0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2013-12-20 私なりに色々研究してきたのですが、「全く訳が分からん」のです。

私は、「Twitter大嫌い」と公言したことがありますが、今でも基本的なスタンスは変わっていません。

Before time, I advertised that "I hate Twitter". Now I have not changed the basic opinions since then.

日記の更新と寄稿コラムのコメントに対する問い合わせとして使用する程度です。

Except for the announcement of renewal daily and the inquiry comments about my work, I don't use it at all.

一方で、他人の情報発信は使い尽くしています。

On the other hand, I always do use SNS system.

交通渋滞、鉄道の人身事故をリアルタイムで調べるのに、Twitterは欠かせません。震災時に、貴重な情報インフラとなったというのは、よく理解できます。

To get the information of traffic jams and train accidents in real time, Twitter is excellent. I understood Twitter played an active role in the big earthquake disaster.

また、寄稿コラムの読者の反応を調べるのに、TwitterやFacebookのアクセス数は貴重な情報源です。

Added, to get the reaction from reading audiences for my works, the count of Twitter and Facebook is valuable information for me.

-----

と書いたのですが、実際のところ、TwitterやFacebookのアクセス数が信用できるものかどうか、私には分からないのです。

But I don't know whether the counts of such SNS are really credible.

というのはですね、Twitterの共有回数が1桁なのに、掲載ランキングでトップになったこともあれば、3桁にいってもランクインしないこともあったりするのです。

For example, when Twitter counts showed only single digit, the ranking of the page views (PV) became the top of the list.

また、結構な数のツイッターがついても、Facebookの「いいね」の数が、その数十分の1だったりするし、その逆もあります。

When Twitter counts became more than one hundred, the Facebook counts were nothing but tithe. And the opposite cases were too.

また、ツイッターもFacebookもPVもダメダメなのに、印刷ダウンロードがトップになったりすることもあります。

Though Twitter, Facebook and PVs were on the bottom, the counts of print download became high scores.

纏めますと「傾向が全然読めない」。

Let me summarize as follows.

"I can't understand it at all."

-----

原稿を掲載して貰っているのですから、掲載先はPV稼いで貰いたいと思うのですよ。

I thank that my works are placed on the ad web site,so I want to give the PVs to the ad companies.

で、私なりに色々研究してきたのですが、「全く訳が分からん」のです。

Though I have been studying the trend for long time, I can't get the cause and effect at all.

それで、最近、こういう分析をするのに疲れてきました。

Recently, I am getting tired to analyze the statics trend.

-----

もう、ね。こういう分析、止めようかなー、と。

So, I come to stop studying the trend analysis anymore.

どんなに、分析したって、私の著書は、私の著書以上の著書になる訳ではないし、読まれなくなっても、読まれるようにすることはできないだろうし、

If I could make a clear the cause and effect, it might be useless. I don't make any work beyond the reach of my work. I don't do anything even if nobody read my work.

つまり、まあ、「精一杯やらせて貰える内に、精一杯やらせて貰う」が、答えなのだろうなー、と最近思い始めています。

Recently, I begin to think that the conclusion is "I do my best, while allowed me to do my best"


2014-12-20 「そうだよね。そんなこと知らなくても、生きていけるもんなぁ」

この週末は、締切直前の原稿に追われています。

This weekend, I had to concentrate the deadline of a manuscript.

昼食の為に、キッチンに降りてきた私は、パスタを茹でている最中の嫁さんに尋ねました。

At lunch time, I went down to the kitchen, and I said something to my wife with boiling pasta.

江端:「あのさ、『周波数スペクトル』って、知っている?」

Ebata:"Do you know the word "frequency spectrum"?.

嫁さん:「知らない」

Wife:"I don't know."

江端:「そうだよね。そんなこと知らなくても、生きていけるもんなぁ」

Ebata:"Quite so. We don't need such a concept in our life"

―― 原稿の執筆に、苦しんでいます。

I am suffering from making the manuscript.


