0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2013-12-02 ―― 米国! よけいなことをするな!! これは我が国の誇りの問題だ

先日、たまたま、初音ミクの「こちら、幸福安心委員会です。」という曲を「15秒」くらい聞きました。

The other day, I happened to listen to the music, "This is the happiness and safe committee" presented by Hatsune Miku just for 15 seconds.

全部聞いてからコメントすると面白くないので、今の段階で。

Before listening to the whole music, I want to appear my impressions of the song.

要するに、あの歌は、かの有名な全体主義批判(当時のソビエト連邦批判)であるところの、あのジョージウォーエルの「1984」を歌っているのですね。

In short, I think the content of the song is the book "1984" written by George Orwell, which criticizes the totalitarianism of USSR.

初音ミク、凄いぞ。体制批判にまで及んでいるとは。

Great Mike! She has always reached the communism criticism.

彼女が、1960年、70年の安保闘争の時に誕生していれば、絶対に精神的支柱となり得ただろうに。

If she were born in 1960 or 1970 era of Japan-U.S. Security Treaty, she should have make her emotional prop.

さて、この15秒の試聴から発生した、私の妄想、どの程度、当っていますでしょうか。

Now, how would you like this illusion of mine?

-----

そうだ。安保といえば、今、中国との領土問題に対して、米国が条約国として日本の主張のバックアップに回っているようです。

So, according to Japan-U.S. Security Treaty, US seem to have been helping Japan for territorial dispute of China.

―― 米国! よけいなことをするな!! これは我が国の誇りの問題だ

Does anyone shouts "Leave me alone! It is none of your business.”?

と、叫んでいる論調の文章を、まだ見つけられていません。

I don't find any documents whose tone of the above phase at the moment.

どなたかご存じありませんか。

Do you know the papers?


2014-12-02 姉:「(市役所に)何かした?(しかけた?)」

今回、父の介護認定手続の為に、実家に帰省していました。

Last week, I was in my country home in order for the process of my father's nursing care insurance.

介護のランクを決める為に、市役所の人が直接やってきて父に質問等をするので、そのサポトをする為です。

For setting the nursing level, a municipal officer visit my father's house and have an interview with my father, so I am supposed to help my father.

この様子については、いつかお話しようと思っています。

I am going to tell you about the interview at the next time.

姉の娘に、今回の申請書類の提出の為、市役所に行って貰ったそうです。

The daughter of my sister went to the municipal office to submit the document for the nursing care insurance.

親戚から様々なアシストとして貰えて、大変助かっています。

I am very glad that I am really helped by my relations about several issues.

-----

姉が、その時の手続の様子を伝えてくれました。

My sister told me about the time when the daughter submitted the documents.

姉:「『係の人が、申請者指名に『江端智一』という記載を見つけたら、即座に市役所の係が手続を始めた』と言っていたよ」

Sis:"She said that "the person of office started the process as soon as she found the name "Tomoichi Ebata" in the document"

江端:「ふーん」

Ebata:" I see"

姉:「(市役所に)何かした?(しかけた?)」

Sis:"Did you do something to the office?"

江端:「全く覚えはないんだけど・・・」

Ebata:" I don't know at all"

-----

私は、市役所の人に対して、脅迫したり、恫喝したり、賄賂をおくったり、その他、ありとあらゆる不正を、一切行ったことはありません。

I didn't do anything about threat, intimidation, bribe, and other unfair actions to the municipal office.

役所の人と、敵対関係になったことは、ないと思います。

In addition, I don't remember getting adversarial with the officer.

むしろ、手続を円滑に進める為に、書物やネットで徹底的に下調べをして、必要なら法律の条文まで読み込んでから、役所の窓口に出かけているくらいです。

If anything, before going to the office, I study the process very hard by books and net, and I read and read letters of the law if necessary in order to go through procedure.

自分では、これ以上もないくらい、親切で、友好的対応をしていると思っているのですが。

For me, I believe that I am kind and give a friendly response to the offices as an extreme level.


2015-12-02 今やマルチディスプレイは当たり前の時代になりました。

今やマルチディスプレイは当たり前の時代になりました。

Now we take it for graded that we use multi-display.

