0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2021-08-17 つまり『一流』とは、著者の主観 ―― つまり『偏見』です。真面目に信じていたら、バカ見ます。 [長年日記]

I often see books that include the title "First Class People."

私、この手の本を見かけると、まず「一流」の定義が記載されているページを探すのですが、かつて一回も、その定義を見つけたことがありません。

Whenever I see a book like this, the first thing I do is to look for the page with the definition of "first class", but I have never found that definition before.

―― 用語未定義のまま「一流」という言葉を濫用する著者は、「一流」と呼ばれる人なのだろうか?

"Is the author, who abuses the term "first class" without defining the term, a "first class" person?"

などと、疑問は感じますが、トートロジーで遊んでも仕方がありませんので、これ以上はやめておくことにします。

I feel such questions, but there is no point in playing with tautologies, so I will not go any further.

-----

「一流」シリーズの中でも、『靴』に言及している著書は多いように思います。

I think there are many books in the "First Class" series that refer to "shoes".

なんでも靴は『真っ先に目がいくインターフェース』であるが故に、『靴が汚れている人は、人間として格が低い』てな論が展開されています。

Shoes are the first interface that people look at, so people argue that a person with dirty shoes is a low-class human being.

そうかな、と。

I wondered if that was true.

これと似たような論には、『服』『みだしなみ』『振舞い』と、枚挙にいとまがありません。

There is no end to the number of similar arguments that can be made about clothing, appearance, and behavior.

つまり『一流』とは、著者の主観 ―― つまり『偏見』です。真面目に信じていたら、バカ見ます。

In other words, "first class" is the author's subjective view -- in other words, an "prejudice". If you believe it seriously, you are going to make a fool of yourself

-----

そもそも、普通に考えれば、人間が真っ先に見るインターフェースは、『顔』だろう、と思います。

To begin with, if you think about it normally, the first interface that people look at is the face.

これ、多分、古今東西、絶対的な真理だと思います。

I think this is probably the absolute truth in all ages.

ところが、『一流の顔』という題目の本は、どういう訳かありません。

However, for some reason, there is no book titled "The Face of First Class".

『品格のある顔』『知性のある顔』という本もありません。

There is no book called "The Face of Dignity" or "The Face of Intelligence.

理由は簡単 ―― そんな本は売れないからです。

The reason is simple -- no one is going to buy such a book.

『靴』『服』などは、コスト(金)の問題で解決できるものであり、比して『顔』はコストでは解決しにくい(できない訳ではない)問題であり、大衆ウケしないからです。

This is because shoes and clothes can be solved by cost (money), while face is a problem that is difficult (but not impossible) to solve by cost, and is not popular with the public.

では、逆説的に、「一流」とは「コストによって解決できるモノあるいはコト」ということになります。

Paradoxically, then, "First Class" means "things or events that can be solved by cost.

まあ、これは、ちょっとした「言葉遊び」ですが ―― それでも、『顔』を見る前に、『靴』を見る人がいたら、気持ち悪いと思います。

Well, this is a bit of a "play on words" -- but still, I think it would be weird if someone looked at my "shoes" before looking at my "face".

『靴フェチかよ』と思いますね、私なら。

I'd think, "Is this author shoe fetish?"

-----

私、今日は久々に出社したのですが、靴に穴が空いていたようで、靴下が濡れました。

I came to work today after a long absence, but my shoes seemed to have a hole in them, and my socks got wet.

雨は降っていなくて、路面が濡れていただけなのですどね。

It wasn't raining, the road was just wet.

穴が空いている靴は、「捨てる」の一択だと思うのですが、私はどうしても「修理したい」と思ってしまいます。

I think the only choice for shoes with holes in them is to throw them away, but I can't help but want to repair them.

この「修理フェチ」は、私の弱点です。時々、修理の方がコストが高くなることもあるくらいですから。

This "repair fetish" is a weakness of mine. Sometimes, the cost of repairing is even higher.

まあ、私が、「一流」だの「二流」だのという範疇に入っていない人間であることは、自覚しています。

Well, I am aware that I am not in the category of "first-class" or "second-class" people.

私はそれでいいです。

I'm fine with that.