2015-12-20 ごみ袋の中には、「サントリープレミアムモルツ500ml」の空き缶だけが、溢れんばかりに詰め込まれていたのです。

昨日、「個人情報」のことを書きましたが、もっと現実的な個人情報の流出があります。

I wrote "personal information" yesterday, but there is a more realistic risk of the leak of personal information.

「ビールの空き缶」です。

"It is empty cans of beer".

なんのことか分からないかもしれません。

特に酒飲みでない方にはさっぱりかと思います。

Nobody might understand what is what. Especially if you were not a drinker.

-----

私は、先日のゴミの日、ある家の前に出されていたゴミを見て、腰が抜けるほどびっくりしました。

The other day, I watched a garbage bag in front of a certain house and I was really surprised to see the contents of the bag .

ごみ袋の中には、「サントリープレミアムモルツ500ml」の空き缶だけが、溢れんばかりに詰め込まれていたのです。

Many Only "500 ml of Suntory premium malts" cans were packed, and they were likely to overflowe from the bag.

-----

そりゃ、私だって、いいことがあった日には、プレモル(プレミアムモルツのこと)を買うことだってありますよ。

Even I buy a pre-mal (premium malts) on the day when something good happens for me.

海外出張の時など、"Tea or Coffee?"と言いながら飲み物をサーブしているキャビンアテンダントに、"Do you have a premium Maltz?" と尋ねてしまう ――

ええ、そう、私は「安い」男です。

At the time of oversea's business trip in a plane, when a CA asks "Tea or Coffee?" to me, I askl her "Do you have a premium Maltz?"on contrary.

I know well that I am a "cheap" man.

我が家のゴミとなる空き缶の大半は、ホームセンタの独自ブランドで、著名度ゼロの、分からない銘柄の発泡酒です。

The garbage bags in front of my house are always full of low-malt beer cans that are unknown original brand at a do-it-yourself store.

-----

私は、あの家のゴミの捨て方、本当にまずいと思う。

I am afraid that it is the worst of how to dispose of garbage at the house.

私が強盗なら、あの家を真っ先に狙う。

If I were burglar, I will have my sights on the house.

プレモルだけを飲んでいるような家には、必ず金がある、と思えてしまうからです。

I come to think that there is much money in the house, because there is a person who drinks pre-mals anytime.

ベンツを2台持っている家よりずっと危険だと、私には思えるのです。

This house seems to be more danger potentially than a house who has two Benz cars.

-----

「個人情報の流出」とは、本来、こういうことだと思うんです。

Actually "the leak of personal information" is like the above.


2016-12-20 ―― 平成たぬき合戦ポンポコ

私の自宅は、多摩ニュータウンに近い、もとは山の高台付近だったところを、平地にした住宅地の中にあります。

My house is located in the residential zone that had been on a hill and prepared the soil.

雑木林の中を抜けて帰宅することになるのですが、冬の帰宅は結構楽しいです。

I have to go home through the wooded area, however it is all well and good in winter season.

夜空の星がキレイですし、落葉や果実が落ちていたり ―― 歩道のど真ん中で、目をつぶって、考えごとをしている(ように見える) 猫 ―― も登場します。

Walking under star-spangled sky is good and I can find leaf fall and fruit ont the walkway. In addition, I can meet a cat that seems to be thinking something deeply.

(以前もお話しましたが)私は、この猫を、「哲学者」と名付けて、密かな敬意を払っています。

I already told the story that I call the cat "philosopher" and pay courtesy to the cat in my mind.

彼女or彼の思想活動を邪魔しないように、私が歩道から車道におりて、遠くを歩くようにしています。

Not to interfere with him or her, I walk on the road, stepping down the walkway, apart from him or her

----

寒くなってくると、深夜の帰宅時に、結構な頻度で「たぬき」を見るようになります。

In winter season, I come to watch a raccoon dog frequently on my way home in the midnight.

先日は、つがいのたぬきの夫婦が、山の中に消えていくを見ました。

The other day, I watched a pair of raccoon dog, disappeared into the mountains.

―― 平成たぬき合戦ポンポコ

I remembered the famous comedy animation about the fight of raccoon dogs.