I am using a software "Synergy" that enables me to use three PCs and four displays with just one keyboard and one mouse.

―― もの凄く使える

"Very useful"

これまでは、MaxVistaというソフトを使って、4つのディスプレイを一つの大画面のように扱っていたのですが、最近は、ディスプレイ自体がデカイので、その必要もありません。

From now I have used a software "MaxVista" that can make it possible to use four displays like one big display. But recently, present display becomes bigger that that of old.

"Synergy"は、コピーペーストが優れていまして、テキストだけではなく、gif,jpegまで、普通に異なるPC間で、貼り付けできます(これが、MaxVistaだと上手くいかないことが多い)

"Synergy" is superior to the function of copy and paste, that can do for not only "text" but also "gif" and "jpeg" ("MaxVista" sometime doesn't work well)

クライアント側(2台目以降のパソコン)は、Windowsのログイン前から、キーボードとマウスが動きます(今迄は、最初は、別のキーボードとマウスを使って、ログインしなければなりませんでした)

The client PC (that is after the second PC) can start to work before Windows login view comes. (I have to Windows login with another keyboard and mouse before)

-----

以前、電力量のコラムを書きましたが、その時、ここ10年、電力消費量がぶっちぎりで増えているのは、実は、「オフィス」であることを知りました。

Previously I wrote a column of electric consumption and I notice that "office" become the top of the consumption ratio dynamically for this ten years.

確か、2倍以上の増加をしていたかと記憶しています。

I remember that it became more than two times.

これは、間違いなく一人当たりのディスプレイ、パソコンの使用電力に因るものだと思います。

I think the reason of the increasing consumption is absolutely the power of PC and display for one person in office.

私の場合、会社の2つの異なるネットワークの両方で、3つのパソコンを、4つのディスプレイを使って仕事をしています。

In my case, I use three PCs and four displays on the two different network.

しかし、それで私の仕事が4倍捗っているかというと、そういうことは、全くないのです。

But it is not true that my performance became four times.


2016-12-02 「『ダメじゃん! 私、もうババアじゃん!!』って、絶望的な気持ちになったの」

The previous column, I presented "hypothesis of blue birthday" to the readers.

物凄く身近に、「ブルーバースデー」の事例を、実例で示してくれる人物がいまいた。

I found a person who illustrates by an example about the hypothesis nearby.

長女です。

It is my senior daughter(SD).

-----

江端:「・・・とまあ、このように、誕生日の自殺率は、通常の1.5倍にもなるというデータがあるんだ」

Ebata:"Anyway, the suicide rate of birthday becomes one and half times higher than the other days.

長女:「分かるなぁ。それ、すごく分かる。うん、死にたくなるよ」

SD:"I can understand the feeling well. I also contemplate suicide on my birthday"

江端:「・・・"誕生日の自殺率"の話だぞ?」

Ebata:"I said "the suicide rate of birthday"

長女:「ある日、歩いていたら、いつもなら、どうってことのない坂道で息が切れて、ビックリしたんだよ」

SD:"One day, I was surprised that I run out of breath on a slope road, though I had never done before"

江端:「はい?」

Ebata:"What?"

長女:「その時、先日、自分が『セブンティーン』じゃないことに気がついた訳」

SD:"At that time, I remembered that I was not seventeen."

江端:「ああ、それで?」

Ebata:"And ?"

長女:「『ダメじゃん!、私、もうババアじゃん!!』って、絶望的な気持ちになったの」

SD:"I sighed of grief "No way! I am already an old biddy!!""

江端:「・・・それ、絶対ママに言うなよ」

Ebata:"Never talk to mama about it"

長女:「言った。めちゃくちゃ叱られた」

SD:"I did. and got an earful from her"

江端:「当たり前だ」

Ebata:"It is no wonder"

(続く)

(To be continued)


2017-12-02 江端:「この江端智一の妻だ」

私の嫁さんは、飲み会などで、私(嫁さんのダンナ)についての質問をされた時に、その説明に困るそうです。

When my wife is asked about her husband (it's me) by her friends,she is always trouble in answering the question.

