0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2021-03-22 『PVに関しては、お気になさらないでください。特にシバタ先生のコンテンツを掲載することは、PVよりも、社会的意義の方が大きいと考えております』 [長年日記]

本日は、コラムがリリースされた日なので、日記はお休みです。

Today, new my column is released, so I take a day off.

Let's turn the world by "Number"(66) : Extra edition

The 7 True Stories the Doctor Wants to Tell You Before You Get the Corona Vaccine

と、

and

Let's turn the world by "Number"(67) : Extra edition

Appendix: The 9 supplementary points that the doctor wants to tell you more about

-----

今回は、2本立てになっています。

This time, it is in two pieces.

シバタ先生との原稿の交換をしている最中に ―― それは、もう、雪山の山頂から転がり落ちる雪ダルマのように ―― 膨大に膨れ上がる原稿を、呆然と眺めていました。

While I was exchanging manuscripts with Dr. Shibata, I was looking at the vastly expanding manuscript in a daze, like a snowball rolling down from the top of a snow mountain.

『これは収拾がつかないな』と思ったので、付録分は、私のWebサイトに回して、本文からリンクを張ろう」 ―― という予定だったのですが、

I thought, "This is getting out of hand," so I was going to put the appendix on my website and link to it from the text.

―― いえ、全て、EE Times Japanにて、掲載させて頂きます

"Don't worry. everything will be published in EE Times Japan!"

と、担当のMさん(*)が、ここ一番の侠気(おとこぎ)を見せて下さいました。

Ms. M, who is in charge of the project, showed us her chivalry at the very last moment.

Mさんからのメールを読んで、私は両手の拳を口のところに持って行って、『ステキ!』と叫んでしまうところでした。

When I read Ms. M's e-mail, I brought both fists to my mouth and almost shouted, "Generous!"

(*)ちなみにMさんは、女性です。

-----

今回の「シバタレポート(後半)」、医学専門書や論文を除けば、現時点において「我が国でもっとも詳しい新型コロナウイルスに関するコラム」と言い切っても良いと思います。

I think it is fair to say that this "Shibata Report (latter half)" is "the most detailed column on the new coronavirus in Japan" at present, excluding medical technical books and papers.

『でも、Mさん。これほどの膨大で高度な内容となると、PV(ページビュー)は期待できないかもしれませんよ』

"But, Ms. M. you may not be able to expect PV (page views) with such a huge and advanced content"

と、心配する私に対して、Mさんは言われました。

In response to my concern, Ms. M said

『PVに関しては、お気になさらないでください。特にシバタ先生のコンテンツを掲載することは、PVよりも、社会的意義の方が大きいと考えております』

"Please don't worry about the PV. We believe that the social significance of publishing Dr. Shibata's content is greater than the PV"

-----

貧弱なコンテンツを、キャッチーな題目を使ってPVを稼ごうとする、ヘタレサイトの編集者たち!

Editors of lousy sites trying to use catchy titles to generate PV with poor content!

刮目せよ!

Watch out!

この高い志(こころざし)を有する、MさんとEE Times Japan編集部の心意気に、平伏するがいい!!

The spirit of Ms. M and the EE Times Japan editorial staff, who have such high aspirations, should make you bow down!

-----

実際のところ、私は「恵まれている」のだろうと思います。

In fact, I guess I am "blessed".

最前線のリアルタイム情報を分かりやすい内容で提供して頂けるコントリビュータと、社会的責任を自負する編集社との間で、ゲートウェイをさせて貰える立ち位置にいることを ――

Being in a position where I can act as a gateway between contributors who can provide front-line, real-time information with easy-to-understand content, and editors who take pride in their social responsibility.

かなり本気で、心から、感謝しています。

For that, I am truly grateful from the bottom of my heart.

-----

あ、それと、意外な観点からレビューをしてくれる、「素晴しい"無礼な後輩"」にも感謝しています。

Oh, I also thank to my wonderful "rude junior colleague" who reviews my columns from unexpected perspectives.

以前、謝辞を忘れて、叱られたことを、今、思い出しました。

I just remembered that I was scolded for forgetting to give an acknowledgement before.