0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2014-03-16 「私は、そんな「アグレッシブな一人」という概念を知らないのだけど」 [長年日記]

長女:「結局、『一人メシ』の解決方法はない、と」

"Finally we have no idea to resolve the "lunch alone" problem."

江端:「解決法はないが、活用方法はあるぞ」

"No solution but practice."

長女:「え?」

"What?"

江端:「一人であることが、特に若い人たちの弱点であるなら、『一人でいられること』は、逆に、もの凄い強みになると思うんだ」

"If "being alone" is a weak point for youth especially, I think "being alone" is the advantage point for our life."

長女:「パパ、強みあったと思う?」

"Did you have any advantage in your life?"

江端:「パパの場合、先天性の『一人大好き症候群』だったから、あまりメリットを感じられなかったかもしれないけどねえ」

"In my case, I have been sick of "love being alone syndrome" so I was afraid that I could not feel the merits."

長女:「まあ、そうだろうねえ」

It is considered reasonable and proper.

江端:「ただ世間様が言うほど、一人でいることは、デメリットはなかったと思うよ。うん、本当に大したことなかった」

There is nothing worse than "being alone" despite of voice in public. Yes, it is really nothing.

長女:「それでもデメリットを挙げろと言われたら?」

"If someone asks you to dare pick up the demerits?"

江端:「『大きなことができないこと』かな。大きなプロジェクトとかは、やっぱり一人ではできない。」

"One is that I could not pursuit something big. I don't join a big project, for example.

長女:「ほら、やっぱりデメリット大きいじゃない」

"You should pay for the demerit shouldn't you?"

江端:「でも、小さなことはできるよ。コラム書いたり、小規模なシステムくらいなら自分一人で作れるしね。コンピュータの時代に生まれてよかったと、本気で思っているよ」

"I can do something small, writing columns, and small computer system, for example. I think I am really happy living in this computer generation.

長女:「つくづく、寂しい人間だよね」

"You were really lonely man."

江端:「あ、それと、高校の時に、文化祭のクラスの出し物全部を、ほぼ自分一人で作ったしまったこともある」

"I remember I completed to make all attractions in an annual school festival all by myself."

長女:「凄いことするね」

"You were really great man."

江端:「『クラスの人間が協力しない』といってストレスためる時間で、十分つくれちゃったし。打ち合わせも、意見の調整も、妥協も、何にもないのだから、グループ行動より、圧倒的に早く、正確に、予定通りできるに決まっている」

"I noticed that I could do many things during complaining about nonconformist in class. It was very easy to do anything correctly, rapidly, and on schedule because I didn't care any meeting, arrangements and compromises.

長女:「私は、そんな「アグレッシブな一人」という概念を知らないのだけど」

"As far as I am concerned, I don't know a concept of such an aggressive alone."

江端:「パパは、その頃から、もうすでに『○○を信じる』という言葉が、単なる自分自身の『甘え』とか『弱さ』だと気がついていたし」

"I noticed that using the phase of "I believe ..." is a proof of my week and emotional dependence in my high school period.

長女:「ほんとーに、可愛くない高校生だ」

"You were really an unpretty student."

江端:「そもそも、人を魅了してまとめるだけのカリスマもなかったし」

"I was not attractive and charismatize.

長女:「生徒会会長をやっていたのに?」

"Were you a president of the student council?"

江端:「生徒会会長なんかをやっていたせいで、そのことに気がつくのが、ずいぶん遅れてしまったよ」

“Thanks to the position, I delayed to notice what I really was.”

-----

まあね。

Anyway,

『一人メシ』が最悪の恐怖であるなら、それは逆に言えば、『一人メシ』は最高にして最凶の武器だ。

If "lunch alone" is the worst frightfulness, it also the best and worst weapon on the contrary.

一人でいることは、大衆に迎合せず、自分をあらゆる呪縛から解放して、自分自身の自由を守る最後の砦だ。

"Being alone" is a final free frontier, not to play to the gallery, to be release us.

一人であることに怯えてもよい。

Of course, you might fear "being alone"

一人でいることを全力で回避してもよい。

You might avoid "being alone" all out.

でも、一人でいることは、お前たちが思っているほど、悲劇でも悲惨でもなく、むしろ自分を自由にして、人生を豊かにすることもあると思う。

But "being alone" is not so much tragic and bitter than being enrich your life.

まあ結局のところ、「一人でいないこと」も「一人でいること」も、どちらも幸せで、同時に、不幸だ。どっちを選んでも、大して変わらんよ。

In short, it is not a problem whether "being alone" or not is. Both are happy and unhappy.

-----

だから、まあそんなに心配するな。

So you don't have to worry about it.

他の子供は知らんが、お前たちには、「『一人』のスペシャリスト」がすぐそばにいる。

I don't care other children, but you have a specialist of "alone" beside you.

「一人」で幸せになる方法なら、

If you want to know how to spend happy life with being alone,

このパパに、ドーンと任せておけ。

you could count on me.