友人:「ふーん、じゃあ温厚な人なんだ」

Friend:"Well, he is a mild person."

嫁さん:「違うと思う」

Wife:"No. Never"

友人:「あ、じゃあ、感情的になった時にキレる、とか」

Friend:"So, when he get emotional, he becomes out of control."

嫁さん:「そういう訳でもない」

Wife:"Incorrect"

なんと言うか、

How to say, my wife cannot explain about

『状況を観測して、利益を勘案した上で、感情的になることができる』

"a person, who observe the situation, take profit into account, and can control the emotion"

という人間像を説明することができない ―― と、そういうことのようなのです。

This is the reason.

-----

友人:「『感情的なフリができる』ということかな」

Friend:" Does it mean that he can play like anger.

嫁さん:「そういうことでもない。怒らせると心底怖いよ」

Wife:"It is not correct. if I make him angry, he becomes a monster."

------

一方、私は、飲み会などで、嫁さんについての質問をされた時に、その説明に困りません。

Meanwhile, I have never been trouble in explaining about my wife at a drinking party etc.

同僚:「奥さんって、どういう方なのですか」

Colleague: "What is your wife like?"

江端:「この江端智一の妻だ」

Ebata: "She is a wife of this Tomoichi Ebata""

というだけで、

Just after hearing that,

みんな「分かりました」と言います。

Everyone says "I understand" at any time.


2018-12-02 ―― コミュニケーションしないと、世界の全てが私の敵になる

最近、フランスおよび日本での大手自動車会社の、現在または過去に、社長兼最高経営責任者(CEO)を兼務していた人が、日本の検察に逮捕され、その後解任されました。

Recently, a person who was concurrently serving as President and Chief Executive Officer (CEO) of a major automobile company in France and Japan in the past or in the present, was arrested by the Japanese prosecution and then dismissed.

日本の会社では即刻解任されたのですが、フランスの会社では「我が国は『推定無罪』を原則とする国である」として、判断を留保しています。

He was instantly dismissed at a Japanese company, however, in France's company, "France is a country that basically takes "estimated innocence" as a rule", and they reserve final judgement.

推定無罪とは ――

"Estimated innocence" is

「刑事裁判で有罪が確定するまでは“罪を犯していない人”として扱わなければならない」

"We must treat anyone as innocent until the conviction of them is confirmed at trial."

という、近代の国際的な刑法または刑事事件訴訟法における大原則です。

This is a major principle in modern international criminal law or criminal case lawsuit law.

日本の場合、検察が逮捕すれば、世間では「罪人」として認定され、そして、その後、裁判によって無罪が確定しても、大抵の場合、その人の名誉が回復されることはありません。

In Japan's case, if someone is arrested by the police, the prosecution, the public will recognize that the person is a "criminal". Even after the trial determines innocence, in most cases the honor of the person will not be restored.

まあ、このことについては、他の記事を読んで下さい。

Well, for this case, please read other articles.

-----

私は、初見の他人に対しては、

In my case, for other people of first look, I think them as

―― 推定"敵"

"Estimated "enemy""

という行動原理に基づき行動します。

I will act according to the above behavior principle.

原則として、全ての他人は『私の敵』という認定から始まるのです。

In principle, I certify all others as "my enemies".

これは、私の根性がひん曲っていることと、自己防衛によるものです。

This is from "my character is warped" and "my defence".

私の場合、その人と会話して付き合ってみて、理解するプロセスを経て、少しづつ「私の味方」となっていきます。

In my case, after talking with that person, going out, I gradually become "my friend" through the process of understanding.

だから、最初から他人を『推定"味方"』として行動している人 ―― 私はそのような人を知らないのですが ―― は、素直に、凄いし、偉いと思います。

So, for those who are acting as "estimated "ally"" from the beginning, I think they are great and amazing, however, I have never seen such a person in my life.

正直に言えば、若いアイドルグループの歌や、歳くったシンガーソングライターが、「初見の『推定味方』」を、高らかに歌っているのを見ていると、「振り込め詐欺」と同程度の質(たち)の悪さを感じます。

To be honest, I feel the bad quality of the same degree as "transfer fraud", whenever I hear that young idol group songs and old singer-song writers, are singing "estimated "ally"".