を一場面を見ているような錯覚に見舞われたりして、なかなか、楽しい帰宅路なのです。

Thus, walking in the midnight of winter season is enjoyable for me.


2017-12-20 忘年会のスピーチ

Kさん、Tさん。

K-san, T-san.

この度は、社内一等賞の受賞、誠におめでとうございます。

Congratulations for receiving the first prize in the company at this time

私、基本的に会社から何を貰おうとも、別段関心はないのですが、今回だけは素晴しい成果だと思っています。

No matter what you get from the company, I am not impressed. However, I think that this time is a wonderful result.

ご存知かもしれませんが、私、今、人工知能に関するコラムを執筆しています。

As you may know, I am writing a column about Artificial Intelligence.

私は、第二次AIブームのAIバブル崩壊を目にしてきた人間ですので、そのコラムの論調は「AI風情に何ができる?」です。

I had seen the collapse of the AI bubble in the secondary AI boom. So the tone of the column is "What can AI do? NOTHING! "

ですから、基本的に、今回の"AIブーム"にはムカムカしているのですが、今回のKさんとTさんの成果には、心から感動をしています。

So basically, I am angry about the "AI boom" this time, however, I am deeply moved by the results of Mr. K and Mr. T at this time.

―― 「専門家の知見を越える学習」を、まざまざと目の前で見せつけられた

""Learning beyond expert knowledge" was shown in front of me."

ということに、心から素直に感動しています。

I am moved from the bottom of my heart.

-----

私、基本的に、「人の成功」を素直に喜ばない人間です。性格が悪いものですから。

Basically, I cannot be pleased with obedience "other's success". Because my personality is the worst.

しかし、私は、好きな人の成功は、喜べます。

However, I am delighted with the success of my favorite person.

そして、私は、KさんもTさんも好きな人です。

And, I like both K-san and T-san.

ですから、人の成功をこんなに喜べたのは、人生で始めてではないかと思います。

Therefore, I think that it was my first time in my life to be so happy about the success of others.

あとは、この技術を育て続けて頂きたいと希望しております。

After that, I would like you to keep raising this technology.

それは、KさんもTさんのキャリアうんぬんよりも、私の定年までの「食い扶持」という切迫した問題の為です。

To tell you the truth, I don't care about the carries of K-san and T-san. It is due to the imminent problem of "eating up" until my retirement time.

今後も是非とも、「私の為」だけにがんばっていただきたいと思います。

By all means, I would like you to do my best only for "for me".

-----

最期のお願いです。

This is a final hope.

絶対に、出世しないで下さい。

Absolutely, please do not be promoted.

我が社は、出世すると現場から引き剥される仕組みになっています。

Our company has been structured to be pulled away from the front, if they are promoted.

KさんもTさんが、研究開発のフロントから引き剥されると、私の退職までの「食い扶持」に深刻な問題が発生します。

If both K-san and T-san are pulled away from the R&D front, my problem of "eating up" will be susceptible to damage.

KさんもTさんには、是非とも、私、同様、出世せずに、これからも、現場で泥臭く、がんばって頂きたいと願っております。

I want to ask both K-san and T-san to reject your promotions like me, and I wish to be muddy at the work place, and you will do your best with me.

-----

この度は、誠におめでとうございました。

I want to say again "Congratulations!"


2018-12-20 私自身、「東京ディズニーランドが空爆されても、1mmも悲しまない、唯一の日本人」であるという自負があるくらいです。

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

よろしい ――

O.K.

これから、私はスマホで、この日記を書けるようになる訓練を開始します。

I start a training to be able to write this diary by my smart-phone.

「スマホで卒論を書いた」という人に負けないくらいの、「スマホ入力マスタ」を"目指す"ことを、ここに宣言致します。

Hereto I will declare to make me "an input master of smart-phone", to overcome the person who have written their graduation thesis

-----

ところで、『スマホで卒論を書いた』って話、本当でしょうか?

By the way, is it an real story to write their graduation thesis?

