでくれ、と友人たちに頼んでいました。

In this work, there is a character named Lukif, and when I was a student, I used to ask my friends to call my nickname as "Lukif.

ちなみに、私は、最近の教育現場の「あだ名禁止」に賛成する一人です。不快なあだ名を付けられた当事者だからです。

Incidentally, I am one of those who agree with the recent "ban on nicknames" in education. This is because I am a person who has been given unpleasant nicknames.

本人が申告した「あだ名」については特例として良いかとも思うのですが、こういう特例を作ると、なし崩し的に、ルールが崩壊するので、やめた方がいいでしょう。

I think it would be a good idea to make a special exception for "nicknames" reported by the person their selves, but it would be better not to make such a special exception, as it would collapse the rules in an uncontrollable manner.

ともあれ、私のこの自己申告の「あだ名」、友人の殆んどが使ってくれませんでしたが。

Anyway, my self-declared nickname was not used by most of my friends.

-----

「果しなき流れの果に」のストーリーは、こんな感じです。

The story of "The End of the Endless Stream" goes like this.

『地球が、太陽の異常でいましも終焉を迎えようとしていた時、「審判者」は、超能力を持つ人間を選別し、多くの地球人たちをつれ去っていた』

"When the earth was about to end due to the anomaly of the sun, the "judgment" disguised as an "alien" selected humans with supernatural powers and took away many earthlings.

『だが、これに抵抗する勢力があった。あらゆる変化のベクトル対する抵抗力が形象化された存在"ルキッフ"をリーダーとする、一団である』

"But there was a force to resist this. It is a group led by "Lukif", an entity that embodies the resistance to the vector of every change. "

つまり ――

That means,

■「力のある知性のある集団による、御仕着せの善意」を拒否し、

- Rejecting "the good intentions of the punishment by a powerful and intelligent group"

■「力のない無知性な個人による、誤った自己決定」を選ぶ

- Select "wrong self-determination by a weak and ignorant individual"

この物語の中には、そういった「『間違った生き方』を歩む人間に対する『力強い肯定』」があります。

In this novel, there is such a "strong affirmation" for humans who walk the "wrong way of life."

-----

・・・で、実は、私、この話をきっかけに何かを語ろうとしたんですけど、それを忘れてしまいました。

So, actually, I tried to talk about something in the wake of this story, but I forgot it.

格好悪いオチになってしまいました。

It has become a ugly punch line.