-----

古今東西、コミュニケーションの重要さが説かれていますが、私に関して言えば、コミュニケーションが重要な理由は、コミュニケーション自体ではありません。

The significance of communication is talked about in all times, however for me, the reason why communication is important is not communication itself, but

―― コミュニケーションしないと、世界の全てが私の敵になる

"If I do not communicate, everything in the world becomes my enemies"

からです。

世界の全てが私の敵になると、生きるのが難しい世界になります。

When all of the world becomes my enemy, it becomes a world where it is difficult to live for me.

これは私にとって不利益です。

This is disadvantageous to me.

-----

私が、コミュニケーションを図る理由は、「コミュニケーションに価値がある」と考えている訳でもなく、「あなたと良好な関係を維持する」と考えている訳でもありません。

The reasons for my communication are neither "communication is valuable" nor "to maintain good relations with you".

ひたすら、「私益」の為です。

It is just for the sake of "my profit".


2019-12-02 ただし、「見つかれば」 ―― です。

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

大麻の栽培は難しくありませんし、その抽出も比較的簡単です。けしは、抽出がちょっと面倒です。

Cannabis cultivation is not difficult and its extraction is relatively easy. Poppy is a little cumbersome to extract.

MDMAも、化学構造から勉強すればなんとかなります(数年真面目に化学の勉強すれば大丈夫でしょう)。

MDMA is also good if you study from chemical structure (it will be fine if you study chemistry seriously for several years).

もちろん、これらの行為は、完全無欠の「違法行為」で、「重罪」で、発覚すれば一発で「有罪判決」です。

Of course, these actions are absolutely "illegal acts", "felony crimes", and if found, you are "guilty" in one shot.

ただし、「見つかれば」 ―― です。

However, "if administrations can discover it".

これらのクスリの製造で捕まる奴らは、それを、他人に吹聴して自慢し、レシピをネットに開示し、さらには、市場ルートに流して「ひと儲け」とかいう、スケベ心を出すからです。

The reason why these guys are caught are, they open a lewd heart, like, boasting the production of these meds, disclosing recipes online, in addition, getting monry on the black market route.

100%、自己製造、自己使用のDIYドラッグであれば、警察と言えども、それを見つけるのは難しいです。

100% self-manufacturing, self-use DIY drugs are hard to find even for police.

ただ、幾つか問題があります。

However, there are some problems.

ドラッグの製造については、他人に相談できないので、独力の科学的アプローチ「試行錯誤」を覚悟しなければなりません。

You can't consult with other people about drug manufacturing, so you must be prepared for a single scientific approach called "trial and error".

それに、ドラッグを摂取して、中毒なってしまった状態で病院なんぞに行けば、簡単に発覚してしまうでしょう。

In addition, if you take a drug and go to a hospital in an addicted state, you will easily find it.

無論、過剰摂取による事故(苦痛を伴う死を含む)は、全て自己責任です。

Of course, accidents caused by overdose (including painful death) are all at your own risk.

これらのリスクと、バーターであることは、覚悟しなければなりません。

You must be prepared for these risks.

-----

一切の利益の目的なく、

Without the purpose of any profit,

自分の苦痛を緩和したい一心で、

wanting to relieve my pain,

DIYでドラッグを作成し、

creating drags in DIY,

それを使用することが ―― それでも、「違法は違法」であるというのは、十分に理解していますが ――

and using them, are I still, fully understand that "illegal is illegal", however,

私にとっては、「私の苦痛」の前では「法律」なんぞ、物の数ではないのです。

For me, "law" is not less important than "my pain".

(In addition, this column is detailed about my idea of legal compliance)


2020-12-02 「なし」「ない」「いない」「いなかった」「なかった」「いたことがない」「そんなものはない」 ―― どれを入れても、ログインシステムは、回答が違うと答えてくる。

iCloudにログインしなおす度に「怒り」で疲れます。

Every time I log back into iCloud, I get tired of being "angry".

このログインだけで、Apple製品を全部破壊したくなるほどの怒りです。

This login alone is enough to make me want to destroy all Apple products.

