0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2023|01|02|

2014-02-23 (昨日の続き)―― 万人にとって、唯一絶対の正論、というものは、存在しない [長年日記]

娘に与えられたテーゼは(私が理解したところ)、

The theme she was given by her teacher was

『水力発電は、他の発電方式より、価値がある』

"hydropower counts for more than other other power generations."

であり、Conサイドと、Proサイドを調べる、ということのようでした。

and her homework is to study the theory of both Con side and Pro side.

「それじゃあ、ちょっと練習してみようか」

I said "O.K. Let us practice it".

ということになり、長女がConサイド、私がProサイドになって、シミュレーショ ンしてみました。

My daughter was on the Con side and I was on the Pro side, and we tried to run a simulation.

-----

【Conサイド 1回目】

The first trial for the Con side.

Hydropower is

■エネルギー輸入問題に左右されない

not to care the resource import problem

■CO2排出量とかなくて、環境に優しい

not to care CO2 problem and good for the environment

■事実上、永久にエネルギーを取り出せる

not to care the limitation of resource eventually, in fact,

■水量が豊かで、高低差の大きい日本の国土の事情に適している。

is suitable for Japan land environment because of water and vertical interval

【Proサイド 1回目】

The first trial for the Pro side.

Hydropower is

■建設コストが大きく、住民の立ち退きを前提とする。

to be needed much cost for initial construction and resident eviction

■森林を伐採するのでCO2問題を加速する。

to acceralate CO2 problem because of the ruin of woods.

■ダムの下部に泥土が溜り、定期的にこれを除去する必要があり、メンテナンスコストが大きい。

is to stuck soil at the bottom of dam, to need to remove them, and increase the maintenance costs

■天候(水不足)等に左右される不安定なエネルギー源である。

is unsteady energy based on the weathers.

-----

この段階で、娘がGiveUPしてしまった(早いな!)ので、私が2回目のConサイド とProサイドの例を作ってみました。

In this step, my daughter has already given up the debate. So I continued to make the next step of both Con and Pro sides.

【Conサイド 2回目】

The second trial for Con side.

Hydropower is

■建設コストは大きいが、火力発電は爆発の恐れがあり、原子力発電の事故は、放射能汚染で100年から10万年オーダの環境被害がある。

to be needed the initial construction const. But thermal power has a danger of explosion and unclear power has severe damage of environment for from 100year to 100000years.

■CO2の排出量は、石油を延焼させる時に発生する量に比べれば、森林伐採に よるCO2の吸収量は、比較にならない程小さい。

to generate less CO2 problem than burning oil.

■天候に左右されるが、日本全部で水力発電が止まるという事態は起っていない。作物とは異なり、電気は配電によって融通ができるので、水力発電所を分散して建設すれば、そのような問題はなくなる。

not to have happened trouble to blackout in Japan. Electric power can transmit to other area by power lines, so there will no problems if we can make up a lot of several Hydropower in Japan.

【Proサイド 2回目】

The second trial for Pro side.

■今後、日本の人口は減少傾向にある。今後は電気需要は減少する方向にある。これに対して、石油やウラン燃料は輸入を削減すれば足りるが、水力発電は一度作ってしまえば施設を死蔵させるしかない。

Now the pollution of Japan is going to decrease, so the consumption of power also decreases. About this problem, we will only cut of the resource of oil and Uranium. On the other hand, Hydropower is going to b dead storages.

■CO2の環境被害については、未だその関係が明確となっていない。現状、地球温暖化は、石油がその原因であると断定できる段階ではない。またCO2でいえば、原子力発電では発生するCO2はない。

According to the CO2 environment problem, in the present, it is not clear the reason. Nobody knows whether burning oil is problem or not. Added, unclear generation has no problem about CO2.

■日本においては、交流周波数が異なるという問題があり、電力融通問題が上手く機能しなかったことは、前回の震災で明かになり、今後現状が改善される余地はない。

In Japan, it was clear not to resolve the power transition procedure because of power frequencies difference. We have no plan to resolve this problem at all now.

-----

娘に感心されてしまいましたが、私たちは「屁理屈」で喰っている研究員ですから、この程度の理屈を作るのは日常です。

Hearing the above my statements, my daughter seemed to be impressed. But I am a research engineer whose work is to make a lot of choplogic as a daily tasks.

最後に、娘に言いました。

Finally I told her the followings,

-----

パパが言いたいことは、だな、このディベートで学ぶべきことは、

What I want to tell you is that

you should study from the debate,

―― 万人にとって、唯一絶対の正論、というものは、存在しない

ということを、知ることだと思う。

"There is no uniquely positive logic in the world."

どんなテーゼにも、ConとProがあり、そして、―― どちらも正しくて、そしてどちらも間違っている。

Any theme has both Con and Pro, and both of them is right and fault.

何かを行うときに、「全員賛成」で実施可能はものは何一つなく、かならず誰かを敵に回す。

Whenever what you do, unanimous vote is absolutely illusion, and some person will be enemy.

何かをやりたいと思った時に、この覚悟がないと「何もできない」

You don't do anything what you want, unless you have this preparedness.

―― ということだ。