0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2023|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2024|01|02|

2012-03-25 承認者 [長年日記]

年齢が年齢なので、査読者やと承認者として、書類に判子を押すことが多くなりました。

今は、パソコンのワークフローシステムから、ボタンを押すだけで足りるようになりましたが。

この仕組みは、ヒエララルヒーを原則とする会社組織では、絶対に必要な手続です。

地球が滅び、人類が死滅した後でさえ、この手続だけは残るだろうと思う。

-----

私は、査読者や承認者としては、資質を欠いていると思っています。

他人の書いた書類や処理なんぞに興味はないし、それが正しいかどうかを、確認する熱意もありません。

勿論、管理者としての責務はありますが、それは給料の対価です。

私は、形式的には書類をキチンとチェックします。

しかし、その書類の中に込められているであろう、様々な実体的な内容(その業務の背景だとか、本人のやる気だとか、会社としての利益とか)を、チェックしていません。

# 『実体的に判断をしている』と主張する管理職は、名乗り出てみやがれ。私がお前を「実体的」に判断してやる、と思っている。

-----

ま、という訳で。

私が、査読者やと承認者として、誤った判断をする可能性は、非常高いと思います。

ですから、査読者やと承認者として、「私」を選択する部下に対しては、常にこのようにいっています。

『お前の手続で、私に不利益が生じたら、それを超越する不利益をお前に戻すから、その覚悟で書類を回してこい』、と。

(以下に「超越する不利益」を記載したんですけど、酷く怖い内容になってしまいましたので、バッサリ割愛しました)