0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2021-03-02 『うん! 私は、緩んでいます。だから、ここにいるんですよ。あなたも、下らない質問をしないで下さいね!!』 [長年日記]

緊急事態宣言 ―― というからには、戒厳令がセットメニューでなければならないと思うのです。

When it comes to declaring a state of emergency, I think "martial law" should be on the menu.

「戒厳令」ということになれば、当然、新宿や渋谷のスクランブル交差点に、戦車と小火器を携帯した自衛隊隊員が、仁王立ちで、街行く市民を睨めつけていなければならない、と思うのです。

If "martial law" were to be declared, of course there would have to be Self-Defense Forces personnel with tanks and small arms at the scramble intersections of Shinjuku and Shibuya, standing on their heads and glaring at the citizens on the street.

自衛隊 ―― となると、治安出動となりますが、

The Self-Defense Forces -- that would mean mobilizing security forces, however,

我が国では、『実際に治安出動が発令されたことは一度もない』です。

In Japan, there has never been a "security mobilization" actually issued.

これが発動されるためには、大手町あたりが火の海になっているか、自衛隊基地がミサイル攻撃を受けている、くらいのレベルでないとダメでしょう。

In order for this to be triggered, it would have to be at a level where Otemachi is on fire or the SDF base is under missile attack.

内閣として安易に切れるカードではありません。

This is not a card that the Cabinet can easily play.

―― 感染症ごときで、治安出動できるか

"I don't know if I can mobilize security for an infectious disease"

と、私でも思います。

I think that.

-----

街行く人が、インタビューで「緩んできていますね」と語るのは、なんというか違和感を感じます。

When people on the street talk about "loosening up" in interviews, I feel somewhat uncomfortable.

そもそも、テレビ局の人間は、インタビューする相手を間違っているし、インタビューに応じている人もどうかしていると思う。

In the first place, I think the people at the TV station are interviewing the wrong people, and I think the people being interviewed are nonsense.

私なら、この手のインタビューが近寄ってきたら、直ぐに逃げます。

For me, I would run away immediately if this kind of interview approached me.

もし、逃げないで、受け答えするのであれば、

If I don't run away and answer...

『うん! 私は、緩んでいます。だから、ここにいるんですよ。あなたも、下らない質問をしないで下さいね!!』

"Yes! I'm loose. That's why I'm here. You don't have to ask me any lame questions either!

と応答して、夕方のニュースの映像に出てきて、名前と住所を晒されて、炎上を喰らう覚悟があります。

I will respond as such. And I'm ready to appear in the evening news footage, have my name and address exposed, and go to the flames.

というか、インタビューするなら、一日15時間以上、自宅のPCで、シミュレーションとコーディングをやっている、この私に聞くのが筋だろうが、と思うのです。

I mean, if they're going to interview someone, it's me, I think, who spends more than 15 hours a day doing simulations and coding on my PC at home.

我が家において、「緩んできていますね」とか「緩んできてはいませんね」とコメントできるのは、この私くらいです。

In my family, I am the only one who can comment that things are loosening up or that things are not loosening up.

(続く)

(To be continued)