私には、にわかには信じられません。正直、都市伝説ではないかと思っています。

I cannot believe it. To tell you the truth, I think it is just imaginary story.

もし、この日記を読んでいる方の中に、『スマホで卒論を書いた』を実現した方がいらっしゃったら、是非御一報下さい。

If you are the person, please feel free to contact me directly.

インタビューに参上させて頂く所存です。

I am going on visit to you for the interview.

閑話休題。

To return.

-----

まず、満員電車に乗る日常から始めなければなりません。電車に座れる環境では、私は、パソコンを使ってしまうからです。

First of all, I have to start to use a crowded train everyday. I want to get a seat soon.

しかし、今の通勤環境を変えるのは難しいです。私は満員電車が大嫌いだからです(好きない人はいないと思いますが)

However, it is difficult for me to change the commute environment of mine.I hate a crowed train. (Who likes a crowded train?)

なにしろ、私は、混雑が嫌いで、並ぶのが嫌いで、そして人間嫌い(と家族が言っています)です。

Above all, I hate congestion, line, and human being( my family said so).

私自身、「東京ディズニーランドが空爆されても、1mmも悲しまない、唯一の日本人」であるという自負があるくらいです。

I myself, flatter myself that "the last Japanese who cannot feel sorrow, even if Tokyo Disney Land is struck by other countries"

残る解は「歩きスマホ」くらいですが、―― 今やインモラルの代名詞であり、時代に逆行すること甚だしいです。

I am afraid that the remaining solution is "smart-phone operation with walking", however, this is immoral pronoun, and goes against the time.

少し考えてみます。

Let me think about it for a moment.


2019-12-20 「AI人材はどこにいるのだろう」

最近、少なくなってきた様にも思えますが、それでも時々見かける記事の題目があります。

It seems that it has been decreasing recently, but I sometimes see the artile with the following title.

「AI人材はどこにいるのだろう」

"Where are AI human resources?"

-----

"Are you blind ?"

と、思っているんですが、

I think so, however,

どこからも、全くお声がかかりません。

No voice is heard from anywhere.


2020-12-20 なにしろ、江端家家長(私)が、『このような状態がインモラルである』などと1mmも思っていないからです。

江端家のリビングでは、

In the Ebata family's living room,

■次女が、スマホでYoutubeを見ていて、

My junior daughter was watching Youtube on her phone.

■長女が、パソコンでAmazon Primeを見ながら、スマホでYoutubeを見て、

My senior daughter was watching Amazon Prime on her computer and Youtube on her phone.

■嫁さんが、FMトランスミッタで飛ばされた音声を聞きながら、キッチンからもっとも遠いところにあるテレビを見て、

My wife, while listening to the audio transmitted by the FM transmitter, watched the TV that was farthest away from the kitchen.

います。

そして、

And,

■私は、風呂にタブレットを入れて、ニュースを見ています。

I bring my tablet into the bathroom to watch the news.

誰もイヤホンを使っていません。

No one is using earphones.

この段階で、リビングの中だけでも、4つの異なる音声が存在している訳ですが ―― 江端家では、この4つが自然に共存しています。

At this stage, there are four different voices in the living room alone -- in the Ebata family, these four voices coexist naturally.

------

これは、「新型コロナ感染を防止する、家庭内3密防止対策」を狙ったもの ―― ではありません。

This is not aimed at the "three close preventive measures in the home to prevent new coronary infections".

江端家では、以前より、この状態がデフォルトです。

In the Ebata family, this has been the default state for some time.

なにしろ、江端家家長(私)が、『このような状態がインモラルである』などと1mmも思っていないからです。

After all, the patriarch of the Ebata family (it's me) doesn't believe that such a situation is immoral, not even a millimeter.

-----

結果として、現在、日本医師会が、最大級の警戒を呼びかけている

As a result, I think this is one of the use cases to respond to the Japan Medical Association's current call for maximum vigilance:

『一人一人ができる対策を全部実行してほしい』

"I want you to take all the measures you can, one by one"

に応える、一つのユースケースになっているとは思います。