0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2013-04-19 「少しは私も褒めて欲しい」などと、考えたこともありません [長年日記]

今回のコラムに関しての感想を、ツイッターだけでなく、書き込み掲示版などでも見ています。

感想は、「クリプトン社は対応が立派だ」「クリプトン社は親切だ」「クリプトン社はよく研究している」という、クリプトン社を賞賛する書き込みが随所に見られます。

全く同感です。このような努力のプロセスを見ると、本当に私も嬉しくなります。

このような素晴しい成果の前では、私は、ただただ圧倒されるばかりです。

-----

ですから、

「少しは、(原稿を書いた)私も褒めて欲しい」

などと、チラリと考えたこともありません。

ええ、全く。