正しいログインとパスワードで認証した後に続く、下らない質問のチェックで、毎回腹を立てています。

I'm annoyed every time by the crappy question check that follows after authenticating with the correct login and password.

------

―― あなたの子どものころの親友の名前を入力してください

"Enter the name of best friend in your childhood"

「いない」

None

―― あなたの好きなスポーツチームを入力してください

"Enter your favorite sports team"

「ない」

None

―― 質問の答が一致しません。

"The answers to the questions do not match"

-----

一致しない訳がない。

It should be a match.

なぜなら、これが事実だから。

Because this is a fact.

私には親友はいなかったし、好きなスポーツチームなんぞ人生に1秒もなかった。

I never had a best friend and never had a second in my life as a favorite sports team.

だから、私は、そのように回答をセットしたはずである。

So, I had set up the answers like those.

「なし」「ない」「いない」「いなかった」「なかった」「いたことがない」「そんなものはない」 ―― どれを入れても、ログインシステムは、回答が違うと答えてくる。

"None" "None." "None." "None." "Wasn't." "Never." "There is no such thing" Whichever one I put in, the login system will answer with a different answer.

そもそも、この質問の設定の際にも、

In the first place, when setting up this question, I make following answers,

―― あなたの子どものころの親友の名前を入力してください

"Enter the name of best friend in your childhood"

「なし」

None

―― あなたの好きなスポーツチームを入力してください

"Enter your favorite sports team"

「なし」

None

The system complains,

―― 同じ回答を入力しています

"You are typing the same answer"

と文句を言われます。

-----

じゃあ何か? 私に虚偽の答を入力しろと? そうだな、そう言うんだな?

What then? You want me to enter a false answer? Well, you would say that, wouldn't you?

私にデタラメな親友の名前を入力し、存在しないスポーツチームの名前を入力しろと。

Do you want to tell me to type in the name of my bullshit best friend and type in the name of a non-existent sports team.

Appleとは、そういう会社なんだな。

So that's what Apple is.

よーーし、よーく分かった。

Okay, all right.

Appleとは、ユーザに不本意な嘘をつかせることを"是"とする会社であるのだな?

Apple is a company that is "good" at making users lie involuntarily, right?

というか、私に「質問」と「回答」の両方を作らせれば、いいのでは?

Or rather, why doesn't Apple just let me create both "questions" and "answers"?

その程度のシステム設計や構築もできないの?

Apple can't even design and build that level of system?

馬鹿なの?

Are you stupid?

以前の私なら、この不愉快な事件だけで、Apple製品を全部を叩き壊して、そのままゴミに出すことができました。

Previously, I could have smashed all the Apple products and thrown them straight into the garbage just for this unpleasant incident.

しかし、今や、家庭で、そして仕事で、Apple製品を無視できない状況になっています。

But now, at home and at work, I can't ignore Apple products.

今は、iCloudが、この下らない質問を止めてくれるのを祈るしかありません。

For now, I can only hope that iCloud will stop this dumb question.

-----

例えば ――

For example --

質問:あなたが、歴代アメリカ合衆国大統領で、最低にして最悪と思う人物の名前を入力して下さい

Question: Enter the name of the person you consider to be the worst and worst of all U.S. presidents

てな質問を、私が作ります。

I'll make a question like this.

その回答は、もちろん、4年前より以前であれば、「ニクソン」と入力したかもしれないけど ――

The answer, of course, is that if it had been earlier than four years ago, I might have typed "Nixon" -- but

「ニクソン」って、ちゃんと「引責辞任」することのできる人間だったなぁ、と、

Nixon was the kind of person who could do "resignation in charge", I thought.

今になって、私の中では、彼の人物評価が、劇的に(好適に)更新されています。

By now, his character evaluation has been dramatically (suitably) updated in my mind.


2021-12-02 『あの10年、全くの無駄だった』と思うと、やはり悔しい思いはあります。

私、「気が狂うほど勉強をし続けた10年間」がありました。

I had "ten years of crazy studying".

In fact, I almost went crazy and fell onto the train rails -- I wrote about it here.

夢は「持つ」より「捨てる」方がはるかに辛いです。

It is much harder to "throw away" a dream than to "have" one.

