0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2017-12-20 忘年会のスピーチ [長年日記]

Kさん、Tさん。

K-san, T-san.

この度は、社内一等賞の受賞、誠におめでとうございます。

Congratulations for receiving the first prize in the company at this time

私、基本的に会社から何を貰おうとも、別段関心はないのですが、今回だけは素晴しい成果だと思っています。

No matter what you get from the company, I am not impressed. However, I think that this time is a wonderful result.

ご存知かもしれませんが、私、今、人工知能に関するコラムを執筆しています。

As you may know, I am writing a column about Artificial Intelligence.

私は、第二次AIブームのAIバブル崩壊を目にしてきた人間ですので、そのコラムの論調は「AI風情に何ができる?」です。

I had seen the collapse of the AI bubble in the secondary AI boom. So the tone of the column is "What can AI do? NOTHING! "

ですから、基本的に、今回の"AIブーム"にはムカムカしているのですが、今回のKさんとTさんの成果には、心から感動をしています。

So basically, I am angry about the "AI boom" this time, however, I am deeply moved by the results of Mr. K and Mr. T at this time.

―― 「専門家の知見を越える学習」を、まざまざと目の前で見せつけられた

""Learning beyond expert knowledge" was shown in front of me."

ということに、心から素直に感動しています。

I am moved from the bottom of my heart.

-----

私、基本的に、「人の成功」を素直に喜ばない人間です。性格が悪いものですから。

Basically, I cannot be pleased with obedience "other's success". Because my personality is the worst.

しかし、私は、好きな人の成功は、喜べます。

However, I am delighted with the success of my favorite person.

そして、私は、KさんもTさんも好きな人です。

And, I like both K-san and T-san.

ですから、人の成功をこんなに喜べたのは、人生で始めてではないかと思います。

Therefore, I think that it was my first time in my life to be so happy about the success of others.

あとは、この技術を育て続けて頂きたいと希望しております。

After that, I would like you to keep raising this technology.

それは、KさんもTさんのキャリアうんぬんよりも、私の定年までの「食い扶持」という切迫した問題の為です。

To tell you the truth, I don't care about the carries of K-san and T-san. It is due to the imminent problem of "eating up" until my retirement time.

今後も是非とも、「私の為」だけにがんばっていただきたいと思います。

By all means, I would like you to do my best only for "for me".

-----

最期のお願いです。

This is a final hope.

絶対に、出世しないで下さい。

Absolutely, please do not be promoted.

我が社は、出世すると現場から引き剥される仕組みになっています。

Our company has been structured to be pulled away from the front, if they are promoted.

KさんもTさんが、研究開発のフロントから引き剥されると、私の退職までの「食い扶持」に深刻な問題が発生します。

If both K-san and T-san are pulled away from the R&D front, my problem of "eating up" will be susceptible to damage.

KさんもTさんには、是非とも、私、同様、出世せずに、これからも、現場で泥臭く、がんばって頂きたいと願っております。

I want to ask both K-san and T-san to reject your promotions like me, and I wish to be muddy at the work place, and you will do your best with me.

-----

この度は、誠におめでとうございました。

I want to say again "Congratulations!"