しかし、それを認識して、勇気を持って「捨てる」を実施しないと、命を落しかねません。

However, if we do not recognize this and courageously implement "discarding", we may lose our lives.

ですので、歌番組等で、『夢を持つことの素晴しさ』だの、『夢を諦めるな』てな若いミュージシャンの安直な歌詞を聞いていると、同世代の若者への『洗脳』が本気で心配になってきます。

Therefore, when I listen to young musicians on singing programs and hear their simple lyrics such as "It's wonderful to have a dream" or "Don't give up on your dream," I am seriously worried about brainwashing the youth of their generation.

加えて、

In addition,

―― いずれ売れなくなる(ことが運命づけられている)ミュージシャンである彼らの未来が、本気で心配です

"I'm seriously worried about their future as musicians who will eventually stop selling (and are destined to)"

For more information on this, please see my calculation of "1 in 10,000 entertainers who remain active in the entertainment industry for more than 5 years" here.

それはさておき。

But that's beside the point.

-----

その「気が狂うほど勉強をし続けた10年間」で知ったのですが、社会人で勉強をしている人は、凄く多いです。

During the "ten years of crazy studying", I know there are many adults who are studying after their working.

私、ファストフード店で、コーヒーを頼んで、2~3時間、勉強に集中する日々を、10年間続けてきましたが、どんな店に入っても、必ず1~2人はいたものです。

For the ten years, I would order a cup of coffee at a fast food restaurant and concentrate on my studies for two to three hours. And no matter what kind of restaurant I entered, there would always be one or two people like me there.

しかし、私の場合、「スタバ」と「マック」にだけは行きませんでした。

However, in my case, I did not go to "Starbucks" and "Mac"

「スタバ」のコーヒーは高価すぎるし、座席の混在が酷い。

The coffee at Starbucks is too expensive and the seats are badly mixed.

「マック」のコーヒーは不味く、空調が酷い(寒いか暑い)。

The coffee in "Mac" is bad and the air conditioning is terrible (cold or hot).

私の場合、通勤途中の人の出入りの少ないローカル駅の近くにポツンと立っている「モスバーガ」か「KFC」を使っていました。

In my case, I used to use the "Mossberg" or "KFC" that stood poking around near the local train station with few people coming and going on the way to work.

もちろん、ハンバーガーなどは頼まず、ひたすらコーヒー1杯のみで粘りました。

Of course, I didn't order a hamburger, but just a cup of coffee.

夜9時以降はお客もいなくなり、心理的な抵抗も少なくて済みました。

After 9:00 p.m., there were no more customers, so there was less psychological resistance.

店員に迷惑がられた、という記憶もありません ―― まあ、暗黒オーラを出している時の私に、声をかけられる店員がいなかっただけかもしれませんが。

I don't remember any shopkeepers bothering me -- well, maybe there just weren't any shopkeepers who could talk to me when I was giving off a dark aura.

-----

ともあれ、結果として、私は、10年間の時間を失いました。

Anyway, as a result, I lost 10 years of my life.

『あの10年、全くの無駄だった』と思うと、やはり悔しい思いはあります。

I still feel frustrated when I think that those 10 years were a complete waste.

もっと、良い時間の使い方があったのではないかと思うし ―― 客観的に見て、私は数多くのチャンスを見逃してきたと思います。

I think I could have used my time better, and -- objectively speaking -- I think I've missed a lot of opportunities.

今、こうして日記を書いている時間も、同じように、無駄な時間を使っているのかもしれません。

The time I'm spending writing this diary may be wasted in the same way.

-----

しかし、未来の私に見えるかもしれない後悔は、今の私には見えない後悔です。

But the regret that I may see in the future is a regret that I cannot see in the present.

後悔はしたくないけど、これからも私は後悔し続けるのでしょう。

I don't want to regret anything, but I know I will continue to regret something.

そして、人生最期の時に、この『迷走しつづけている私の人生』を、『迷走しつづけた人生だった』と総括することになるんだろう、と思っています。

I think that at the end of my life, I will sum up this "life of mine that has been a constant wandering" as "a life that has been a constant wandering".